オフショアマガジン
2015.7.15号

南伊豆忠兵衛丸・静岡県南伊豆手石港
「泳がせ釣り」で狙う!南伊豆沖・銭洲の大型カンパチ

03_main.jpg
1度行ってみたかった“漁場”がある。その名は『銭洲』。「行けば銭になる」との名前の由来はあまりにも有名。その銭洲で、今年は74kg、55kgといった“ギネス級”のカンパチが上がっているとの情報。チャンスが巡って来て7月5日(日)、静岡県・南伊豆手石港『南伊豆忠兵衛丸』を訪ねた。

待合所が集合場所

銭洲は、伊豆半島の最南端・石廊崎から南に約75km、神津島の南西約36kmに位置する岩礁群。片道3時間以上かかるため深夜の出船と聞き、前日素泊まりをお願いする。待合所の2階が宿泊施設になっている。翌日に備えて待合所の温泉に浸かって早目に就寝。日付が変わると首都圏ナンバーの車が集まり始めた。1時30分頃、浅沼清人船長が到着。座席の割り振りを確認して、昨夜来の小雨の中、船着き場へ移動となった。

新湊橋を渡ると待合所の看板が見える
待合所にある温泉(24時間利用可)
船着き場入り口にある看板

深夜着の理由は「釣り場まで眠れる」

外洋仕様の大型船
船着き場までは車で2、3分。青野川を左手に見て河口へと向かう。係留されている「第二十三忠兵衛丸」は外洋仕様の大型船。船に照明が入り、大型クーラーボックスや重厚なタックルが積み込まれた。午前2時40分、12人の釣り人を乗せて出船した。同時に全員ベッドに潜り込む。皆さん深夜到着の理由は、釣り場まで睡眠時間が確保できるということらしい。

船の真横が駐車場
大型クーラーボックスが運び込まれる
寝台でぐっすり眠れる

「泳がせ釣り」の餌となるムロアジ釣りからスタート

銭洲の主峰「ネープルス」
6時過ぎ、エンジンがスローダウンしたのを機に全員が起き出して合羽を着込む。外は相変わらずの雨模様。“申し合わせ”で「泳がせ釣り」は午前7時から午後1時までと決められている。開始の7時までが「泳がせ釣り」の餌となるムロアジ釣りの時間帯だ。船長から「1匹でも多く確保するように」とアナウンス。タナは上から10mから15mと浅い。何回か流し変えて、コマセが効き始めるとアタリが出始めた。大桶にムロアジが次々と放り込まれて準備完了。

大桶にムロアジが放り込まれる
船宿のチビムロ仕掛け
仕掛け図

カンパチがタモに納まり拍手が起こる

7時丁度、「泳がせ釣り」開始の合図が出た。いよいよ重厚なタックルの出番だ。各自、小さめのムロアジを選んで「鼻掛け」にして落とし込む。指示ダナは海底から5~7m。水深は刻々と変わる。船長からその都度アナウンスが流れる。結果は直ぐに出た。船長から「左舷でアタッた」と連絡を受けて駆け付けると、胴の間(中央)の新井崇仁さん(横浜市磯子区)が、“格闘”の真っ最中。強引に巻き上げたカンパチが無事タモに納まって、船上に拍手が巻き起こった。

雨の中「泳がせ釣り」開始
重厚なタックル
ハリは軸の太いものを使う

新井さん見事にカンパチをゲット
仕掛け図
[動画]泳がせ&五目で!銭洲遠征釣り

コマセ釣りに切り替えると高級魚が次々

仕掛け図
右舷船尾の加藤琢司さん(横浜市金沢区)は、『南伊豆忠兵衛丸』に通い始めて53年とのこと。カンパチのアタリが遠いと見るや、コマセ釣りにチェンジしてしまった。聞けば「銭洲は高級魚の宝庫。お土産を確保するから」と。その言葉通り、シマアジを連釣して見せてくれた。そんなのを見せられては堪らない。お隣の大西哲史さん(横浜市青葉区)もコマセ釣りに切り替えた。そして、いきなりシマアジのトリプル掛けを披露してくれた。船長は場所移動する度に、泳がせ釣りとコマセ釣りの両方のタナを指示する。場所毎に魚種は変わるが高級魚が次々と取り込まれた。

アッという間にシマアジを2桁釣果 加藤さん
シマアジ3点掛けはスゴ過ぎる!! 大西さん
ウメイロまでゲット

左舷でもシマアジ
ウメイロ
アカハタをダブルヒット

こちらもアカハタ
メジナも
イサキも大きい

「泳がせ釣り」はこれからが最盛期

最終結果、残念ながらカンパチは最初の1匹止まりだった。しかし、銭洲の名の通り、“ゲスト”は豪華この上ない。今回は雨模様のため、船首寄りの取材はほとんど出来なかったが、各自お土産を確保出来たようだ。『南伊豆忠兵衛丸』では、必ず上乗りさんが乗船するので、トラブル解消は勿論のこと、初心者にも丁寧に釣り方を教えてくれる。カンパチの「泳がせ釣り」はこれからが最盛期。ビギナーにも記録更新を狙うベテランにもベストシーズンがやって来た。

何でも丁寧に教えてくれる上乗りの高橋敏さん
浅沼清人船長
豪華なゲスト付き

(釣りビジョンAPC・谷口 晴治)

今回利用した釣り船
静岡県南伊豆手石港『南伊豆忠兵衛丸』
〒415-0153
静岡県賀茂郡南伊豆町手石434
TEL:0558-62-1273
詳細情報(釣りビジョン)
南伊豆忠兵衛丸ホームページ
出船データ
銭洲遠征船=餌釣り 2万8,000円(氷付き・コマセ付き)
      ルアー釣り 2万4,000円(氷付き)
      午前1時半集合、午前2時30頃出船
      竿出:7時 納竿:13時 帰港:16時頃
その他 イナンバ・御蔵島遠征、マグロ、キンメ、神子元周りのモロコ、五目等あり。詳細は電話確認。
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。
プレミアムメンバー