オフショアマガジン
2015.12.1号

北山丸・千葉県洲崎
千葉県・洲崎沖“マハタ&ヒラメ五目船”でマハタが浮上!

02_main.jpg
東京湾の入口、豊かな釣り場として名高い館山湾の南端に突き出ているのが洲崎。洲崎灯台を過ぎてすぐのところにある洲崎港から“マハタ&ヒラメ五目“に出船しているのが『北山丸』。11月1日のヒラメ解禁とともにスタート。ヒラメは勿論、超高級魚・マハタを狙えるのが最大の魅力だ。解禁間もない7日(土)にマハタと対面すべく出掛けた。

午前5時集合、餌のイワシが届いたら出船

マハタ狙いの釣り人が集まってきた
この日の集合時間は午前5時。まだ薄暗い早朝ながら、『北山丸』には、あわよくばマハタを釣りたい(食べたい)グルメな釣り人が集まって来た。待合所は港のすぐ横にあるから、受け付けから乗船までは非常にスムーズ。船に乗って準備をしながら、餌のイワシが軽トラックで運ばれてくるのを暫し待つ。

自動販売機の左が受付入口
“大本命”マハタへの期待を込めて乗船
[動画]ボコンと浮上っ!マハタ・ヒラメ五目釣り

最初のポイントはヒラメの名所・平砂浦沖

当日の乗船者は、私を除き6人。マハタに魅せられた常連さんの他、親子連れの姿も見られる。餌の活きイワシが到着し、船の生簀に入れられて午前5時40分過ぎに出船した。20分程走って到着したのは平砂浦沖。古くから陸ッパリでも大ヒラメを狙える場所として名高いサーフで、勿論今でもヒラメの好ポイントである。水深は13m。ようやく明るくなってきた午前6時、まずはヒラメ狙いからスタートした。

活きイワシ到着
船上からの朝焼け
平砂浦沖からスタート

砂地だけでなく漁礁も点在。“ゲスト”のカサゴも大型

砂地が多い平砂浦沖では、イワシの回遊が見られる時は大釣りが期待できるのだが、この日はイワシの反応はない。ただ、ところどころ漁礁があり、その周りは好ポイントになっている。船長から、「水深が浅く、ヒラメの警戒心が強いので、餌を落とし込む時はゆっくりが良い」とアドバイス。そして7時20分、右のトモ(船尾)で待望のアタリ!しかし、痛恨のハリス切れ。すぐ後に左舷でも2連発でハリス切れ。どうやらカンパチが回って来たようだが、誰も本格的なファイトには至らずじまいのまま。しかし、そのすぐ後に右ミヨシ(船首)の石本誠之さん(東久留米市)が釣り上げたのは32cmの堂々たるカサゴ。『北山丸』の春のカサゴ狙いでは、こんなサイズが珍しくないそうだ。

32cmの良型カサゴ
水谷さん親子(板橋区)にもカサゴが
狙う水深は12~14mと浅い

餌の活きイワシ
マハタ&ヒラメ五目の定員は9人、充分なスペースがある
船長の操船は非常に細やか

いよいよ“大本命”マハタ狙いへ!

平砂浦沖では、ヒラメらしきアタリもあったものの、イワシの群れが少なく、期待薄とみた船長は、午前8時20分に移動。今度の水深51~52m、ヒラメは勿論、マハタ系の根魚もいるというポイントだ。オモリは60号。「底から上へと誘い上げるのもいいですよ。上下に動かす縦の誘いに反応がいいです」とアナウンスが入った。船長のアドバイスが功を奏したのか、右ミヨシの石本さんが釣り上げたのは40cmほどのヒラメ。小さいながらも、“本命”第1号だ。その後暫くして、右トモの菊地正男さん(竜ヶ崎市)にも同サイズが上がった。

移動後すぐにヒラメが上がる
一気に食ったのでマハタかと思ったがヒラメ
かじられたイワシ。もう少しだったのに!

再び移動、アヤメカサゴやヒラメ連発で船上は賑やかに

ヒラメが立て続けに上がったものの、“大本命”であるマハタは依然として顔を出さない。そして午前10時、さらに移動。水深はさらに深く65m前後となり、オモリも80号指示。右トモの菊地さんがアヤメカサゴを釣り、さらに2.5kg程のヒラメも連発。間もなく、右ミヨシの水谷さん親子にも2.6kgのヒラメ。このヒラメは10歳になる息子の奏仁(かなと)くんが立派に釣り上げたもの。

アヤメカサゴも姿を見せた
菊地さんは2匹目のヒラメ
10歳の奏仁(かなと)くんがファイトしたヒラメ

船長渾身の操船で浮上したのは、3.2kgの“大本命”!

ヒラメの連発はあったものの、船長が狙う“大本命”はあくまでもマハタ。小移動して各所に点在する根を狙っていく。一気に5mほども水深が変化する根や、かなり小さい根もあり、船長によれば、こうしたポイントは100ヵ所以上もあるとの事で、その引き出しの豊富さには驚かされる。そして、あるポイントに入った時、「ここは根がすごく小さいけど、期待が持てる場所だから」とアナウンスが入った。その細かな操船からも、非常に小さな根であることが伺える。そして遂に右トモの菊地さんにヒット!ベテランだけに「これはマハタだぞ」と、食い方などから判断していた。船長と周囲の期待の中、海面に浮上したのは3.2kgのマハタだった。これぞ、洲崎沖の“大本命”!

ベテランでも嬉しい“大本命”
さすが精悍なツラ構え
水谷さんにもマハタと思われるヒットが。しかし無念のバラシ

その後もマハタが次々と。これから本格シーズン!

他の釣り場では、決して釣れる確率が高いとは言えない(どころか滅多に釣れない)マハタ。しかし、『北山丸』では取材後も4.2kg、2.7kg、そして6.2kgのビッグサイズまで出船するたびにマハタが上がっている。館山自動車道の開通以来、都心からのアクセスもグッと良くなり、素泊まりも出来るので遠方からの人でも万全の状態で超高級魚・マハタに挑むことが出来る。

ポイントや釣り方のアナウンスが親切な北山茂樹船長
『北山丸』は全3隻を保有、2人でも仕立て可能
下船後は広々とした休憩室でお茶を飲める

『喜多山旅館』では、釣り人に嬉しい素泊まりサービスも
市販のヒラメ仕掛けでも大丈夫
仕掛け図

(釣りビジョンAPC・柳沢 輝夫)

今回利用した釣り船
千葉県館山市洲崎港『北山丸』
〒294-0316
千葉県館山市洲崎1378
TEL:0470-29-0805
詳細情報(釣りビジョン)
北山丸ホームページ
出船データ
ヒラメ&マハタ五目:完全予約乗合(11/1~4/30)
乗船料金:1万2,000円
集合時間:出船の30分前
出船時間:午前6時00分(日の出時間によって変わる)/ 沖上がり:午前11時30分
定 休 日:第2・第4水曜日
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。
プレミアムメンバー