オフショアマガジン
2016.7.15号

伊藤遊船・東京都江戸川放水路・行徳
今年も好調なスタート 江戸川放水路のボート・ハゼ

03_main.jpg
そろそろ梅雨明けの時期になって来た。一日中、沖にいると日焼け対策や、水分補給だと気に掛かる。その点ボート釣りは自分で時間を決められるから気が楽だ。ボートの情報を探すと、千葉県行徳・江戸川放水路で今年もハゼが好調に釣れだしたとの報せ。早速7月6日、『伊藤遊船』に出掛けた。

餌の大きさ、釣り方が重要?!

『伊藤遊船』は午前6時から出船している。午前7時30分に到着、状況を聞くと今年はハゼの数が多く、この時期から束釣り(100匹超え)が連発との事。当日は昼から気温上昇の天気予報なので、涼しい午前中を狙い何人かが出船しているという。貸し竿、仕掛け、餌を受け取り、即出発と意気込むが、昨夜に予習でオフショアマガジン「2015.8.1号」を読み、その時の名人の動画を見て、餌の大きさと付け方が気になった。そこで餌の付け方のレクチャーを受けると、「最初は1㎝位に付ける」。これは前打ちして餌の臭いで魚を集める効果がある。アタリが出始めたら「5mm位まで小さくしても良い」、「餌の硬い部分が残ったらハリのチモトまでこき上げる」、「餌付けを早くするため、事前にハサミでカットしておく」、「新鮮な餌を使うこと」との事。バッチリ納得、気分よく桟橋に向かった。

店頭写真
案内看板
受付

“寄せて釣る”釣りスタート

桟橋
船外機船でボートをポイント周辺まで曳航してもらい、吉田正巳船長に周辺の概略を聞いてアンカーを下ろした。当日は大潮で午前中は引き潮、水深1m前後が現在釣れているとのこと。水深が浅くなったら少しずつ沖(川の中心部分)に移動することにして、まずは貸し竿1本で仕掛けを前打ちし、少しずつ手前に寄せる。仕掛けを引きずるとカキガラ等に根掛かりするので、餌が上下する様に誘いながら真下まで仕掛けを持ってくる。浅いので3回も誘うと仕掛けは真下に来てしまうが、直ぐにアタリがあった。何回かの空振りの後、6cm位の第1号が釣れてからアタリが連発するようになったので2本目の竿を出す。交互に前打ち、誘い、そして前打ちを繰り返すと、プルプルと出るアタリで可愛いハゼが釣れて来る。静かな水面、涼しい川風、可愛いハゼ……ゆっくりと時間が流れ、これぞ「大人の休日」だ。

[動画]休日にのんびりと。ボート・ハゼ釣り

ポイントに向かう
仕掛け、替えバリ、餌
仕掛け図

群れを探して沖目に移動。

釣り始めて1時間。20匹位釣ったところで潮が引いて水深が浅くなり、移動する為にアンカーを上げる。川底の泥が付いているので水中で落とし、少し沖の水深1mを目指す。大げさに聞こえるが、実際は10m位沖に移動しただけ。風が陸から吹いていたら、アンカーロープを長くすれば良いだけである。ハゼは潮の干満により群れで移動するようで、群れに当たると同じサイズのアタリが連発する。
ふと眺めると、今までのポイントが干潟になりつつある。カキガラの山が見えたり、浚渫(しゅんせつ)後の大きな穴が有ったりする。今日は2m位の干満の差が有りそうだ。11時過ぎまで釣りをして約50匹。好調な幕開けを確認できて、ビギナーには十分な結果だった。

4人乗っても楽々
カップルで楽しむ
束は超えてそうですね

「のんびり」、「ゆっくり」そして数釣りも楽しめる!

帰りがけに他船に目を向けると、会社の同僚4人と大型船で楽しんでいる方、カップルの方、1本竿で午前中に束釣り(100匹)を超えた方など。それぞれの楽しみ方が出来るのもボート釣りの魅力。今年はハゼの湧きが良い、一潮毎に大きくなっていくのがハゼ。お楽しみはこれからだ。

本日指南役の吉田正巳船長
大きくなれよ!
今はこの位

(釣りビジョンAPC・野口壮一)

今回利用した釣り船
千葉県江戸川放水路・行徳『伊藤遊船』
〒272-0111 千葉県市川市妙典2-2-14
TEL:047-358-5774
詳細情報(釣りビジョン)
伊藤遊船ホームページ
出船データ
ボート貸出し時間:6時~15時
【平日料金】
2人乗り\3,000円、 3人乗り\4,000円、 4人乗り\5,000円
6人乗り\6,000円、 8人乗り\8,000円
【土日・祝祭日】
2人乗り\3,500円、 3人乗り\5,000円、 4人乗り\6,000円
6人乗り\7,000円、 8人乗り\10,000円
レンタル竿:有 各種割引:有
餌:宿にて購入可
定休日:毎週火曜日だがボートは無休
プレミアムメンバー