オフショアマガジン
2017.1.15号

伊藤遊船・千葉県江戸川放水路・行徳
投げ釣り気分でのんびりフィッシング!東京湾マコガレイ

03_main.jpg
1月8日、年明けから東京湾のマコガレイが好調との報せ。今や希少価値が高く高値で取り引きされ、味も保証付きの同魚だけに、ファンには見逃せない情報だ。早速、マコガレイを得意とする千葉県江戸川放水路・行徳の『伊藤遊船』に出掛けた。

船宿指定の住所にカーナビ入力して、土手の受付所に直行

マイカーでのアクセスは、船宿ホームページに記載がある住所「市川市妙典1-17-8」をカーナビに入力すると、河川敷に下りる通路の入口へ案内される。そこから河川敷に下り、東西線鉄橋方面へ向かうと左手に船宿があり、鉄橋下に無料駐車場がある。
午前6時過ぎ、船宿に到着すると既に先着の釣り人は準備万端の様子。早速、乗船名簿に記名し受け付けを済ませる。必要ならばここで仕掛け、天ビン、オモリ等を購入する。また、貸し竿、ライフジャケットのレンタルもここでOK。餌と氷を受け取ったら桟橋へ行くが、釣り船は沖に停泊しているため、ここから小型のボートで渡してもらう。なお、ボートに乗り移るときは、桟橋が揺れるので注意すること。

伊藤遊船受付所
船宿前に釣り物の幟
東西線の鉄橋を抜けて

一路ポイントへ
三番瀬の海苔棚

ハリ掛かりが甘いから取り込みはタモ必須

午前7時に出船し、東西線の鉄橋を潜り三番瀬を抜けて20分ほどでポイントに到着。船長がアンカーを下して、船が潮に馴染んでから釣り開始のアナウンス。水深8m、期待の1投目。みなさんマイペースに貸し竿やらジギングロッドやら、スピニングリールにベイトリールやら……思い思いのタックルで1人2~3本の竿を出す。オモリは20~25号、餌のアオイソメは長さ7~8cmにカットして3本ほどの房掛けにする。竿が複数の場合は遠投、船下などと狙う場所を変えること。
仕掛けを投入したら、オモリが浮かない程度にラインテンションを調節し、アタリを待つ。長くても10分程度したら、ゆっくり聞き合わせ。魚が乗っていたらググッとくるから慎重に巻き始め、慌てず船長にタモ入れを頼むこと。食いが浅くハリ掛かりが甘いことが多いため、抜き上げで落ちやすいそうだ。
アタリがなくても仕掛けが絡んでいたり、ゴミを拾っていることがあるので、定期的な餌チェックを忘れずに。また、餌は活きの良いものにまめに交換すると餌の動きがよくなる。船長に言えばお替りを貰えるので、どんどん替えること。

千葉の高層ビル群
アンカーを下す船長
期待の第1投

竿掛けがあると便利
自作仕掛けも
餌と船宿で購入した仕掛け

錘は25号
アオイソメは3本程度
仕掛け図

前日連発の午後船にもチャレンジ

長瀬さん初ガレイをゲット
「仕掛けはシンプルなもので十分釣れるので、飾りはほどほどに。トラブルを起こさないことが釣果を上げるコツ」と吉田船長。北北西の風4m、夜には雪の予報も出ているほどの冷え込み。もう少し陽気がよければ、のんびりフィッシングができるのに。沈黙の中、風が冷たい。吉田船長は、時折アンカーロープを伸ばしたり、ポイント移動したりと広範囲に探ってくれている。午前10時、最初に沈黙を破ったのは、カレイ釣り初挑戦の浦安からお越しの長瀬さん。今夜のおかずは、「唐揚げがいいかな」とうれしそう。
時合が来たかと期待するも、再び沈黙、午前船の沖上がりの時間を迎える。
午後は雨予報だが、今回は通し釣りを決断。サービスのカップメンで身体を温めて12時半、午後船で再チャレンジ。
12時50分、水深8mのポイントに到着。「潮変わりの時間だから集中して」のアナウンス。ほどなくして右舷トモ(船尾)の横内さんから「掛かったよ」の声。午後船で最初の1匹をゲットだ。「かすかなアタリがあったので聞き上げたら食ってきた」と同氏。しかし、やっと時合かと気合を入れるもあとが続かない。
午後1時55分、午前より冷え込む中、予報通り雨が落ちてきた。厳しい釣りになりそうな予感。午後2時25分、何度目かの移動で水深10mのポイントへ。「ここは昨日、3時頃にラッシュがあったポイント。昨日は竿頭17匹でした。ここで粘ります」と吉田船長が告げた。

ゲストはシーバスも
午前船の沖上がりにはカップメンのサービス
船宿の猫に癒される

船長の予言通り! 夕マヅメに怒涛のラッシュ

船長の予言通り、午後3時ジャスト、左舷胴の間が慌ただしくなる。一荷釣りでカレイを釣ったのは、本日初挑戦の群馬県太田市からお越しの大上さん。ここから大上さんの連チャンが開始された。時には2本竿が両方しなる場面も。30分足らずで41cmの良型を含む6匹を釣り上げて見事、本日の竿頭になった。
「船長に言われたように、オモリが浮かないようにテンションを調節していたら釣れた。今日は厳しいかと思ったが、予想外に釣れたのでよかった」と大上さん。比較的軟らかめの竿で波の波長を吸収し、オモリが底から離れない操作が奏功したようだ。

一荷釣りから始まったラッシュ
無事タモ入れ
本日最大41cm

竿頭の大上さん
バケツの底が見えない!

今後は、大型のメスに期待

「例年だと夕方釣れるオスが、今年は日中でも釣れて数がでています。今の時期はカレイの産卵期で、例年だと1月15日ぐらいまでオスが釣れ、それ以降はメスに入れ替わるんです。オスの数から推測して、今シーズンはメスも期待できそうですね。メスの方がサイズが良いので型も狙えるでしょう」と吉田船長も今後に太鼓判。年によっても違うが、例年だと3月ぐらいまで楽しめるようだ。都心からのアクセスもよいので、気軽に東京湾のマコガレイにチャレンジしてみては。

カレイ初チャレンジの田中さん親子
吉田船長の餌付けレクチャーの様子
午後に1匹目ゲット、北区の横内さん

中島さんも一荷釣り
田中さんも1匹ゲット
沖上がりに出た白ハマグリのすまし汁が絶品

(釣りビジョンAPC・金井直行)

今回利用した釣り船
千葉県江戸川放水路・行徳『伊藤遊船』
〒272-0111 千葉県市川市妙典2-2-14
TEL:047-358-5774
定休日:毎週火曜日(ボートは無休)
詳細情報(釣りビジョン)
伊藤遊船ホームページ
出船データ
カレイ乗合料金
午前船、午後船:6,050円(税込。餌、氷付き)
午前&午後船通し:9,460円(税込。餌、氷付き)
貸し竿あり(オモリ・天ビン付き)
出船時間:午前船7時出船~11時30分沖上がり、午後船12時30分出船~16時30分沖上がり
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。
プレミアムメンバー