勇幸丸・千葉県片貝港

2017.3.15号

千葉・片貝沖で高級魚カンパチ、ハナダイが夢の競演!

01_main.jpg

小型でも刺し身で美味しいと定評のある“青物”カンパチ。専門で狙う船宿は少ないが、高級魚としても知られた魚。そんな高級魚をハナダイとのリレーでコンスタントに釣らせてくれるのが、千葉県・九十九里、片貝港『勇幸丸』だ。

都内からのアクセスが良い

嵩上げされた護岸もライトと梯子で安全に乗船

片貝港へは、都内から首都高速、京葉道路、東金有料道路、東金九十九里道路と乗り継ぎ、片貝ICを下りて2分程だ。1時間30分程で行けるアクセスの良さも魅力だ。早朝なら東金有料道路の東金ICから一般道を通っても15分程なのでそれもありだろう。出掛けたのは3月1日の水曜日。連日の好釣果もあってか、平日にも関わらず私を含めて7人が集まった。天気予報では風も弱くナギ。まだ日の昇らぬ午前5時半に市東吉雄船長操船で河岸払いとなった。釣り場までは45分程の航程だ。

船着き場の前に車を止めて、乗船名簿を記入して乗船
暗いうちから準備に余念なし
ポイントに向かう途中に日の出を迎える

ハナダイはコマセを用いたウィリー釣法

乗船すると釣り座にはコマセセットが準備されている

最初の狙いはハナダイ。釣り方はコマセを用いたウィリーシャクリ。タックルは30号負荷の2m前後のロッドに中型、小型の両軸リールか電動リール。『勇幸丸』ではライト釣法でも楽しむことが出来るので、その場合はライトタックル専用ロッドがピッタリ。ビシカゴは60号のFL。ライトでやる場合は40号の“ちびライト”。クッションゴムを挟んでウィリー4本バリ(一番下は空バリ)かウィリーのない空バリ3本バリ仕掛け(どちらも船で販売している)。空バリにはオキアミを付ける。

『勇幸丸』推奨のハナダイ仕掛け。船でも購入可能
この日はハナダイ用とカンパチ用で2タックル用意する人も
仕掛け図

ハナダイは朝から元気満々!

朝の第1投から来ました“本命”!

船長からの指示ダナからハリス分下まで落としてコマセを撒きながらシャクってくる。ハナダイの場合は指示ダナに数mほど幅がある事もあるので、自分の当たったタナをきちんと覚えておくと釣果が伸びる。この日の船長からの指示は海底から5m幅。底まで仕掛けを落とし、小刻みにコマセを出して誘いながら5mを誘う。スタート直後から右舷が賑やか。30cmを超える良型のハナダイが顔を見せる。一荷(2匹)で釣れたり、1kg弱のおいしそうなマダイも交じっている。たちまち桶が赤く染まっていく。ハナダイはタイ特有の強い三段引きを見せるのでやり取りが本当に楽しそうだ。

こちらも朝一から“本命”
続いてきたのは立派なマダイです
コマセが馴染むと一荷でかかります

カンパチは限定的エリアに集中!!

カンパチはカッタクリ用仕掛けを使用。船に常に在庫があるわけではないので必要な人は船長に事前相談

次はカンパチ。ポイントはハナダイから至近なのだが、釣れるのは毎回同じ狭いエリアだそうだ。何かがカンパチの好みに合うのだろうが、これだけ広大な海の中で本当に限定的というのは興味深い。タックルはハナダイと共用で大丈夫だが、柔らかめだとやり取りに時間がかかるので、胴のしっかりとした硬めの竿の方が楽しいのでお勧め。仕掛けはカッタクリで使用するバケ仕掛け。コマセは使用しない。ハナダイのコマセカゴを60号のオモリに替えて、天秤の先のクッションゴムを外してバケ仕掛けに付けかえる。クッションゴムを外すのは、カンパチは引きが強い魚なのでクッションがあると伸びてしまい、やり取りの邪魔になるそう。糸の太さで釣果はさほど変わらないので、ならば糸を太くしようという考えだ。とにかくスピード重視。

こんな感じでエサは不要です。コマセも使いません
これが“本命”の高級魚 カンパチ
仕掛け図

開始早々に軽い衝撃が襲う…

いきなりガツンと“本命”が来ましたよ!

1時間30分程ハナダイを楽しみ、午前8時にカンパチにスイッチ。船長からの指示は「水深45mから25mを止めずに誘い続けて」との事。ジギングのような感じだ。
開始早々、のんびりとしたハナダイ釣りから一転、私は軽い衝撃を受けた。誘い続ける竿が次々にズキュン、ズキュンと海面に叩きつけられるのだ。驚いた、“青物”とはいえ、ここまで強い引きを見せるのか?カツオの一本釣りを連想させるように次々に1kg程のカンパチが取り込まれる。カメラが追い付かない。あまりの楽しそうな光景に私も堪らず船長が使っていた竿を借りて緊急参戦。いきなりガツンとひったくられた。これは……楽しすぎる…アッという間に桶がカンパチで埋まっていく。船長が言っていたクッションゴムが邪魔というのを強く実感した。

くっきりとカンパチの八の字が!
一荷で来るから引きも堪らない
電動リールの巻上げでもコンスタントに上げてます

誰でも気軽にトライ可能!

たちまち桶が高級魚で埋まっていく

誘い方が重要なのでは?と思うかも知れないが、この日は細かな技術は何もなく、ただ下から上にバケを上げてくればカンパチがガツンと来る。実際に、年配の方などは電動リールの自動巻上げの誘いでコンスタントに上げていた。とにかく楽しい時間ではあったが、お土産十分、ポイントが限定的なので資源保護の観点でも、1時間限定でお土産を確保して終了。またまたハナダイへとリレーした。

私のクーラーもアッという間に
わかりますか?おでこにくっきりと「八」の字が
1時間一本勝負。お疲れ様さまでした

終始、アタリ活発!

ちょくちょくマダイが交じります

ポイントをハナダイに戻して再実釣。私も竿を出した。底まで仕掛けを下ろして、糸フケを取りコマセを振る。出し過ぎても魚が逃げるし、出さないと魚が寄らない。小まめにキビキビとシャクると来ました、来ました小気味良い引き。しかも良型が一荷で。朝一ほどの連釣はないものの、沖上がりの11時半まで終始アタリが途絶えることはなかった。

ピンクの美しいマダイです。特徴は尾ビレの黒い縁取り
ハナダイのオスは大きくなるとオデコが出るのが特徴
メスは尾ビレの縁取りがないのと、鰓が赤く血がついたようになっているかでマダイと見分ける

まだまだ楽しめますよ!

こまめなコマセワークでハナダイをゲット

ハナダイは、どちらかというとイサキのコマセ釣りに近い。群れで生活しているのか、船長の指示ダナさえきちっと守っていれば確実に数が釣れる。一方のカンパチは同じポイントに反応がある内は船を出すそうで、昨年は4月一杯続いたそうだ。この日の爆釣ぶりを見ると今年もまだまだ期待出来そうだ。カッタクリ仕掛け以外にジギングなどでも楽しむことも出来る。

こちらでも“本命”ハナダイ
コマセが馴染むとアッという間に桶がハナダイで埋まる
市東吉雄船長。海中の様子をビデオ撮影するなど本当に研究熱心。分からないことは全て答えてくれる

(釣りビジョンAPC・丸岡直樹)

今回利用した釣船
千葉県片貝港『勇幸丸』
〒299-3201 千葉県大網白里市北今泉3404
TEL:0475-77-2594
定休日:第2・4金曜日
詳細情報(釣りビジョン)
出船データ
カンパチ・ハナダイ五目乗合(予約制)
乗船料金:1万800円(氷、餌付き)
集合:船着場へ5:00 沖上がり:11:30 (時間は季節ごとに変わるので電話で要確認)
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。