小倉丸・千葉県千田港

2017.3.15号

千葉県・南房総千倉沖、良型揃いのイサキ釣り!

02_main.jpg

春の早い千葉県・南房総でイサキ釣りが好調だ。連日のように多くの釣り人が、地元の規定数量(50匹)を釣り上げている。春のシーズンを迎え、期待を胸に5日、千田港『小倉丸』に出掛けた。

予約乗合で出船

『小倉丸』では、予約乗合の定員制。申し込んでおけば確実に乗船出来る。同行してくれたAPC仲間の倉形さんと集合時間の午前5時30分に到着。小倉眞船長から数釣りの秘訣を聞く。「下バリにイサキが掛ると下に引いて行く。この時待つと追い食いが期待できる。しかし、今日は流れが早いかも」との事。以前の取材で好釣果に恵まれているので、この日も期待に胸が膨らむ。この日は私を含め4人の乗船で、定刻午前6時に出船した。

看板 洲崎方面に向かい 右待合所 左駐車場と船着き場
係船中「第二十三小倉丸」
本日指南役 小倉眞船長

ポイントもすぐ、アタリもすぐ!!

「第二十三小倉丸」は、ベタナギの海上を15分程走って千田沖のポイントに到着した。指示ダナ24~25mでスタートした。付け餌、コマセ共オキアミ。指示ダナの2m下からコマセを振ってタナまで上げてアタリを待つ。仕掛けの長さは5~6m、ビシは60号か80号のLかFLタイプ。コマセで寄せる釣りで、混雑時はビシのサイズと号数は周りと合わせた方がオマツリが少ない。大事なことは、コマセの振り出しタナを守る事。それより下から出すと、“餌取り”が浮上してくる。全員シャープにコマセを振り出して指示ダナで待つと、1投目からアタリ。2点掛けも有り、イサキの活性は高いと思ったが…。

2点掛けでスタート
皮一枚で取り込みだ
ファーストヒット!

良型ながら拾い釣り

船長から小まめに指示ダナがアナウンスされる。潮の流れが速いようでポイント移動を繰り返すが、アタリが出るのは1投目が多く、連発、入れ掛りにならない。置き竿にすると“餌取り”にハリごと取られる事もあった。餌を動かしていないとアタリが少ない。ベストのシャクリ幅と待ち時間が中々掴めない。魚探反応は大きく出ているが、コマセに魚がついて来ないようだ。小移動すると流れが無い事もあり、僅かに離れているポイントで海水温が2℃(16℃から18℃)も違う事もあり安定しない。2点掛けもあるが単発が多い。釣れるイサキは30cm前後の良型揃いなのが救いだ。痺れを切らした船長は、8時過ぎに船を千倉沖に移動した。

コマセ
常備仕掛け
仕掛け図

大型掛るもバラシ多発

千倉沖の指示ダナは、40m位の深めで30cmオーバーもヒットしたが、やはり単発で、食い込みが浅いのでバラシも多い。私は推定35cm位を取り込み時に口切れでバラシてしまった。

グッドサイズ
これも良いです
このサイズなら満足

マダイ、“青物”にも対応する仕掛けを!

その後もポイント移動を繰り返したが、単発ヒットで爆釣モードには最後までならず、魚探反応が恨めしい。やはり潮の流れや澄み具合が良くなかったようで、竿頭25匹と数は伸びなかったが、釣れるイサキは良型で、「このサイズなら10匹釣ればご機嫌だと」負け惜しみ。しかし、魚探反応を見る限り、魚影の濃さは疑いようがない。これからは“スペシャルゲスト”のマダイや“青物”も掛かるので油断出来ない。常連たちはハリス3号以上の仕掛けを使って大物に備えていたのが印象的だった。

ウメイロ君
置き竿に忍び寄るウマヅラ君
自宅計測32cm

“二刀流”で再度挑戦!

「今日は、潮の流れも速く、潮色も澄んでいた。底荒れも残っていたようで食い渋りました。逆潮(勝浦方面からの流れ)が入って来れば好転しますよ。“餌取り”が多い時用にイカの短冊やバイオベイト等を持ってくるといいですよ」と船長。好調時はまずイサキの数釣りでお土産を確保して、大物狙いのポイントに行く事もあると言う。近々に“二刀流”で再度挑戦だ。

(釣りビジョンAPC・野口壮一)

今回利用した釣船
千葉県千田港『小倉丸』
〒295-0025 千葉県南房総市千倉町千田991-3
TEL:0470-43-8355
定休日:第2・4水曜日
詳細情報(釣りビジョン)
小倉丸ホームページ
出船データ
乗合料金:イサキ:1万1,000円 (付け餌 コマセ 氷付き)
出船時間:午前5時30集合 6時頃出船 沖上り:11時30分(予約時に確認)
定休日:第2、4水曜日
貸し道具:無料
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。