鴨下丸・神奈川県磯子・八幡橋

2017.6.1号

東京湾・横浜沖のブランド“金アジ”をLTで楽しもう!

04_main.jpg

軽めのオモリを使用することによるメリットは大きい。まずタックル全体も軽いので一日誘っても疲れない。そして魚とのやり取りがダイレクトに楽しめる。その代表格が通称“LTアジ(ライトタックル・アジ)”。そのLTで東京湾を代表するブランド“金アジ”を狙っているのが横浜・磯子、八幡橋の『鴨下丸』だ。

交通の便がいいというメリット

掘割川沿いに停泊している『鴨下丸』

『鴨下丸』は、JR根岸線・根岸駅から徒歩10分ほど。車なら国道16号線の八幡橋交差点のすぐ傍だ。掘割川沿いで迷うことはない。出船が午前7時なので電車、車共に大変便が良い。ただし、車の場合は駐車場が混みあうこともあり、近くの第2、第3駐車場までの送迎になる可能性もあるので早めの到着がお勧めだ。台数的には十分余裕がある。私が到着したのは午前6時前。『鴨下丸』ではLTアジ船だけではなく、まさに今がベストシーズンのマダイやマゴチ、そしてルアー五目と出ているので多くの釣り人で賑わっていた。

川の道向かいに船宿があります
朝から多くの釣り人で賑わっています
この日の釣り物は“4目”

東京湾が誇るブランド“金アジ”

マグネットで釣り座を確保

この日のLTアジ船「第2鴨下丸」は、熊ちゃんこと熊谷義樹船長が舵を握った。“金アジ”とは何なのか?熊谷船長曰く、「金アジは東京湾奥の居着きのアジ」とのこと。回遊性のアジは泳ぐことに筋肉を使うのでほっそりとしているが、“金アジ”は同じ場所でぬくぬくと育っているので常に脂肪タップリで丸みを帯びて金色に輝いているそうだ。

豊富にレンタルタックルを用意しています
コンビニまではほんの数十mと便利
待ち合い室には数々の過去の“戦歴”が並ぶ

全てに“ライトな釣り”がLTアジ!

コマセに使うのはイワシのミンチ

LTタックルは、道糸のPEを細くすることで文字通り竿、リール、オモリ等全てを軽くすること。これにより子供やビギナーにも手軽に楽しめるのも大きなメリットだ。具体的には130号などの重めのビシカゴを使用することもあるアジ釣りで、道糸をPE2号にすることで何と40号という軽いオモリで釣りができ、アジとのやり取りをダイレクトに楽むことができる。現在の釣り場の水深も10~20mと浅い。釣行時間も「午前船」は7時から11時迄の4時間と何から何まで“ライト”である。

付け餌に使うのはアオイソメ
LTは40号のビシカゴで
仕掛け図

楽しく分かりやすい“釣り教室”が好評

即席“釣り教室”で楽しく勉強

定刻出船時間の10分前の6時50分。とにかく明るい熊谷義樹船長が釣り人に声をかける。即席の「熊ちゃんアジ釣り教室」開講である。これが子供にも非常に分かりやすく、しかも面白おかしく説明してくれるので聞き入ってしまう。
「下にオモリが付いたら竿先がビクンとします。そうしたらリールを6回巻いて下さい。ここで竿を下げて、格好つけて竿をしゃくる。魚が掛かって上げてくる時は、ビシカゴが見えたらそこでストップ。それ以上巻いちゃうと魚取る時にビシカゴが宙に浮いて危ないよ!」。最初は初心者向けかと思って聞いていたが、実はこれ奥が深い。竿先を下げてコマセを撒く理由はコマセと仕掛けを同調させることなのだが理屈もちりばめられていて勉強になる。しかもちょくちょく入ってくるギャグが面白い。ファミリーに人気が出るのも頷ける。

満潮時は橋脚の下ギリギリです
船室が下がる特別仕様
通常時はこんな感じです

周囲の景色を楽しみながらポイントはすぐ!

この日使用した仕掛けです

全員が釣り方を頭に叩き込んでいざ出船。この日のポイントは15分程走った富岡沖。沖というのが憚られるほど岸の傍。多少北風が吹いていたこの日でも海況は非常に穏やか。途中には左右に大きな豪華客船や京浜工業地域の景色。少し遠くに目を移せば「横浜みなとみらい」や富士山も見えて非常に楽しい。

イソメは1~2cmたらせば十分。あまり長いと吸い込めません
朝イチから一荷(2匹)で!
美味しそうな“金アジ”です

終日よく釣れました!

「前置き長いけど釣果は?」という声がそろそろ聞こえてきそうですが、ここからは早いですよ!一日良く釣れました!以上。
いや、本当なんです。ブランド“金アジ”が一日絶え間なく釣れていました。それでは寂しいので付け加えておきますと、“金アジ”は居着きのアジゆえに、ポイントを転々と探しました。前半攻めたポイントは最近実績の高かったポイント。大きなアジは釣り切ってしまったのか、この日はメインが小型になっていました。後半は新しいポイントを中心に探り、サイズも良型が中心。終わってみれば4時間弱の釣りにも関わらずトップは81匹。平均50匹ぐらいは釣れていた感じです。親子で釣りに来ていた鈴木ファミリー。息子の鈴木朝陽君(9歳)も最初こそお父さんのフルサポートでしたが、後半は投入から取り込みまで完全に一人で出来るようになり、多くのアジを釣り上げていました。それは終日よく釣れていましたというレポートになりますよね。

さすがはお父さん。一荷で上げます
朝陽君(9歳)も負けてませんよ!一荷で上げました
竿頭の和賀弘安さん。柔らかな竿さばきで確実に掛けます
カウンターに刻まれた数は81匹
きれいなアジです
一荷釣りです

“LTアジ”は周年楽しめる

“釣り過ぎ注意報”発令中!

『鴨下丸』では、周年LTアジに出船しています。沖釣りには興味があるけどなかなかチャンスがなかった人。お子さんを連れてアウトドアな遊びをしたいけど何がいいか迷っている人。家族で美味しい自然のモノを食べてみたい人。全てに対する答えが簡単に見つかりそうです。私も子供を最初に釣りに連れて行った日のことを思い出してクーラーボックス一杯の“ブランド魚”を持って家路につきました。

アジの数釣りは楽しいです
明るい熊谷義樹船長が本当に親切に教えてくれるので初心者も安心
金色に輝くアジ。何の料理でも美味しくいただけますよ

(釣りビジョンAPC・丸岡直樹)

今回利用した釣船
神奈川県磯子・八幡橋『八幡橋 鴨下丸』
〒235-0008 神奈川県横浜市磯子区原町8-31
TEL:045-751-3654
定休日:毎週木曜定
詳細情報(釣りビジョン)
八幡橋 鴨下丸ホームページ
出船データ
出船時間:午前船 午前7時00分/午後船 午後0時30分
乗船料金:LTアジ半日釣り6,000円
(女性・中学生以下割引あり)コマセ・付け餌、氷付き
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。