明進丸・茨城県日立久慈港

2017.10.15号

茨城県・日立沖で“激旨”良型アカムツを狙う!

01_main.jpg

近頃は「ノドグロ」という呼び名の方が通りが良いかもしれないが、標準和名「アカムツ」、言わずと知れた超高級魚だ。上質な白身に独特な脂が癖になる“激旨”のアカムツが釣れていると聞き、10月1日(日)、茨城県・日立久慈港『明進丸(ミョウジンマル)』に出掛けた。

船着場で荷物を下してから駐車場へ

停泊中の「明進丸」

日立久慈港は、船着場まで車で入れるので、船の近くで荷物を下してから港入り口近くの駐車場へ車を停める。集合は午前4時、受け付け次第の出船となる。『明進丸』は、少人数制なので、ゆったりと釣りができる。この日は、右舷4人、左舷5人での出船だった。乗船前に乗船名簿に記名し、各自クーラーに氷を受け取って、船長の指示に従い乗船する。乗船すると付け餌のホタルイカとサバの切り身が配られる。

船前にある、のぼりが目印
港入り口に駐車場の看板がある
広い駐車場
乗船前に氷を受け取る
道具を準備し出船を待つ
ホタルイカとサバの切り身が配られる

朝焼けの中、アカムツ続々!!

狙うは水深129m

気温13℃、肌寒い朝だ。まだ暗い中、期待を胸に4時20分に出船となった。釣り場までは凡そ1時間10分、釣り場に着く頃には太陽が顔を出し、朝焼けが眩しかった。水深129m。暫く探索してから船長から投入の合図。数投目、早くもアタリがある。最初に掛けたのは、庄司勝雄さん(水戸市)。水深129mから船上までの数分間、掛かった魚が“本命”のアカムツなのか、それとも“ゲスト”なのかドキドキしながら巻き上げる。アカムツは、途中一旦おとなしくなるが、40mライン辺りで再び暴れだす。こうなれば“本命”の期待大。案の定、良型のアカムツがタモに収まった。アカムツは、口の弱い魚なので取り込みは、必ずタモ入れをしてもらうようにしよう。この1匹を機に続々とアカムツが釣り上げられる絶好のスタートを切った。

朝焼けの中
早速の良型
“本命”アカムツ!
続々!本命

餌付けは、ホタルイカとサバの抱き合わせ

餌付けは、サバ身を皮側からハリに刺し、次にホタルイカの身を外し、肝とゲソの状態にして目と目の間にハリを刺して抱き合わせるのが基本。とは言っても餌付けは人それぞれに拘りがあるようだ。年間100日以上釣りに行かないと気が済まないというベテランの村上善信さん(東海村)は、孫バリ付きの自作仕掛けにホタルイカの身は外さずにサバと抱き合わせのスタイルだった。

サバは皮から刺す
ホタルイカは、身を外す
サバとホタルイカを抱き合わせ
村上さんオリジナル餌付け
投入準備OK!
仕掛け図

弛ませも有効

着底後、糸フケを取る。底を切ってアタリを待ち、1m聞き上げてアタリがなければ再度着底。これを繰り返すのが基本。また、着底後、一時的に仕掛けを弛ませるのも有効な場合があるようだ。あまり長時間弛ませたままにするのは、オマツリや根掛かり原因になるので、釣り座や潮の状況を見て挑戦してみてほしい。更にこの日のポイントは、なだらかな磯周り。カケ上がりやカケ下がりなど、底の形状に合わせて、船長からアナウンスがあるので、マメに底立ちを取り直すのも有効だ。

再投入は、サミングしながら落とすこと

「再投入のときは、指をスプールにあてサミングしながら、糸が立っているのを見ながら落とさないとオマツリしちゃうからね」と、関裕二船長。オマツリで貴重な高級魚を失うのは、お互いに気分はよくないもの。オマツリ自体は仕方ないが、極力予防を心掛けよう。 その後、10時半ごろ再びラッシュ、この日は右舷が好調だった。ついにこの日最大の44cmも上がってきた。仕留めたのは、竿頭になった宮内貞光さん(日立市)、着底後に弛ませてからの止めが効いたとのこと。 ここで私も竿を出した。着底後、糸フケを取って聞きあげ、再度着底したところでクンクンとアタリ。ゆっくり合わせてから電動リールのスイッチON。途中40m付近でバタバタと暴れ出した。上がって来たのは小型ながら“本命”のアカムツ。嬉しいお土産をゲット出来た。 因みにアカムツのノドには、高確率でタイノエという体長2、3cmの白い寄生虫がいる。寄生虫と言っても人間には無害だが、気になる人は除去しておくとよい。家に帰ってから台所で悲鳴を聞かなくて済むかも知れない。

大物ゲット!日立市からお越しの宮内さん
この日最大44cmの良型
好調!
こちらも好調!
真剣に操船する関船長
アヒルちゃんが見守ってくれている
潮風が心地良い
電動リールの電源端子は可動式
コネクタの接続も楽々

アカムツ狙いは10月末まで!

「この日は、終日潮の流れが速く、いつもなら磯際で釣れるアカムツがどういうわけか磯の上で釣れていたよ」と船長。終わって見れば全員が“本命”をゲット。良型も登場して船長もご機嫌だった。アカムツは、比較的サイズが小さいのが雄で、大きめなのが雌。小さい雄が釣れている内は、まだまだ釣れるそうだ。11時50分に沖上がり、1時に帰港した。港に着くとお弁当が用意されている。手を洗ってお昼をいただく。帰りに追加の氷も補充してくれるのがありがたい。
『明進丸』では、アカムツは10月末までとのこと。中深場といっても水深130m前後、道糸PE3号が300mあればよいので、比較的ライトなタックルでもチャレンジできる。シーズン終盤、残り少ないが、美味しい魚を狙いに出掛けてみてはいかがだろう。

ポリタンクで手も洗える
お弁当が用意されている
帰港後はのんびりとお食事

(釣りビジョンAPC・金井直行)

今回利用した釣船
茨城県日立久慈港『明進丸』
〒319-1222 茨城県日立市久慈町1-2-2
TEL:090-2276-8806
定休日:第3月曜日
詳細情報(釣りビジョン)
明進丸ホームページ
出船データ
アカムツ 1万3,000円 氷付き、餌付き(ホタルイカ、サバ 各追加は500円)、お弁当付き
駐車場(無料)
定員12人、少人数制のため、キャンセル時は必ず早めに連絡を入れること。
午前4時集合、受け付け終了次第出船。沖上がりは11時30分~正午。
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。