ヤザワ渡船・大阪府大阪北港

2017.10.15号

神戸・淡路沖のタチウオ!ドラゴン級交じりで数釣り可能!

05_main.jpg

今シーズンも至る所で”タチウオ”情報が聞こえ出した“阪神”エリア。そして今シーズンは数が釣れていると言う。これなら私でもタチウオの顔が見れるだろうと、大阪湾・北港『ヤザワ渡船』へ向かった。

W船長で出船!

『ヤザワ渡船』は大阪市内のベイエリアでもアクセスが良い天保山エリアにある。受け付けを済ませて乗船場(店に地図あり)へ向かうと、続々と釣り人が集結して来た。6時出船という事だったが、この日乗船する18人が揃った5時30分に出船となった。この日は小路拓弥船長が舵を握る1隻での出船だったので、別船の芝博行船長が上乗りとして乗船。W船長で出船となった。目指すは、神戸沖~淡路沖。大阪・北港からは約1時間の航程だ。

今回乗船した「ネレウス5号」。座席はセパレートタイプだ
店舗で受け付け、氷を受け取り、その後乗船場へ向かう。テンヤ等は店で購入出来る
レンタルタックル。レンタル希望者は予約時に伝えておこう
ライフジャケットは船内に常備している
移動中はキャビン内で。エアコン付!
船尾にある水洗トイレ
餌のイワシ
ポイントに着く頃にはバケツに入れて各釣り座へ配置されていた

ポイント到着!好調な滑り出し!

仕掛け図

ポイントには船団が出来始めていた。小路船長の合図で仕掛けを投入。水深は70m。この日は朝から生憎の雨模様だったが、魚の反応は良さそう。暫くすると船内の至る所で竿が曲がり出した。『ヤザワ渡船』では、40号というテンヤの号数指定がある。また、テンヤはシングルフック、PEラインは3号200mというルールになっている。ケミホタルも付けない、いたってシンプルなテンヤ仕掛けだ。また、餌のイワシは沢山あるので、あらかじめ予備のテンヤにイワシをセットしておき、手返しを良くすると効率も上がる。釣れてくるタチウオは大きくても1m級だが、のっけから良く当たっている。
この日は右舷ミヨシ(船首)の3人がジグで狙っていた。テンヤの同じ重さを守れば、ジグでの釣りも可能だ。ジグで狙っている釣り人はスローピッチジャーク、そして電動リールとテンヤの組み合わせではデッドスローで巻きながらアタリを取っていた。

好調な滑り出し!
ジグでもコンスタントにヒット!
このクラスのアタリが頻繁にあった!
ヒットジグとタチウオ!
デッドスローで巻き上げながらタナを探る
時折1m超えが交じる状況

子供にもタチウオ連発!

小学生にもヒット!鋭い歯には気をつけよう!

この日は月曜日だったが、運動会の振り替え休日で小学生の子供もタチウオに挑戦していた。お父さんがお土産を確保していく中、小学生には多少ゴツイ感じのタックルの操作に苦労をしているようだったが、既にタチウオ釣りは3回目との事。見る見るうちにタチウオを釣り上げて行った。

お父さんも順調にキャッチ!
釣り座に偏ることなくアタっていた!
ジグでもサイズアップ!
雨で釣りにくい中、釣れれば自然と笑みがこぼれる
タチウオはコンスタントに釣れ続いた!
食い逃げされたテンヤと予備。アタリがあっても乗らない事がしばしばあれば、手返しが釣果に直結する

良型がコンスタントに交じり出す!

タチウオはいつ見てもピカピカで綺麗な魚体だ!

船はポイントを少しずらし、最初の場所よりもやや深い水深90m前後を流していた。時計を見ると8時30分。アタリの方はやや落ち着いてきた感じであったが、ポツポツながら竿は曲がっていた。こうなると雨も手伝いダラダラしがちになるのだが、また食いが良くなってきた。アタリが出るとモチベーションも回復、釣りへの集中力も維持できるというものだ。雨足は強くなる一方だったが、良型もコンスタントに交じり出した。

中々のサイズ。ジグでヒット!
まだまだこれから!狙うはドラゴン級!
こちらも良いサイズだ!

アタリの多さを実感!

ジグでもコンスタントに釣れていた

ここで私も竿を出した。私の釣り座は左舷胴の間、船長の真横だ。実はこの釣り座、小路船長が操船するのにキーとなる釣り座という事で、上乗り役の芝船長がずっとテンヤを垂らしていた。その時船長がテンヤのタナを65mで指示していたのが耳に残り、70m前後を中心に時には80m位から50m位まで誘いを入れていく中、自然と65m付近でアタリが集中した。そして最近の傾向では早合わせの方が良いらしく、私は小さいアタリを見逃して“本アタリ”を取ろうとしていたのだが、小路船長は、「今ので合わせた方が良いですね」とアドバイス。そんなこんなで5匹のタチウオをキャッチ出来たのだが、慣れた人なら同じ時間で倍はキャッチ出来ただろう。これ位アタリが続いてくれれば、中々テンヤに乗らない意地も手伝って楽しさ倍増だ。勿論、船長は私の道糸を見ながら操船しているので、私のテンヤは常に垂直に落ちていた。

今日は上乗り役の芝船長。所狭しと動いていた
ロッドホルダーは椅子の横に設置されている
屋根付きなのである程度の雨はしのげる

ドラゴン級登場!

芝博行船長(左)と小路拓弥船長(右)

「良型ヒット!」の声にそちらへ向かうと、子供連れのお父さんの竿が曲がっていた。海面を割って上がって来たタチウオは一目で分かる“ドラゴン級”。計測すると125cm、“ドラゴン”認定だ。仕掛けを回収しようと早巻きしたら当たって来たとの事。ドラゴン級は当然遊泳力が大きい。そうした魚だけが追っかけられるスピードで仕掛けを巻いて来た結果か…?隣の人が同じパターンでドラゴン級をキャッチしていた事から、ある程度数が釣れたらそんな感覚でドラゴン級に的を絞った誘い方をしても良いかも知れない。

終盤でドラゴンの登場だ!
次回はドラゴンをゲットします!
ドラゴンに一歩及ばずだが、良いタチウオだ!
こちらもドラゴン!早巻きで来た!
レジャー施設が数ある天保山エリア。『ヤザワ渡船』もその一角にある
天保山は日本一低い山だ!

(釣りビジョンAPC・小川泰史)

今回利用した釣船
大阪府大阪北港『ヤザワ渡船』
〒552-0014 大阪府大阪市港区八幡屋1-9-24
TEL:06-6573-7712
定休日:なし
詳細情報(釣りビジョン)
ヤザワ渡船ホームページ
出船データ
(料金)
渡船:大人・高校生1,700~2,000円・中学生1,400円・小学生900円
釣り船:大人7,000円、女性・子供6,500円
詳細は船宿のHP参照
(交通)
阪神高速16号大阪湾線・九条もしくは天保山ICすぐ
大阪市営地下鉄中央線「朝潮橋」駅より徒歩5分
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。