深川 吉野屋・東京都深川「シーバス&イナダ!!東京湾奥のジギング・ルアー!」オフショアマガジン|釣りビジョン

釣りビジョン
ON AIR

深川 吉野屋・東京都深川

2017.12.01号

シーバス&イナダ!!東京湾奥のジギング・ルアー!

今シーズンも東京湾奥部のジギング・ルアーが熱くなってきた。定番のシーバスにブリの若魚・イナダも好調に釣れているとの情報に11月24日、東京・深川『深川 吉野屋』へ出掛けた。

乗合船2隻準備!

集合時間の午前6時前に到着。既に待合所前には数台の車が来ており、多くの釣り人が集まっていた。周りは住宅街なので、静かに荷物を降し、受け付けを済ませた。これから電車利用の釣り人も来る、この日は2隻出船との事。乗船した「第7吉野丸」は右舷10人、左舷8人の計18人、定刻の午前7時に離岸、運河の中はゆっくりとクルージング気分だが、海に出るとスピードアップ、高橋郷船長は船を千葉方面に向けた。

『吉野屋』乗船場 暖簾が粋です
受け付け風景。カウンターの下にはジグが並ぶ
本日指南役 高橋郷船長

まずはシーバスの出番!!

船中1号

午前8時、東京湾の最奥部、千葉県・浦安沖に到着し、僚船と合流。ベタ凪の海面を眺めるとボイル発見。水深8mで即スタート!一斉にジグとルアーがボイルに向かって飛んで行った。直ぐにアタリだ!ジギングでシーバスが連発、船長がタモを持って船中を走る。綺麗な魚体のセイゴクラスが次々とキャッチされるが、掛りが浅いのかバラシも多い、水面でバレるとジグが空中に舞い上がり危険だ。船長から「取り込みはラインを持って下さい」とアナウンス。それ程のラッシュが1時間程度続いた。

同型連続ヒット
横並びで3連発
綺麗な魚体

待ち伏せ作戦成功!イナダ登場!!

ブリの若魚・イナダ君登場

午前9時頃、船橋沖に移動した。「ベイトのボイルを見つけて、接近すると消える」。この繰り返しが続き、魚の移動が速い。ベイトサイズも6~7cmと小さい。
すると9時30分過ぎに岸舷側にトリヤマが出た。船長は同じ流れに船を廻し、エンジンを切って「待ち伏せ」作戦だ。これが的中、10分後から左舷側でイナダの連発が始まった。シーバスとは違う竿の撓り。アタリが一休みすると、船を入れ替え「待ち伏せ」。今度は右舷側が連発。10時まではイナダの引きを楽しめた。再び浦安沖に移動。トリヤマが見えて、船の下をベイトの大群が通り向けて行くがヒット無し。ベイトを追っているのは何であろうか?正体分からず残念だったが、今度は羽田沖を目指した。

パワー有ります
ウェアと同色のジグでゲット
ダブルヒットでサムアップ!
【動画】浅場で猛烈なファイト!シーバス・イナダゲーム

シャローでサイズアップ、69cmも登場!

仕掛け図

11時頃、羽田沖で再スタート。水深8m。千葉側より潮色が少し濁っているようだ。羽田空港に近いポイントで、「シーバスの大型の実績のある場所」と船長。ベイトも鳥も見えないが、やはりデータ通り、暫くするとヒット。強い引き込みで67cmのグッドサイズのシーバスだ。これを皮切りにイナダも釣れ出した。頭上から旅客機轟音が聞こえる、こんな湾奥でイナダが釣れるのにはビックリだ。12時10分過ぎには67.5cmのシーバスが登場!このポイントではシーバスのサイズアップ、そしてイナダの群れに当たると連発という状況だった。13時20分には、この日最大の69cmのシーバスも上がった。しかし、依然としてバラシも多かった。海水温が下がり切る前(当日16℃)は、バラシが続くと、シーバスもイナダも群れが散らばってしまう。「それではリリースは出来ないか?」などと考えている内に、定刻15時終了となった。
船中シーバス19匹(最大69cm、60cmクラス3匹)、イナダ23匹。竿頭はシーバス6匹、イナダ2匹の釣果だった。バラシはほぼ同数と思われる。

ビッグ3の1
その2
その3

“当たりルアー”を竿頭に聞く

1.当日船上にて

竿頭の使用ルアーは「1.「スピンテール系」29g、遠投着底後の底付近のリフト&ホール。2.「テッパン系」24gの底付近タダ巻きの2タイプだった。シーバスはやはり底付近。イナダはやや上でヒットした」そうである。

その2.ベイトを見て下さい
その3.ルアーも用意されている
その4.これが「テッパン系24g」

船長に聞く!

「朝一はトリヤマ・ボイルを探して千葉方面へ行ったが、逃げ足が速かったですね。ベイトは多いので、スイッチが入ればヒットは多くなるはず。羽田沖は実績で狙いました。食い込みが浅かったようでバラシが多く残念。現状は浅場なのでジグの重さは40~60g中心。水温が下がり深場に集まってきたら80g位まで使います。ジグの色は特に拘らなくても良いと思う。ウチでも販売していますから相談して下さい。3月までは楽しめますよ」との事。
湾奥なので風や波を殆ど感じない。アクセス良好、都心で手軽にビッグファイトが楽しめるシーバス・イナダ。あのボイルは堪らない。これからが本番ですよ。

(釣りビジョンAPC・野口壮一)

今回利用した釣船
東京都深川『深川 吉野屋』
〒135-0042 東京都江東区木場6-15-11
TEL:03-3644-3562
定休日:毎週火曜日(祝日の場合営業)
詳細情報(釣りビジョン)
深川 吉野屋ホームページ
出船データ
シーバスルアー船乗合
料金:9,500円(氷付き)女性・高校生7,500円 中学生以下5,000円
時間:6時集合 7時出船 15時沖上がり
無料駐車場あり
釣船予約バナー
釣りビジョン ライター(APC)募集!
ページトップ