よしえ丸・千葉県大原港「千葉県・大原沖の“寒ビラメ”、肉厚良型が絶好釣!!」オフショアマガジン|釣りビジョン

釣りビジョン
スカパー!加入ガイド:釣りビジョン

よしえ丸・千葉県大原港

2018.01.01号

千葉県・大原沖の“寒ビラメ”、肉厚良型が絶好釣!!

千葉県・大原のヒラメ釣りは2度盛り上がる。一つは活きイワシ釣りがスタートする“解禁”のタイミング。そしてもう一つは、大型の個体が南下してくる“イワシ到来”のタイミングである。「ようやく大原沖にイワシが入って来た」との情報をキャッチ、大原港『よしえ丸』へ出掛けた。

大型船に釣り人3人の“大名釣り”!

この時期の集合時間は午前5時。気温は車の温度計で0度を指していた。港ではドラム缶に火が焚かれ、釣り人たちの息は一様に白い。エンジンに火が入り、ライトを灯したデッキに乗り込むと、ミヨシ(船首)部分は足元が凍っていた。年末の平日、この日の乗船者は私を入れて3人。しかも同船の小島永也さん・弘美さんご夫妻(北区)の仕掛けは大きな太軸のハリが結ばれた大物仕様だ。「これは面白い釣りになりそうだ」。そんな予感に包まれながら「よしえ丸」は滞りなく出船した。

船着場の突堤の入り口にある看板
看板付近に車を停め、船まで歩いて1分弱
突堤の左側に「よしえ丸」は係留されている
エサの活きイワシが搬入された
整頓され広々としたデッキ
夜明け前、準備が整い次第出船

出船間もなく、色濃い反応を発見!

港前に有望なイワシの反応が!

出船から僅か10分程。不意に船が減速したのでキャビンから出てみると、暗い海に船団が出来ていた。「イワシの反応がある」と船長が指す魚群探知機を見てビックリ。水深12mの海底から中層まで反応で真っ赤だ。やがて船団の灯火に誘われてか、反応は更に上ずり、色濃くなって行く。海面を見ればイワシと思しき魚影と、その下に時折閃く大型魚の腹が夜目にもはっきりと目視出来た。この時点で5時40分。規定の竿入れ時間である6時まで“パブロフの犬”の気分を味わいながら“相対性理論”の論文が書けるほど長い20分間をジリジリと待った。
6時ジャスト、待望の船長のアナウンスがあり、期待の第1投。着底、タナ取りをして1分も経たないうちに、船中最初の魚が小島さんの竿を引き絞った。取り込まれたのは2kg超えの良型ヒラメ。間もなく奥さんの弘美さんもグッドサイズを釣り上げた。イワシと共に南下してきた“渡り”のヒラメか。暴れて10cm程のシコイワシ(カタクチイワシ)を吐いた。しばしば血気盛んなイナダも交じりながら、餌のイワシ1尾につき釣果1尾のパーフェクトな釣りが、冬の遅い夜明けまで繰り広げられた。

竿入れから2kg超えの良型!
間もなく奥さんにも肉厚なヒラメが!
魚信が途切れない朝のラッシュアワー
【動画】イワシの群れがイイ感じ!ヒラメ釣り

船長に訊く、ヒラメ釣りの“コツ”

タナは必ずしも底ではない

船長の読み通り、イワシの群れは日の出と共に霧散した。途端に現実に引き戻され、海上を渡る風の冷たさに気付いたが、丁度そのタイミングで船長がコーヒーを煎れてくれた。凍りそうな鼻で湯気を吸い込み、一息つく。
ここで田中等船長に訊いたヒラメ釣りのコツを紹介しよう。「置き竿にしないことですね。水深は変わっていくから、小まめにタナを取り直して、イワシが居るときは多少上のタナを狙ってみると良いでしょう」とのこと。この日は水深12m前後の釣り場でも底から3m程上げて釣っていた。「ヒラメは基本的に海底に居るとしても、眼は上を向いているので、底を引きずっていても食わない」(船長)。言われてみれば当然なのだが、アタリが少ないとついついタナを下げてしまうのが人情だ。船中で自分だけアタリのない時や、根掛かりが多い時に思い出したい。

イワシのハリ付けは桶の中で手早く
40号から80号のオモリを持参した
仕掛け図

今年より解禁“港前の浅場”へチェックイン!

朝の入れ食いでヒラメが幾重にも

「大きいのが見たいですよね」と、船長は更に岸よりの釣り場へ舳先を向けた。ここでも2kg前後の良型が流し毎に上がり、冬場の釣りとしては全く文句のない釣れっぷりなのだが、船長は更に堤防寄り、水深7、8mのポイントへと船を進めた。小生も払い出しの舷で竿を出してみると、底質は概ね砂利で、その中にポツポツと“つぶ根”があるようだ。ライトタックル(LT)で攻略すると、イワシの逃げる方向や、アタリが出る前にヒラメが餌を口にした重みの変化まで楽しめる。聞くところによると、今年から遊漁船に解禁されたこのエリア。「意外とね、浅場の方が型の良いのが居るんだ」と言う船長の言葉通り、この日の最大魚となる筋肉質なヒラメが釣り上げられ、“大漁”の心地よい疲労感を味わいながら沖上がりの時間を迎えた。

大物を求め、更に浅場のポイントへ
早速アタリ、獲物が竿を絞り込む
またも良型、通常なら巻頭写真だが…
船は更に岸寄りの岩礁帯へ…
遂に出た、マッチョな良型!
好釣果に感謝して“ソゲ”を海へ帰す

大原の“寒ビラメ”、本格シーズンはこれから!

親切で知識豊富な田中船長

「出だしはそんなに良くなかった」と今シーズンを振り返る田中船長。ところが、イワシの到来を機に爆発的な釣果を叩き出したこの日。「今日は特別大きいのは上がらなかったけど、これから海水温が低下して、イワシがどんどん大原沖に入ってくると、型も期待できる」(船長)と、今後がますます楽しみだ。イワシに着く肉厚で脂が乗った“渡りビラメ”の数釣りは勿論、自己記録を塗り替える“大判”を手にしたいあなたも今がチャンス。今回ドンピシャな釣りの運びを見せてくれた『よしえ丸』は新年5日(金)が“仕事始め”とのこと。2018年の初釣りは大原のスリリングな浅場の釣りと、刺し身や昆布〆にピッタリな“寒ビラメ”の奥深い味わいを是非ともお楽しみ頂きたい。

「重いぃ~」良型12匹で竿頭の小島さん
奥さんの弘美さんも大健闘の5匹!
2kg前後を17匹、フタ閉まりますか?

(釣りビジョンAPC・川添法臣)

今回利用した釣船
千葉県大原港『よしえ丸』
〒298-0004 千葉県いすみ市大原10092-5
TEL:090-7823-0324
定休日:第1・3月曜日
詳細情報(釣りビジョン)
よしえ丸ホームページ
出船データ
ヒラメ予約乗合(※ショウサイフグとのリレーもあり)
料金:1万2,000円(活きイワシ・氷・軽食付き)
出船:午前5時集合 準備が整い次第出船
釣船予約バナー
釣りビジョン ライター(APC)募集!
ページトップ