浅八丸・神奈川県平塚港「相模湾・平塚沖で“中深場”の高級魚をLTタックルで狙う!」オフショアマガジン|釣りビジョン

釣りビジョン
ON AIR

浅八丸・神奈川県平塚港

2018.02.01号

相模湾・平塚沖で“中深場”の高級魚をLTタックルで狙う!

欧米へ出掛けた時「アイスコーヒーはないか?」と店で聞くと一様にいぶかしがられる。「それはコーヒー味のアイスか?」と言うような感じだ。ホットこそコーヒーと言う彼らにとって冷たいコーヒーなどあり得ないのだ。同様の違和感を「ライト中深場釣り」に感じる。ライトと深場というおよそ相反する言葉が一緒になり得るのだろうか?その「ライト中深場“五目”」をメインターゲットの一つに掲げる平塚港『浅八丸』に出掛けた。

ライトと深場の共存を実現!

遠くからでもすぐ分かる大きな『浅八丸』の看板

今回のターゲットはキンメダイ、クロムツ、シロムツ等の、漆黒の世界でほんのわずかな光をも吸収するために特大の目を持った魚たち。10~20本バリと2kg近いオモリを使って東京タワーの高さよりも深い400m以上の水深で釣る。中々ハードルが高くて手が出せなかった人も多いかと思う。しかし、これが150号のオモリで出来るとなったらどうだろう?普段のビシアジのタックルでも対応可能となれば一気にハードルが下がるだろう。

湘南大橋の袂を目指せば間違えない
駐車場は船宿前。荷物の運搬にも便利
広々とした待合所。朝ごはんで腹ごしらえ

“濁り潮”が魚を浅場に上げる

寒い朝にうれしいお茶とコーヒーのサービス

何故オモリを150号と軽く出来るのだろうか?それは冬から春にかけてもたらされる“濁り潮”が魚を浅場に上げてくるからだ。“深海魚”たちには好きな明るさがあるのだろう。濁り潮が普段よりも周りを暗くすることで、水深200m台が好ましい明るさとなるようだ。春にかけてより濁りが入れば更に浅くなる。この水深なら道糸をPE4号程度まで細くする事で150号のオモリでも十分対応可能になる。この重さが「Light」かは議論の余地はあるが、少なくとも深場にしては「Lighter」である事は間違いないだろう。

受け付けで釣り座を確保
続いて会計と最新情報を入手
夏場はキハダマグロで有名な『浅八丸』

狙う水深は200~270m!

『浅八丸』がある平塚港は、沖に少し出ればすぐに水深200mオーバー。急深な地形の相模湾にはこれら“中深場”のターゲットの好釣り場が数多くある。この日の最初のポイントは平塚港から15分程の水深200m前後。太陽の上昇と共に少しずつ深くなるが、それでも水深270m程までだ。定刻の午前7時に石井信幸船長操船で14人を乗せて出船した。

仕掛けは船宿でも購入可能
船の釣り座にはマグネットと餌のサバの切り身が用意されている
自作仕掛けの釣り人も
仕掛け図
仕掛け図

仕掛けの投入は船長の指示を厳守!

マグネット板に綺麗に仕掛けを並べる

ライトで攻める“中深場”釣りとは言え、水深は200mを超える。オマツリを防ぐためにも仕掛けの投入には十分に注意が必要。百戦錬磨の船長がその日の潮の状況を判断して的確な指示をしてくれるのでアナウンスをしっかり聞こう。潮の流れが速い時等は流し途中での仕掛けの再投入を禁止されることもある。この日は潮の流れが緩やかだったので細かな注意は不要だった。

赤く染色したイカ餌を持ち込む人もいる
綺麗な朝焼けに癒される
ライジングサン!

白(シロムツ)対赤(キンメダイ)で運動会のよう

初の“中深場”釣りの第1投でメダイとシロムツをゲット

第1投は午前7時15分。辺りがまだ暗い朝方にアタリが集中することも多々あるので、朝一は特に集中したい。この日も第1投から魚信が訪れた。最初は白(シロムツ=和名・ワキヤハタ)が優勢。シロムツは水圧の変化に弱いので、巻き上げ途中に静かになるのですぐ分かる。これに対してキンメダイは水圧の変化に強いので最後まで強い引きをする。シロムツに交じってメダイも顔を出す。中々最初のキンメダイが顔を出さないので心配したが、中盤からは赤(キンメダイ)が盛り返す。“白組対赤組”で、さながら運動会のようだ。これらの魚は群れでおり、1匹掛かると船中でアタリが連発する。流すポイントによって魚が異なるのも面白い。

朝一はシロムツが優勢
シロムツの一荷
船中でコンスタントに顔を出しました
【動画】狙うは高級魚!中深場五目釣り

中盤は「黒いダイヤ」クロムツが

シロムツもキンメダイも朝一の流しの後は沈黙。次に来た群れは黒(クロムツ)。脂のたっぷり乗ったその美味さと希少さが相まって「黒いダイヤ」とも言われる。そんなクロムツが3匹一緒に釣れてくるという夢のような流しもあった。クロムツもキンメダイ同様に最後まで強い引きを見せるのでやり取りが楽しい。しかし、中盤以降は潮が完全に止まってしまい、ポツポツとしか上がらなくなってしまった。

白と赤の一荷
こちらでも
メダイとキンメダイ
キンメダイの一荷もありました
3点掛け。キンメダイが盛り返してきた
釣れたてのキンメダイはお腹が白い

サイズ狙うも不発に終わってしまった…

潮が流れないので船長もポイントの移動を決心。ここ数日30cmを超える良型のキンメダイが数多く釣れた場所。同様の釣りを期待したが、ここも潮はいたって静か。中盤以降は潮の流れなさに苦戦、結局このポイントでも狙いのキンメダイではなくクロムツとメダイを船中で何匹か追加してこの日は終了となった。

小型ながらもクロムツが来た
中盤はクロムツ優勢
「黒いダイヤ」と呼ばれるクロムツ
小型ながらも“本命”ゲット
一荷でも来ました
ジギングにも来ました

2月、3月の最盛期に向けて視界良好

この日は、残念ながら小型主体で最近の中では低調だったが、今シーズンは開幕直後から好調な日が続いている。この日も魚群探知機には底付近にハッキリと濁りを確認できた。今後春の潮がより多くの濁りを運んできて2月、3月と“中深場”の五目釣りは最盛期を迎える。今後釣果が高値安定となっていくのは間違いなさそうだ。

クロムツです
カラフルなスロージギング用のジグ
大型船の「第二浅八丸」でゆったりと釣りができる
頼もしい石井信幸船長。オマツリほどきもお手の物
底には濁りがはっきりと見える
休・祭日は併設の食堂で沖上がり後に食事も出来る。海鮮がお勧め

(釣りビジョンAPC・丸岡直樹)

今回利用した釣船
神奈川県平塚港『浅八丸』
〒254-0803 神奈川県平塚市千石河岸57-13
TEL:0463-21-0904
定休日:原則として第2・4・5火曜日
詳細情報(釣りビジョン)
浅八丸ホームページ
出船データ
中深場五目乗合船
料金:9,500円 女性、大、高校生:6,000円(サバ餌付き)
集合:午前6時
出船:午前7時 沖上がり:午後2時
レンタルタックル有り(要電話確認)
釣船予約バナー
釣りビジョン ライター(APC)募集!
ページトップ