信栄丸・千葉県乙浜港

2018.2.15号

千葉県・白浜沖のヤリイカ、ノリノリの大乱舞!!

03_main.jpg

冬から春にかけてイカフリークの心を鷲掴みにするヤリイカ。特に千葉県・南房の白浜沖は数もサイズも狙える超A級ポイント。最新の釣況を見ると連日50~100杯とコンスタントに数が出ている。白浜沖のヤリイカを得意とする乙浜港『信栄丸』に3日の“節分”に出掛けた。

白浜沖は大・中・小のヤリイカが交じる好釣り場

この日乗船した「第7信栄丸」

初冬から始まるヤリイカシーズン。まずは比較的小型の卵を持ったメスが回遊して来る。続いて大型の「パラソル」と呼ばれるオスがメスを追い掛けて入って来る。白浜沖は大・中・小のヤリイカが交じるA級ポイントとして、GW頃の産卵期までロングランで楽しめる。『信栄丸』はヤリイカ釣りに精通した船宿で、行き届いたサービスでも人気が高い。
館山自動車道の終点、富浦ICから30分程。北条バイパスを南に進み、一車線になってすぐに左に現れるコンビニがある交差点を左折すると近道になる。道中コンビニはここが最後だ。集合は午前5時半。東京・多摩地区の自宅を午前3時に出発して5時過ぎには港に到着した。

駐車場は船の目の前
釣り座はクジ引き。船には安全上それまで乗れない
釣り座にはクッションが置かれている

至れり尽くせりのサービスにほっこり

イカを入れる桶や投入器が標準セット

この日は満員御礼の10人。「10人?船は10人の大きさじゃないぞ?」。そして釣り座は抽選。安田仁船長に聞いてみると、「お客さんにとって釣りはあくまで遊び。うちのコンセプトはゆったりと楽しく!釣り座を取るために早く来るなんてバカバカしい。朝も早いし安全に来てほしい。平等に抽選で良いじゃない」と豪快に笑った。成程、ここまで釣り人を楽しまそうと考えてくれるのは本当に嬉しい。抽選で決まった釣り座で準備をしていると女将さんが登場。淹れ立てのコーヒーを配ってくれる。ほっこり話にとどめの名実共の暖かさを注入していざ出船。

電動リールの電源が全席にある
釣り座はくじ引き
朝一のコーヒーのサービスにほっこり

朝一番はアジラッシュ!

仕掛け図

この日の釣り場は航程15分程の通称“ガンコヤマ“。この日は水深130~200m付近を狙った。スタートは160m。投入早々にミヨシ(船首)の恩田悟さんに動きが。すぐさまカメラ片手に駆けつけるも、ヤリイカに足繁く通う恩田さんは渋い表情。「これ魚ですね」。しかし、ヤリイカの定番“外道”のサバとは少し違うとのこと。上がって来たのは良型アジ。ここから船中でアジ、サバラッシュ。嬉しい“外道”ではあるのだが…。魚群探知機に映る反応では魚もいるがイカらしき反応もあるとの事。うまく交わせばイカも釣れるはず。試行錯誤の30分。やっと右舷胴の間(中央)の飛鳥正行さんにアジと一緒に“本命”が勢いよく水を吐いて上がって来た。

イカ用ロッドに3000番程度の電動リールの組み合わせ
ベテランさんは自作の仕掛けを持ち込み
朝一はアジからスタート

いよいよヤリイカのノリノリダンス開演

この日最初のヤリイカ

アジ、サバの猛攻でポイント移動。これが当たった。次に選んだポイントではいきなりのゴング。右に左にとヤリイカが上がり始めた。カメラ片手に右往左往。嬉しい悲鳴だ。しかもこのポイントでは「パラソル」サイズのオスが主体。メスを探し回っているオスの群れに当たったのか?1杯かかった後にそのまま置いておくと2杯、3杯と追い乗りして多点掛けラッシュ。 たちまち桶がヤリイカで埋まっていった。

続いて恩田さんにもヤリイカが!
スルメイカとヤリイカの共演
メスのヤリイカです
一荷(2杯)でゲット
こちらでも一荷2
こちらでも一荷3

夢のような前半から一転。中盤は失速

良型のヤリイカ

この日のヤリイカは“やる気”があると判断した船長がここでアドバイス。「底まで落としたらゆっくりと大きく誘ってくださいね!誘った後にイカに乗る間を与えるのが重要ですから、必ず少し止めてください。もしもアタリが無いようなら、少し上げて上から落とし込んであげると乗ることが多いですよ」。このアドバイスで益々船中ヒートアップ。次から次へと夢のような時間が流れた。「この勢いならばトップが束(100杯)を超えるのでは?」と言う流れだったが、中盤に差し掛かると急失速。「ヤリイカ釣りあるある」だが、何かをきっかけに反応は出ているのにピタッとアタリが止まる事がある。

綺麗なヤリイカ
4点掛けです
竿先集中!

驚きの8点掛け

「パラソル」サイズです

しかし、この日のヤリイカはそれでは終わらなかった。乗りのいい反応を求めて頻繁にポイントを移動していた午前10時過ぎ。再びヤリイカが踊りたくなったようだ。今度は小型のメスが主体。次から次にいわゆる“入れ乗り”。この時期のメスは卵を持っているために、味の方も絶品で非常に人気が高い。これを専門に釣ろうとする人もいるほどだ。ここで船首の恩田さんに異変発生。メスばかりで繊細なアタリを取っていたところにドカーン。かなりの重量感。硬いはずのロッドが大きくしなっている。恩田さんも「今日一番の重さ。結構大きそう」との事。上がったのはなんと「パラソル」ばかりの8点掛けの完全制覇。どうやらメスを追い求めて入って来たオスの群れを一網打尽したようだ。

こちらでも一荷
オスとメスがセットで
夢の8点掛け完全制覇

GW明けのLTイサキ開幕までロングランで楽しめる

ヤリイカで桶が埋まる

この後もメス主体だったが、“入れ乗り”が続いたまま後ろ髪を引かれる思いで納竿。スタートダッシュそのままに飛鳥さんが58杯を釣り上げてトップ。しかも皆が20杯以上を釣り上げていた。これからメスのサイズが大きくなり、そして「パラソル」サイズのオスが回遊してきて白浜沖は最盛期を迎える。既に連日コンスタントに50杯以上は上がっている状況を考えると今後の展望は明るい。『信栄丸』ではLT(ライトタックル)イサキが始まるGW明けまでヤリイカをロングランで楽しませてくれる。
因みにLTイサキは40号のオモリで狙うジャンボイサキ。『信栄丸』は南房では最初にLT釣法を始めた船宿。オモリが軽いのでやり取りも最高に楽しい。こちらも大いに楽しみだ。

港の前に船宿があります
船から上がってお茶を飲みながらの反省会
ヤリイカ釣りの事なら何でも聞いて。安田仁船長

(釣りビジョンAPC・丸岡直樹)

今回利用した釣船
千葉県乙浜港『信栄丸』
〒295-0101 千葉県南房総市白浜町乙浜1299-3
TEL:0470-38-2427
定休日:第2・4水曜日
詳細情報(釣りビジョン)
信栄丸ホームページ
出船データ
ヤリイカ予約乗合
乗合料金:1万円(氷付き)※投入器常備
集合時間:午前5時30分
定 休 日:毎月第2・4水曜日
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。