鶴丸・静岡県田子の浦港

2018.3.1号

駿河湾、夜釣りのタチウオ、今シーズンはまだまだ好調!

04_main.jpg

“立春”もとうに過ぎ、暦の上では春だが、まだまだ真冬の寒さの中、駿河湾でタチウオが好調と聞いて2月17日(土)、静岡県・田子の浦港『鶴丸』の夜釣りのタチウオ船に乗った。

別名は、“幽霊”!?

魚群探知機に突然現れてはすぐ消えてしまう神出鬼没な様から“幽霊”の異名を持つタチウオ。しかし、夜になると浅場に上がって来るため比較的釣り易くなる。「縦に泳ぐ」泳ぎ方は独特で、その強い引きも魅力的な魚である。そして、駿河湾のタチウオは味が良い事でも知られファンも多い。そのタチウオを『鶴丸』では、テンビン餌釣り、ジギング、テンヤ釣りと、様々な釣り方で狙うことができる。

田子の浦港から望む富士山
港降り口
停泊中の「鶴丸」

集合時間を1時間遅らせる

この日は、「日中はシケだが夜には風が弱まる」という天気予報。午後7時集合予定だったが、船長から「風が弱まるのが遅れそうだから集合を1時間ほど遅らせる」との連絡が入った。出船場所は、漁協食堂の対岸(南)の船着場で一番奥から3番目が「鶴丸」だ。早めに到着して港で待っていると、午後8時頃港に続々と釣り人が集まって来た。

船着場の前が駐車場
乗船したら乗船名簿に記名
準備風景
餌釣りタックル
ジギング、テンヤタックル
水中ランプ
餌は、サンマの切り身
タコベイトで集魚
市販の着色餌で

総員11人で出船

この日の初獲物

午後8時20分、右舷6人、左舷5人で出船した。最近は、沼津側のポイントが好調とのこと。「今日は、海が悪く、田子の浦港の船で夜出るのはウチだけ」と船長。沼津の仲間の船は、数隻出ているそうだ。40分ほどで釣り場に到着。風は、予報通り落ちていたが、思ったよりウネリが高い。「じゃあ、始めてください。20~50mの間。はい、どうぞ!」と船長からアナウンス。
ルアーにテンヤにテンビンと、各自思い思いの仕掛けを一斉に投入した。20分程で左舷トモ(船尾)側の餌釣りの人に初獲物がヒット。タナは35mとのこと。暫くすると、ポツポツだがルアーやテンヤにもヒットして来た。しかし、ウネリのせいか、全般に食いは渋い。アタリがあってもヒットまで持ち込めないことも多いようだ。ジギングよりも一定のレンジでスローに誘えるテンヤに分があった。

テンヤでゲット
ジギングでも
定番カラーのパープル
餌釣りでも
着々と
今度はピンク
タコベイト効果?
やった
魚探

船長からのアドバイス

仕掛け図

竿は手持ちがお勧め。特にライトタックル(LT)は、短い竿で誘って釣るので、指示されたタナのレンジで、誘いを入れながら巻き上げる。「食いが渋い時は、前アタリがあったら、止めずにゆっくり巻いて食い込ませるのがポイント」と船長からのアドバイス。

ゲストのスミヤキ
ゲストのスルメイカ
テンヤでまたまた
指4本
テンヤできた
取った

前週には70匹超えの“爆釣”も!

「先日は40匹以上釣ったけど、今日は、渋くて触るには触るけど、ショートバイトばかりで、乗るアタリが出ない」と言いながらも渋いアタリを捉えコンスタントに釣り上げ、この日の竿頭になった常連の三浦直史さん。釣る人は釣るものだ。釣り方を見ていると2、3回ゆっくりと誘いを入れてステイ。ステイは、かなり長くとっているようだ。前アタリがあったら、ゆっくり聞き上げ、食い込みを待つ。合わせは電動も併用し一気に合わせていた。
出船が遅れた分、終わりも遅めの午前1時30分の沖上がりとなった。結果は、2~14匹、サイズは指2本~4本半。いつもは富士川沖を中心に狙っているが、今シーズンは、沼津方面が好調のようだ。例年、タチウオは、この時期になると、厳しくなってくるが、今年は、釣れ続いている。この日は、ウネリの影響もあって渋かったが、先週は70匹超えの“爆釣”も記録されている。「今年は、まだまだ期待できる」と船長。

銀色に光輝くクーラー
帰りに氷を詰める
鶴牧謙二船長

(釣りビジョンAPC・金井直行)

今回利用した釣船
静岡県田子の浦港『鶴丸』
〒419-0201 静岡県富士市厚原894-11
TEL:090-1629-3680
詳細情報(釣りビジョン)
鶴丸ホームページ
出船データ
電話にて予約
料金:10,000円(氷付き)
レンタル料 手巻き:1,000円 電動リール:2,000円 その他要相談
集合:午後6時 時間は天候により変動するので要確認
電子レンジ、電気ポットあり
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。