新修丸・神奈川県金沢八景「 東京湾の浅場カサゴ、今シーズンは好スタート!」オフショアマガジン|釣りビジョン

釣りビジョン | 24時間365日釣り三昧! 釣り専門チャンネル

釣りビジョン
釣りビジョン11月のおススメ番組

新修丸・神奈川県金沢八景

2018.05.15号

東京湾の浅場カサゴ、今シーズンは好スタート!

東京湾のカサゴは、梅雨時から夏にかけて最盛期を迎える。ブルブルッという小気味良い引きと、数釣りが期待出来る事から手軽な癒しの釣り物として人気が高い。今シーズンは、ゴールデンウイーク前からトップ50匹超えの“爆釣”が続いていた。例年よりスタートが早く期待大!周年で乗合船を出し、カサゴに精通した金沢八景『新修丸』にGW真っ只中の子供の日に出掛けた。

金沢八景は電車でも行けて交通の便極上

『新修丸』受け付け

都心からのアクセスも良い金沢八景。出船時間も電車で来る釣り人が間に合うようになっている。『新修丸』は、平潟湾の夕照橋袂にある。京浜急行・金沢八景駅からは無料送迎バスも出ている。車の場合は船宿に立ち寄り釣り座を確保。それから200m程離れた場所にある駐車場に車を置きに行く。

夕照橋袂。野島町交差点が目印
受け付け入り口。閉まっている時は横の釣り座表で席を押さえる
受け付けが開くまではマグネットで釣り座を確保

GW真っ只中、満員御礼の人気ぶり

2隻の「新修丸」

『新修丸』は、カサゴとアカムツが2大看板。午前6時前に船宿に行くと既に多くの釣り人が。GWでもあり満船札止め。連日の好釣果も要因だろうが、カサゴ人気の高さを実感する。定刻の午前7時半、石田和也船長操船で出船した。

カサゴ船とアカムツ船の2大看板船
貸し竿も数多くあります
出船までの間待合室で談笑

タックルは非常に汎用性が高い

仕掛け図

カサゴ釣りはタックルの汎用性が高い。ここでは2m前後の先調子竿を推奨に挙げたが、そんなに拘らずに普段から使い慣れた竿で十分だ。但し、軟調子過ぎる竿は根掛かりの原因になるのでお勧め出来ない。リールは水深が深くても20m程度なので小型両軸リールでいい。

サバの切り身とハゼの幼魚ゴリが付けエサ
これからの季節は紫外線対策の日焼け止めは必須
私はショートロッドと手動両軸リールで挑んだ

仕掛けの予備は大袈裟なくらいに用意!

船宿推奨仕掛け。船でも購入可能

仕掛けも一般的な根魚用の胴突き仕掛け。オモリは20~30号を用意しておけば大丈夫。予備の仕掛けとオモリは大袈裟な位準備した方がいい。根回りを攻めるカサゴ釣り。極端に言えばオモリと魚を物々交換?と言うほど根掛かりが頻発する。むしろ、根掛かりしない人はカサゴが釣れないと考えていい。私は1時間超しか釣りをしなかったが、それでも3セットを使用した。終日釣りするならば最低10セットは欲しい。

棘が鋭いカサゴには魚バサミとプライヤーは必須
金沢八景と言えば『シーパラダイス』が目の前
岸からこの距離での釣りもある
【動画】小気味良い引き!カサゴ釣り

釣り方の基本は“底トントン”

釣り方としてよく言われるのは「底トントン」。常に底をとっているのでそう言われる。カサゴは海底の根回りに生息しているので仕掛けを底に落とさない事には始まらない。ただ、下に置いているだけでは、アッという間に根掛かり。仕掛けを上げ下げしながら根掛かりを防ぐのと、魚へのアピールを行う。基本的にカサゴは海底で上から落ちてくるものを見ているので、下に落として誘い上げた時に食いつくことが多い。またオモリで海底を叩く音も魚の好奇心を誘っているようだ。

船中1匹目
最初のポイントはアタリ連発
親子でフィッシング。子供の日ですね!
“本命”カサゴ。釣れる場所により色が若干変わる保護色
この大きな口で餌を丸呑み
なかなかサイズのカサゴが交じる

朝一のサービスタイムにブルブルッ!

この日のポイントは本牧沖。沖と言っても岸や防波堤からほんの数mの場所。この辺りのゴロタ石がカサゴの好む住処となっている。ブザー音が実釣開始の合図。朝のサービスタイム。ブルブルッ!とカサゴ特有のアタリが竿先を叩く。口の大きなカサゴ。しっかりと食い込ませると小刻みに竿先を叩く。そして数m上げると急に叩きがなくなり重量感に変わる。カサゴは海底でひとしきり暴れた後に浮かんでくると口と胸びれを大きく広げて上がってくる。まるで海面に咲く花のよう。カサゴ釣りの堪らない一瞬だ。ひとしきり船中で顔を見る。カサゴは1ヶ所に複数おり、1匹掛かると周りで“連チャン”という事が多い。

時に中、大型が交じるので油断禁物

桶がだんだんとカサゴで埋まっていく。小型メインの中で時折20cmを超える中型や25cm超の大型も交じるから油断禁物。カサゴは掛かった直後に根に潜ろうとする。ここで根に潜られてしまうと根掛かりで外すことが困難。集中して魚のアタリを聞く。カサゴは潮の流れに本当に敏感だ。朝の内はアタリが続いたが、潮止まりが近付くとパタリと止まった。同じ場所を何回か流しているのに全く釣れなくなる。魚がいないのでは?と言うほどアタリが無かった場所でも、潮がまた流れ出すと連発する。潮を読む事もこの釣りには必須のテクニックだ。

30cm近いジャンボカサゴが顔を出す

30cm近いジャンボカサゴ

アタリ減少に苦しんだ潮止まり。再び潮が上げ出すと魚がまた口を使い出した。船尾で釣りを楽しむ福島啓太さん。一緒に竿を出す原田優奈さんと抜きつ抜かれつのデットヒートでカサゴを釣っていく。そんな中で福島さんに一際大きな竿の撓り。30cmに迫ろうかと言うジャンボカサゴが上がった。

こちらもまずまずサイズ
このサイズだと引き味も抜群
バケツがカサゴで埋まる

今シーズンは、ロケットスタートに成功

その後もポツリポツリとアタリは続き、最終的にはトップ35匹。最近の釣果に比べると若干物足りなさを感じるが、平均でも20匹前後のカサゴが上がった。“満船札止め”の状況を考えるとトップの数が多少減ってしまうのは致し方ない。船中総数ではかなりの数。例年なら、この時期はまだそんなに数は上がらない。しかし、今シーズンは既に梅雨時の様な激熱ぶり。それだけ魚影が濃いと言う事だろう。今シーズン、東京湾カサゴはロケットスタートに成功!!これから夏に向け、海水温上昇と共にカサゴが浅場で数が出るようになってくる。この分ならロングランで数釣りが楽しめそうだ。

港そばの野島公園では潮干狩り真っ最中
沖上がり後に手とタックルを水洗い
カサゴのスペシャリスト石田和也船長

(釣りビジョンAPC・丸岡直樹)

今回利用した釣船
神奈川県金沢八景『 新修丸』
〒 236-0025神奈川県横浜市金沢区野島町10
TEL: 045-784-2636
定休日: 毎週木曜日
詳細情報(釣りビジョン)
新修丸ホームページ
出船データ
カサゴ乗合船
出船時間:7時30分~14時30分沖上がり
乗船料金:8,000円(氷、餌付き)※女性・中学生以下も割引有り
レンタルタックル:500円 駐車料金:500円 氷追加:100円
釣船予約バナー
釣りビジョン ライター(APC)募集!
ページトップ