広布号・千葉県大原港「 千葉県・大原沖、ルアー“青物”、まだまだ大物回遊中!」オフショアマガジン|釣りビジョン

釣りビジョン
スカパー!加入ガイド:釣りビジョン

広布号・千葉県大原港

2018.06.01号

千葉県・大原沖、ルアー“青物”、まだまだ大物回遊中!

現在登録されているヒラマサの世界記録は170cm・49.5kg。この魚、実は千葉県・大原沖で上がっている。今期はスロースタートの模様を見せた千葉県・外房のルアー“青物”。それがようやく数・型ともに嬉しい知らせが届き始めた。そんな大原沖に「大物の気配アリ」との情報を聞き付け、大原港『広布号』から出船した。

連日トップに大物が…!?

「広布号」は、大原漁港にある大原漁協直営の食事処『いさばや』の裏手に係留されている。船着場の直ぐ近くに駐車できるので、基礎体力低めの小生には有難い。この日は前線の通過に伴う強風が朝方まで吹いたため、午前10時集合というイレギュラーな出船となった。船長が船着場に到着、漁協へ氷を受け取りに行っている間に乗船名簿の記入。船長が戻ったら各位のクーラーへ氷を分配、グループの代表者によるジャンケンで釣り座を割り振った。人数の多い時はクジ引きで希望の席を申告したりもするのだが、概ね話し合いで円満に釣り座が決まるのが『広布号』の常で、こうした日常の端々に「スポーツフィッシングに精通した釣り人の集う船宿なのだなぁ」と感じ入る。女将さんに乗船料を支払い、船長が岸壁に船縁を付けてから乗船。準備が整い次第、出船となる。このところ大物のバイト(食い)やヒット(ハリ掛かり)はあるものの、根ズレや船縁のフックアウトで獲り逃していると語る野島船長。「大物は居る!」――期待を胸に、ウネリの残る大原沖へと出船した。

広いデッキとキャビンが特徴の「広布号」
船着場と駐車場は『いさばや』の裏手
駐車場が近いので荷物が多くても楽ちん
軽トラの荷台で受け付けと氷の配布
釣り座はグループ毎に割り当てられる
女将さんと子供達に見送られて出船

ジギングは左舷、キャスティングは右舷でご自由に

航行40分程で最初のポイントに到着。「じゃあ、1回やってみましょう。今ね(水深)25m、浅いトコは15m位まで上がりますよ。ジグでもトップでも好きな方やってください」のアナウンスでスタートした。『広布号』では片舷に風を受けて船を横向きに流すドテラ流し(横流し)をするため、風を受ける舷ではルアーが船から遠ざかるように流れ、風下の舷ではルアーが船下に入り込む形となる。そこで、船下へルアーが入らずシャクリやすい風を受ける舷が、金属製のジグを底まで沈めてシャクリ上げてくるジギングに、一方、追い風でルアーが投げやすく、船より先にポイントへ入る風下の舷が、魚を海面に誘い出すトップウォータープラグのキャスティングゲームに割り振られた。
薄日の射していた空が暗くなり、風向きが変わった2流し目。カモメが低く飛び始め「これは出るかも知れない!」と一同が集中したその時、左舷の田沢順さん(葛飾区)にファーストヒット!取り込まれたのは2kg級のヒラマサだった。ショアジギングから転向して今年からオフショアの釣りを始めたと言う田沢さん。幸先の良いスタートに船中は活気づいた。

ジグもアンダーハンドで軽くキャスト
開始間もなくヒラマサが!
ヒットルアーは、やや小振りな120g

ルアーの釣りをとことん楽しめる『広布号』

この日はジグかトップかによって釣り座を右舷、左舷と自由に移動して楽しめたが、乗船が10人以上になった場合は、風を受ける舷を今回は右舷、次の流しでは左舷…と交互に切り替える。そうすることによってどちらの釣りも満遍なく楽しめるのだが、ジギングの縦の釣りが得意な人と、大物狙いのキャスティングによる横の釣りが好きな人と言うのは、この釣りをやり込むほどに好みが分かれて行くもので、究極は船をチャーター(仕立)して自分の釣りを楽しむようになる。
こうしたルアーアングラー特有のニーズに応えて、『広布号』では乗合船でも「フロントデッキチャーター」という料金システムが用意されている。相撲の“枡席”のような感覚でミヨシのデッキ部を貸し切り(55,000円)、満船でも180度自由に釣りが楽しめ、オーバーヘッドキャストで思う存分トップの釣りを満喫することも出来る。3人なら1人頭20,000円弱。ジグマンとキャストマンの6人で入れば9,000円+αと乗合料金より安くなるケースもあるので賢く利用したい。

広々としたデッキは貸し切りも出来る
ロッドホルダーが数多くあって快適
明るいキャビンにはポットやレンジも完備
仕掛け図
仕掛け図
操舵室を埋め尽くす機器の数々

潮が動く、その時…!

干潮の13時に潮がパタッと止まり、しばし沈黙した大原沖。この膠着状態を破ったのはちょうど上げの3分に入った15時過ぎ、緩やかに潮が動き始めたその時だった。左舷トモ(船尾)でジグを踊らせていた安藤秀一さん(茂原市)に3kg級のサンパク(ワラサとイナダの中間サイズ)がヒット。ルアー船での釣りは4度目とのことだが、根気強い釣りで時合を逃さず貴重な釣果を手にした。ちなみに、『広布号』では釣った魚をキープするも海へ帰すのも釣り人の自由なのだが、2~3kg級でも美味しいヒラマサに対して、サンパクはブリやワラサに比べて味が劣るとお思いの人は多い。そんなグルメな釣り師には、釣って帰ったサンパクをウロコも引かずに塩を擦り込み、冷蔵庫で一晩寝かせることをお試し頂きたい。翌日、塩を洗い流したらいつものように解体して調理するほんのひと手間だが、一度食べたら海へ帰してきたこれまでをきっと後悔する筈だ。

魚の反応は充分にある
潮が流れ出した途端に当たったサンパク
“当たりバリ”は大原沖で中核的な145g
【動画】目指すは記録モノ!ルアー青物ゲーム

大物は居る、今がチャンス!

本当に釣り好きで熱心な野島船長

水深40mから12mの浅場を攻略したこの日。夢に見たビッグバイトは炸裂しなかったが、トリヤマや魚群探知機の反応は色濃く、フィールドには期待充分なムードが漲っていた。このエキサイティングな釣りの魅力を野島幸一船長に訊いた。「未体験の人は、兎に角船に乗ってみることですね。タックルはしっかりしたのがレンタルでありますし、楽しいか楽しくないかは本で見ても分からないので」とのこと。外房のオフショアルアー入門に最適な初夏の大原沖。150gを中心に数本のメタルジグとアシストフックを持って、身近な大物釣りの醍醐味を是非、あなたの目と腕とその感性で体感頂きたい。

先日トップに出た20kg(船長撮影)
同じく別日に出た17.8kg(船長撮影)
取材後日には10kg超が連発!(船長撮影)
10kg級を確実に獲れるクオリティの貸竿
下船後に配られるコーヒーが温かい
初心者からベテランまで安心の船宿だ

(釣りビジョンAPC・川添法臣)

今回利用した釣船
千葉県大原港『 広布号』
〒 298-0004千葉県いすみ市大原7528
TEL: 090-4811-1091
詳細情報(釣りビジョン)
広布号ホームページ
出船データ
ルアー青物乗合(予約制)
乗船料金:午前船1万1,000円/午後船1万円(氷付き)
集合:船着場に午前船5:00/午後船11:30
(変動アリ、予約時に確認/準備整い次第出船)
貸し竿:2,000円
釣りビジョン ライター(APC)募集!
ページトップ