つり幸・神奈川県川崎

2018.8.1号

涼しく楽な午前船!東京湾のLTアジ釣り、連日好釣果!!

02_main.jpg

「暑い夏でも、釣りには行きたい」。どこかに楽しい情報は無いかと探してみると、東京湾でLT(ライトタックル)アジが好調との事。昼までの涼しい午前船なら体も楽だ。7月25日神奈川県・川崎『つり幸』に出掛けてみた。

アクセスの良さも、この時期は大事!

受け付け店舗

『つり幸』は大都会・川崎にあり、アクセスが良い。JR川崎駅から送迎バスもある。駐車場では係の誘導もあり、釣り物によって場所を指示してくれるのも有り難い。当日は午前6時15分に到着、お店で受け付け、代金を支払い、仕掛け購入等を済ませ、向かい側に係留されているLTアジ午前船(立て看板あり)「第三新さくら丸」に乗船した。当日の午前船は2隻出船。14人(うち子供3名)が乗船して定刻6時50分に出船した。

このスロープの裏が係留場所
LTアジの看板が目印
本日指南役 須藤光浩船長

コマセ釣りの基本を聞く!!

出船して運河内を航行中に須藤光浩船長からアナウンスがある。
1.付け餌のアオイソメは2~3cmを縫い刺しにする。
2.ビシが着底したら50cm巻いてコマセを振り、50cm巻いて待つ。すなわち底から1mで20秒ほどアタリを待つ。
3.アタリが無い時はその場所でコマセを振り、50cm巻いてアタリを待つ。
4.アタリが来たらそのタナを集中的に狙う。
コマセ釣りの基本である「振り出したコマセの煙幕の中に付け餌が漂うようにする事」。 これがマスター出来れば、大物コマセ釣りに挑戦する時に役に立つなと、考えている内に釣り場に到着した。

コマセミンチ
付け餌のアオイソメ
船宿常備仕掛け。3本バリ有り
レンタルビシ40号。テンビン長30cm
仕掛け図

全員のコマセでアジを集めよう!!

まずはスタート

航程40分、富岡沖に到着。この日は曇天、微風。今年の夏にしては比較的過ごしやすいコンデションだ。魚群を探して午前8時、「水深18m、底から1~3mまでを狙って下さい」のアナウンスでスタート。直ぐにアタリ、18cmクラスがあちらこちらで上がる。2点、3点掛けもある。釣れたタナを聞いて回ると全員「底から2m」。上手く群れの足止めが成功したようで、ここでアンカー投入。すると今度は25cmクラスの良型が釣れ出し、各自のバケツに大小のアジが溜まり出す。タックルが軽いので子供たちも釣れる、これぞLT釣りの強み。スタートから連チャン、爆釣だ!

お父さんと2人で釣りました
1人で釣りました
口の皮1枚でゲット

リフレッシュすると、アタリが出だす?!

撮影直前1匹落ちました。実はダブル

潮の流れが止まるとアタリも少なくなる。この時は、置き竿にしてひと休みして水分補給だ。夏の釣りは暑さ対策が大事。午前中だけでも、水分補給や休憩は必要、各自で考えて準備、実行して頂きたい。そして、バケツの中で、白い腹を見せたアジはクーラーボックスに入れる事。

アオイソメの長さを参考にして下さい
上顎ガッチリ、バラシ心配なし
良型踊る

お昼ご飯は陸上で

楽しい時間は直ぐに過ぎ、午前11時に終了となった。正味3時間の釣りで竿頭は60匹の釣果。昼食は陸上で食べられるのも午前船の良さ、涼しい午前中に勝負を楽しめた一日だった。
レンタルタックル、仕掛け、氷は船宿に常備している。仕掛けは2枚(4セット)あれば良い。コマセのイワシミンチは油分が多いので、1回ごとにしっかり手を洗わないと竿やリールが滑るので、タオルも必携品。
「当分の間は期待出来る。暑さ対策を忘れずに!」と船長。涼しい間にライトタックルでアジの数釣り。御機嫌ですよ。

良型ダブルだ
こちらもグッド
未来の名人!
①釣れたアジは
②バケツで生かし
③クーラーの中へ

(釣りビジョンAPC・野口壮一)

今回利用した釣船
神奈川県川崎『つり幸』
〒210-0864神奈川県川崎市川崎区池上町9-12
TEL:044-266-3189
定休日:毎週木曜日
詳細情報(釣りビジョン)
つり幸ホームページ
出船データ
午前LTアジ
出船時間:6時50分
乗船料金:6,500円(女性/子供は3,500円)コマセ・エサ・仕掛け一組・氷付き
レンタルタックルあり(ビシカゴ、ライフジャケット:無料/貸し竿:500円~)
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。