敷嶋丸・千葉県大原港「千葉県・大原沖のショウサイフグ、良型揃いで絶好調!!」オフショアマガジン|釣りビジョン

釣りビジョン
ON AIR

敷嶋丸・千葉県大原港

2018.10.15号

千葉県・大原沖のショウサイフグ、良型揃いで絶好調!!

昨年の大爆釣が記憶に新しい千葉県・外房、大原沖のショウサイフグ。今期は更に「型が良い」との情報をキャッチ。ゲーム性の高いカットウ釣りと、食べて美味しいフグの魅力に誘われて、大原港のカットウ・フグの老舗『敷嶋丸』から出船した。

大原港の朝は早い

東京湾アクアラインを経由して首都圏中央連絡自動車道・市原鶴舞ICを降りて約40分。房総半島の東側(外房)中央に位置する大原港は、関東の一大遊漁船基地。集合は『夷隅東部漁協』のある船着場に午前4時。朝の早い大原港にあって「敷嶋丸」は、一番最初に明かりが灯った。好みの釣り座に竿を立てて席を確保。軽トラックの受け付けで乗船名簿の記入と乗船料の支払い、餌を購入する。仕掛けがシンプルなカットウ釣りは準備も手早い。「第一敷嶋丸」は滞りなく河岸払い。「釣り場が遠いんで船室で休んでてください」と上乗り役の大船長に促され、釣り人たちはキャビンに入ってしばし休息を取った。

船のすぐ前に車が停められるので便利
軽トラの受付で乗船料を支払う
出船は夜明け前、キャビンで一休み

竿入れから大型連発!

穏やかな海を走ること1時間弱。日の出前の薄明の中、「ハイ、どうぞ」の合図でスタートした。水深18m。取材日は台風24号の通過後、初の出船だったのだが、濁りが少々残っている模様。ほどなくして右舷胴の間(中央)の山田幸夫さん(茂原市)に船中初ヒット。取り込まれたのは体長30cmに迫る大型。これを皮切りにあちらこちらでショウサイフグが上がったが、押し並べて型が良く「重~い!」、「良型しか釣れない」と嬉しい悲鳴。まめに餌を付け替えれば魚信が途切れない、好調な釣況が暫し続いた。

船中1番手、山田さんの良型
日の出前後は夜光のカットウが効いた
釣れるのはどれも良型ばかり

大原カットウ・フグの草分け『敷嶋丸』

今回紹介するショウサイフグのカットウ釣り。餌を付ける餌バリ(親バリ)と、カエシのない三本イカリ型の掛けバリが付いたオモリの一式をカットウ仕掛けと呼び、餌バリに付けたアオヤギをついばみに来たフグを、その下の掛けバリに引っ掛ける釣り方である。このカットウ・フグを大原で一早く導入したのが『敷嶋丸』。釣り人の希望からショウサイフグを対象魚に加え、胴突き仕掛けの餌釣りから、やがてエビ餌のカットウ釣りを経て、現在のアオヤギ餌によるカットウ・フグへと変遷を遂げたそうだ。長年のノウハウが詰まった船宿オリジナルのカットウ仕掛けは必見。また、千葉県が定める「フグ処理師免許」を持った船長らが、毒のある部位を除去して可食部だけの“身欠き”にしてくれるのもこの釣りの特徴で、釣ったフグは持ち帰った後、お好みの料理で安心して食べることが出来る。

受け付け時に購入する餌のアオヤギ
船で購入できるオリジナル仕掛け
仕掛け図

大船長の仕掛けをスクープ!

釣り人の世話をしながら一緒に釣りをしていた2代目の山本元次郎大船長。東京湾で誕生したフグのカットウ釣りを初代の菊二船長と共に大原のフィールドに合わせて発展させてきた第一人者だけあって、仕掛けや釣り方には一家言を持っている。まずは仕掛け。短い方のカットウバリのハリスは、餌バリのフトコロから手の平の幅(約8、9cm)が目安。通常、ハリスの根元からの長さを意識するが、付け餌の下限を基準にする着眼点がミソだ。また、長い方のハリスに中通しオモリ(丸形2号)を入れる裏ワザもスクープしたので仕掛け作りの参考に。更に、餌付けにもアオヤギのキモの部分をベロで挟む合理的な手法があるので、乗船の際には船長に質問してその極意を習得して頂きたい。

大船長のオリジナル仕掛け
希望者にはマンツーマンで指南も
習えば直ぐさま釣果に顕れる!

最大は40cm・1kgアップ!

「今年は特に型が良いね」と語るのは数十年来の常連、笹川直裕さん(成田市)。ショウサイフグとしては最大級となる40cm・1kgクラスの大物を見事下顎に掛けて取り込んだ。小型の個体のラッシュがあったり、ふと食いの落ち着くタイミングもあったが、竿頭は小型をリリースしたうえで26匹。平均的な釣果は概ね20匹前後だったが、型が良いのでクーラーは満タン。恵比寿顔での沖上がりとなった。シケ後の濁り潮という決して良いと言えない条件下でこの釣果。9月の開幕から着実に数が伸びているので、今後も大いに期待出来そうだ。

見事40cm級の下顎に掛けた笹川さん
初挑戦で38cmを仕留めた榎本さん
最大級の40cmを掛けた石神さん
【動画】良型がポンポンッ!ショウサイフグ釣り

今期は入門にもベテランにも絶好のチャンス!

ショウサイフグのカットウ釣りについて、そのコツを3代目の山本幸夫船長に訊いた。「とりあえず空合わせをしてみる。掛かりが判らない場合は、何かおかしいと思ったら2、3回リールを巻いてみて、掛かっていなければ元に戻す。根が無い所では基本ベタ底で釣って、道糸だけは張っておくように。シャクッた後も、弛ませないようにしてください」と、難しそうなイメージとは裏腹に、押さえるべきポイントは至ってシンプル。更にこの船長、「外房にこんな穏やかな船長が居るのか」と驚くほど柔和で細やか。分からないことは気兼ねなく尋ねてみるのが賢明だ。「これから海水温が下がって群れが固まれば入れ掛かりだよ」と大船長も太鼓判。この好機に、テクニカルなカットウ釣りの釣趣と、刺し身や鍋、一夜干しに唐揚げと何にしても滋味豊かな食味を、お腹一杯満喫して頂きたい。

このデカさ、迫力満点!
気さくで親切な山本幸夫船長と大船長
清潔で快適な船室で万一の船酔いも安心
沖上がり時に配布の札を桶とポケットに。順に“身欠き”にしてくれる
帰港後、船宿で温かいお蕎麦のサービス
初心者も上級者にもお勧めの『敷嶋丸』

(釣りビジョンAPC・川添法臣)

今回利用した釣船
千葉県大原港『敷嶋丸』
〒298-0004 千葉県いすみ市大原10335-1
TEL:0470-62-1800
定休日:毎月第1・3月曜日
詳細情報(釣りビジョン)
敷嶋丸ホームページ
出船データ
ショウサイフグ乗合
乗船料金:9,000円(餌別・氷付き)
餌:1パック500円(通常1日2パック程度)
集合時間:午前4:00までに船着場へ(予約時に確認を)
出船時間:準備が出来次第
貸し竿:あり(予約時に確認を)
釣船予約バナー
釣りビジョン ライター(APC)募集!
ページトップ