直重丸・茨城県日立久慈港

2018.12.15号

茨城県・日立沖ヒラメ解禁!ブランドヒラメ“常磐モノ”!!

01_main.jpg

活きイワシを餌にして狙うヒラメ釣りは、手軽に大物が狙える人気の釣りものだ。これから真冬に旬を迎える脂の乗った“寒ビラメ”は、その味も絶品だ。茨城県・日立沖の解禁をもって“茨城エリア”は“全面解禁”となった12月1日、日立久慈港『直重丸』に出掛けた。

常磐自動車道・日立南太田ICから10分

ここでの釣り座は、電話予約時に先着順で確保するシステムなので、当日焦らなくて済むのがありがたい。カーナビには「日立市久慈町1-1-2」をセット。常磐自動車道・日立南太田ICから10分程で日立久慈港へ。「日立港入口」交差点にコンビニがあるので、必要なものはここで揃えられる。
港に入ったら『久慈町漁業協同組合』を目指す。漁協向いの『直重丸』看板があるスペースか、その先の「水難者供養慰霊碑」のある公園のフェンス沿に駐車が出来る。集合は午前5時15分。車の外気温計で7度、思ったよりも暖かく感じる。船着場にぞくぞくと釣り人が集まり、名簿に記入と支払いを済ませ、船長の指示で船に乗り込む。皆さん道具の準備に余念がない。
定刻を少し過ぎた5時35分、まだ暗い中、右舷7人、左舷6人で河岸払いとなった。

『久慈町漁業協同組合』
駐車場は『直重丸』看板が目印
公園のフェンス沿いも駐車可能
受け付けは『直重丸』オリジナルロゴマークの看板が目印
今回お世話になった『直重丸』
受け付けで乗船名簿に記入

ポイントまでは航程30分

船が走り出すと、流石に顔に当たる風が冷たく感じたが、ポイントまで30分程と近いのがありがたい。ポイント到着前に上乗り役の大船長が、手際よくイワシを配ってくれた。東の空が白みはじめた頃、ポイントに到着。「準備ができたら落としてください、水深28m。根掛かりしますので気を付けて~」と船長からのアナウンス。2、3流し替え、周りが明るみ出した6時半を過ぎた頃、「来たよ!」。沈黙を破ったのは、左舷大ドモ(船尾)の大塚昌之さん(栃木県真岡市)。上がって来たのは、“本命”のヒラメだ。15分程で2匹目もゲットした。大塚さんのポリシーは、船宿が用意してくれた貴重な活き餌を極力無駄にしないこと。仕掛けを下すとき、回収のとき、イワシにダメージを与えないように優しく扱う。また、回収時に早く巻き過ぎると“青物”が食って来るとのこと。その辺りが選んでヒラメを釣っている秘密なのかも知れない。7時を過ぎる頃、船中が賑やかになって来た。

ゲット
こっちも来たよ
やったぞ
こっちも
またまた
ナイスフィッシュ!
“ゲスト”のマハタ
“ゲスト”のマトウダイ
“本命”来たよ

左右を入れ替え、チャンスは平等

ここのヒラメ釣りは、船の側面に風を受け、横方向に船を流して広範囲に探る所謂「横流し」。左右の舷でどちらかが潮上(潮に先行する側)とその逆が潮下(後追いになる側)となるため、餌が先に入る潮上が有利になる。そのため、ひと流し毎に左右を入れ替えての釣りとなる。また、ノーマルでもLT(ライトタックル)でも好きな釣り方が楽しめるが、LTの場合は、オマツリ防止のため潮上はオモリを重め、潮下は軽めにする。船長からの指示があるので、左右の入れ替え時にオモリを替えるようにする(この日のスタートは、ノーマル80号、LT潮上60号、潮下40号)。

孫バリは、背掛け派?腹掛け派?
愛嬌のあるカサゴ
美味しそうなサイズ
コンスタントに追加する大塚さん
クーラーもいっぱい

水深20mラインに移動

仕掛け図

10時を過ぎた頃、大きくポイント移動し水深20mラインへ。移動直後、ヒラメとマトウダイのプチラッシュが訪れる。そして、今度は水深15mの護岸周りへ。前半苦戦していた川崎恒生さんにようやく“本命”の魚信。「大きいよ!」と大船長がタモを入れると良型のヒラメが浮上した。更に終了10分前、この日最大を上げたのは、上田正敏さん(千葉県)。「ググググ、ゴーンって感じだったよ。今日は、これで満足だね」とご満悦。ほどなくして定刻(正午)の沖上がりとなった。

ナイスサイズをゲットした石井安博さん(群馬県沼田市)
この日の釣果を並べてくれた馬場英治さん
この日の最大サイズを上げた上田さん

船長に聞いた釣り方

沖上がりに手も洗える

宇佐美智大船長に釣り方をインタビュー。「ライトの人は、重いオモリを使わない人が多いけど、ライトの竿でも場合によっては100号位まで使ってもいい。潮上側では、オモリを重くして糸を立てる。逆に潮下側では、オモリを極力軽くして、糸を斜め横に出す。多少浮いてもヒラメは食ってくる。潮上、潮下で縦と横で攻め方を変えるイメージで釣ると釣果が違ってくると思うよ。タナは底から1~2m切った方が良いね。捨て糸は、ハリスから30cm以上は短くていい。極端な話、着いていればよいレベルだね」とのこと。やはり潮の状況に合わせ潮上、潮下でオモリの使い分けが重要のようだ。

クーラーに氷を追加
『直重丸』定番のカレーが美味しい
頼もしい宇佐美智大船長

今後は、“渡りのヒラメ”で“大伴”期待!

「今日は初日だから去年良かったポイントを巡ってみたけど、サイズはいまひとつだったね。大津港あたりにイワシは来ているって聞いているから、これから海水温が下がってイワシが下ってくれば、イワシについてくる“渡りのヒラメ”を狙う。そうすれば数も型も期待できるね」と船長。
イワシの群れに着いたヒラメは、脂も乗って食味も抜群。お正月の魚にブランド“常磐モノ”の“寒ビラメ”を加えて頂きたい。

(釣りビジョンAPC・金井直行)

今回利用した釣船
茨城県日立久慈港『直重丸』
〒319-1224 茨城県日立市南高野町3-4-17
TEL:090-2661-7857
定休日:第3月曜日
詳細情報(釣りビジョン)
直重丸ホームページ
出船データ
ヒラメ泳がせ乗合
料金:1万2,000円(税込)(餌、氷付き)(貸し道具あり1,000円)
出船:午前5時15分集合、5時30分出船
駐車場:あり
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。