浅八丸・神奈川県平塚港

2018.12.15号

相模湾のアマダイ、いよいよ大物シーズン突入!

05_main.jpg

今期も好調なスタートを切った相模湾のアマダイ。とにかく数が釣れる印象の今シーズン。ようやく海も冬らしくなって、50cm級の大型も釣れ始めたとの情報を得て、神奈川県・湘南、平塚港『浅八丸』に出掛けた。

活気あふれる港!

船宿は平塚港の一番手前

都心、そして郊外のどちらからもアクセスが良く、コンビニや帰港後の食事処にも事欠かない平塚港。一番手前にある『浅八丸』の前でスタッフに声を掛けると、店前の駐車スペースを案内してくれた。冬の平塚港は、キハダマグロや本ガツオ時期の混雑とは打って変わって、のんびりムードでゆったり快適だ。まずは受け付けカウンター脇にある船形で釣り座を確保し、乗船カードに記入。続いて受付で乗船料を支払い、氷や仕掛け、貸し竿が必要なら全てここで完了する。クーラーやタックルボックスは店前に横付けになっているトラックに積み込むのだが、その前に氷や付け餌の受け取りを済ませることをお忘れなく。車の誘導が落ち着いた頃に、船宿スタッフに声を掛けるのが得策だ。トラックが一杯になった所で船着場へ移動。ウッドデッキ風の桟橋から船に乗り込んだ。

まずは受付脇にある船形で釣り座の確保
乗船名簿を記入して…
受付カウンターで支払い
氷は200円、餌の受け取りを忘れずに!
この日はアマダイ船とイナダ船が出船
空が明るくなる午前6時30分出船

竿入れからアタリ活発!

魚影の濃さは特筆もの

海から昇る朝陽や相模湾を見下ろす富士山を眺めながら、静穏な相模湾を走ること20分程。水深91mのポイントからスタート。1投目から右舷トモ(船尾)とミヨシ(船首)でほぼ同時にアタリが来た。先にアマダイを取り込んだのはベテランの久保寺孝雄さん。2番手は加藤槙一さん(川口市)。この後もオニカサゴやカナガシラ等の“ゲスト”も交じりながら、どの釣り座でも満遍なくアマダイが上がり、魚影の濃さは例年並みかそれ以上の印象を受けた。『浅八丸』では、LT(ライトタックル)と、オモリ80号のノーマルタックルの人が同乗していて、釣り座も特に分かれていない。この日はロングロッドの置き竿派もいたが、オマツリ等のトラブルはほぼ無かった。各々好みの釣り方で楽しめるのは特筆だろう。

船中1匹目、久保寺さん
ミヨシの加藤さんも同時にヒット!
とにかく良く釣れる!
古式ゆかしい長竿釣法の釣り人も
釣り座、釣法、分け隔てなく釣れる
パターンを発見、連釣の鈴木さん

美味しい“ゲスト”フィッシュたち

正月にお薦め、レンコダイ

アマダイ釣りの秘かな楽しみが“ゲスト”フィッシュ。塩焼きが美味しいレンコダイ(キダイ)は正月にも最適。アマダイと同じタナで釣れるアカボラ(ヒメコダイ)は天ぷらや開いて干物に。ガンゾウビラメは2度揚げすれば骨ごと食べられる。どう食べて良いかイメージしにくいが、塩焼きが地味に美味しいカナガシラ。クラカケトラギスやオキトラギス等のトラギス類も天ぷらダネに好適だ。毒トゲに注意のオニカサゴは何にしても美味だが、小型の個体は是非リリースを。イトヨリやソコイトヨリは美しい皮目が風味も豊かなので、皮を引かない皮霜造りや昆布〆がお薦めだ。これらの他にもカイワリやアラ等も釣れるので、みなさんの釣行で是非補完して頂きたい。

定番“ゲスト”、美味しいアカボラ
ガンゾウビラメは唐揚げや干物に
塩焼きがお薦めのカナガシラ
トラギス類は天ぷらダネに最適!
美味しいがトゲに注意、オニカサゴ
ソコイトヨリは煮物、汁物、蒸し物も

船長の狙い的中!

遂に出た48cmの良型!

干潮の潮止まりでアタリの落ち着いた時間はあったものの、潮が動き始めると再びアマダイが上がり出した。船中全員が“本命”を手にしたタイミングで、船長は大物のアマダイを求めてポイントを移動。その結果は釣り再開の1投目に出た。魚を掛けたのは、右舷ミヨシの加藤さん。アタリは微かだったものの、巻き上げ始めると途端に重量感のある引き込みを見せた。期待の眼差しが注がれる中、タモに収まったのは48cm、1.5kg級の良型アマダイだった。「よっしゃー、狙い通り!」と船長も喜色満面。船上の意気も俄然ヒートアップした。

「どこまで辛抱できるか」それがアマダイの大事

仕掛け図

アマダイ釣りで釣り人を悩ませるのが“タナ”。この見つけ方について、塚野仁船長に聴いた。「周年を通してタナはほぼ変わらないです。ほぼハリスの半分。その中で潮の流れで吹き上がっちゃうのか、底に着いちゃうのか。それによってハリスにガン玉を打つのか、タナをちょっと下げるのか、ちょっと上げるのか、ってそれだけ。昔は“外道”が多かったから、アカボラ釣れたらそのタナでやって行こうか決めてたけど、最近はあの頃より“外道”が少ないから絞り込みが難しくなった。その分アタリが少ないから、飽きちゃってタナをずらす。そうすると余計釣れなくなる。そこをどこまで辛抱できるか。アタるタイミングってのは1日の内で必ず出てくるから、辛抱、辛抱だね…やっぱり辛抱だなぁ」と船長。「あとはふやけた餌をいつまでも使ってないで、交換してやることかな」とのこと。船の上で手詰まりになった時には、是非思い出して頂きたい。

親切で穏やかな塚野仁船長
ハイグレードな付け餌が配布される
船宿仕掛けは船上でも購入できる
“餌を真っ直ぐ付ける”は基本
1匹釣れたら、そのタナを重点的に
底から見上げている姿をイメージしよう

いよいよベストシーズン到来!

「大きいアマダイってのは、海水温が高すぎるとあんまりよくないみたい。ここ1週間位でやっと50cm級が獲れるようになってきたからさ」と言う船長。身体には堪えるが、大物を釣るには厳寒期の方が期待できるそうだ。つまり今期のアマダイにとって本格シーズンはまだまだこれから。ちなみに『浅八丸』の年内の営業は12月30日まで。新年は1月2日から出船する。2018年の釣り納め、2019年の釣り初めに、しっかり着込んで“冬の女王”アマダイの“ゴーマル”超級を狙ってみるのは如何だろうか。

沖で船長が煎れてくれたコーヒーに救われる
ライフジャケットは無料貸し出し
スタッフも常連さんも気さくな人ばかり

(釣りビジョンAPC・川添法臣)

今回利用した釣船
神奈川県平塚港『浅八丸』
〒254-0803神奈川県平塚市千石河岸57-13
TEL:0463-21-0904
定休日:原則として第2・4・5火曜日
詳細情報(釣りビジョン)
浅八丸ホームページ
出船データ
アマダイ乗合(予約制)
乗船料金:男性9,500円(餌付き)
出船:午前6時30分(変動あり、予約時に確認を)
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。