佐衛美丸・千葉県洲崎港

2019.1.1号

千葉県・洲崎沖“カイワリ五目”、 美味しい魚が目白押し!

02_main.jpg

自分で釣ることによって、市場には滅多に出回らない美味しい魚が食べられるのは“釣り人の特権”。そんな魚の代表格の一つがカイワリだろう。刺し身で食べると甘みが強くて非常に美味い。しかもこの時期に良く釣れる。千葉県・洲崎港『佐衛美丸』に出掛けた。

“外環”→京葉道路連結でアクセスも良好

埼玉県から東北道を進み、今年接続した東京外環自動車道から京葉道路へ、更に館山自動車道へ進み冨浦ICへ。ここから洲崎港までは約17km、ICを降りてから30分程度で行くことが出来る。海沿いの南房フラワーラインを暫く走ると、右側に『釣り船 佐衛美丸』の青い看板が見える。そこから側道に入り、道なりに進むと洲崎港へ到着。港内を左側に進んでいくと『佐衛美丸受付』と書かれたコンテナがあり、その前が駐車場になっている。午前4時40分に港に到着。到着時の気温は10℃。この時期らしからぬ暖かさだ。準備をして待っていると、集合時間前の5時20分に早川忠信船長と女将が到着。受付が開始された。

側道の案内看板
受付のコンテナ、受付前が駐車スペース
出船準備中の「第12佐衛美丸」

釣り座の準備は万全、後は道具をセットするだけ

受付では、船宿オリジナル仕掛けが販売されている。ビシ、レンタルタックル(有料)も借りられるので気軽に挑戦することが出来る。新品の船宿タオルを頂き、船に向かうと乗船準備が整い、乗り込みが開始されていた。『佐衛美丸』は予約乗合で、釣り座は電話予約順。この日は自分を含め4人で両舷2人ずつと贅沢な気分。船に乗り込むと釣り座にはコマセ、付け餌、桶まで全て準備されており後は自分のタックル準備だけでOK。電動リールの電源も釣り座の下にあり、繋げば直ぐに使える。準備も完了した午前6時、女将に見送られ出船した。

釣り座は準備万端
後は自分のタックル準備だけ
仕掛け図

まずはイサキ狙いからスタート

6時15分にスタート。水深65mのエリアで、まずはイサキを狙う。「65m、68mまで落として3m巻いてコマセを振って下さい」と船長からアナウンス。「潮がぶっ飛んじゃってるな」と船長が呟く。二枚潮で、しかも3ノットを超える速さ、これは通常の誘いじゃ釣れそうにない。すると船長と上乗りの上野富次雄さんが速潮に合わせたコマセワークをレクチャー。コマセカゴは殆ど開けず、コマセワークは1秒振って1秒待つの繰り返し。「細目に振らないと直ぐコマセが流れていっちゃうからね」と船長。すると、右舷ミヨシ(船首)の池端秀樹さん(船橋市)に初ヒット。まずはサバが上がった。左舷ミヨシで上野さんもサバを釣り上げる。「潮が速すぎるね、ラインがドンドン払い出されちゃう」と上野さん。朝の内は風、ウネリもないが、予報では9時頃から雨でウネリが入るとなっており、更に厳しい状況が考えられる。それでもポツリポツリながらイサキが釣れ出した。まずは上野さん、続いては右舷トモ(船尾)の武田和弘さん(千葉市)、更に池端さん。更に池端さんにはお腹パンパンのウマヅラハギが釣れ「ウマヅラハギも美味しいですよね」とニッコリ。

前半の“本命”イサキ 池端さん
ウマヅラハギ 池端さん
ダブルでイサキ 上野さん
片舷2人でゆったり、武田さん、池端さん
使用タックルは水深があるので電動が楽です
コマセ釣りはバイオベイトを付けエサに

天候悪化の前に、カイワリ狙いへ

8時40分、速潮は収まらないが、天候が悪化する前にカイワリを狙う作戦に。「底に着いたら1m巻いてゆっくり誘って下さい。乗ったら最初は手巻きで巻いて、電動巻き上げ速度はゆっくりで」。船長のアナウンスで後半戦がスタート。仕掛けはビシをオモリに変え、付け餌をオキアミに変更。水深は90mだが、80号のオモリでは底が取れない。すると状況を見て船長が100号のオモリを配り、なんとか底が取れるようになった。だが1度底を切ると2度目は底が取れない厳しい状況に変わりは無い。まずは、同じエリアに住むキダイが釣れ始め、カイワリへの期待が高まる。すると池端さんのロッドが今までに無く絞め込まれた。カイワリだ!去年も挑戦したがカイワリを釣る事が出来なかったそうで、無事に取り込み「1年越しのリベンジ成功です」と安堵の表情。
潮はやや緩み、底が取り易くなったタイミングでキダイが連続で釣れ出した。ここで私も竿を出す。すると、着底と同時にいきなり強い引き込み。慎重に利き合わせると強い食い込み。船長の指示通り巻き上げ、速度を遅めで慎重に上げると銀色の平たい魚影が浮かんだ。なんといきなり“本命”のカイワリを釣り上げる事が出来た。更に上野さんが35cm級のキダイを上げ、「これからだ!」という時に予報通り雨が降り出し、ウネリも高くなって来た。その後、キダイやヒメコダイの“餌取り”の猛攻。船長は時間を延長して粘ってくれたが、その後カイワリの姿を見る事は出来ず、12時20分に沖上がりとなった。

“本命”カイワリ 池端さん
良型キダイ 上野さん
釣り人の特権です。カイワリ
付け餌のオキアミ
船宿オリジナル仕掛け
釣り座にはマグネットが設置されている

「潮さえ落ち着けば、釣果も安定する」と船長

“ぶっ飛び潮”に天候の悪化と悪条件が重なったが、イサキ等の“お土産”も確保。底を取れない状況でも、カイワリを見ることが出来た。「潮さえ落ち着けば、アタリは頻繁にあります。口が弱いので巻き上げはゆっくり慎重に」と船長。2月一杯まで“カイワリ五目”に出船するので、カイワリだけでなく、脂肪を蓄え脂の乗った“寒イサキ”と美味しい魚が目白押しの洲崎の海へ是非出かけて頂きたい。

洲崎沖はお任せ! 早川船長
池端さんのクーラーは“お土産”で一杯

“釣り人の特権”を楽しみました

帰宅後、釣りたての魚で“釣り人の特権”を行使。まずはウマヅラハギとカイワリを刺し身。ウマヅラハギの肝醤油、これも新鮮じゃないと出来ません。カイワリも甘みがあり両方とも絶品!更に“寒イサキ”の塩焼きは身がホクホクで旨味が強い。最後はキダイを刺し身で皮目を炙って。皮目がコリコリでこれがまた美味い。残ったアラもアラ煮で美味しく頂き“特権”を余すとこなく満喫した。是非この食味も堪能して頂きたい。

ウマヅラハギとカイワリの刺し身。肝醤油で
イサキは塩焼きで
キダイは皮目を炙って

(釣りビジョンAPC・森住貴義)

今回利用した釣船
千葉県洲崎港『佐衛美丸』
〒294-0316 千葉県館山市洲崎1-228
TEL:080-8095-1991
定休日:毎月第2・4水曜日(祭日の場合は翌日)
詳細情報(釣りビジョン)
佐衛美丸ホームページ
出船データ
カイワリ五目予約乗合
料金:1万500円(アミコマセ、付け餌、氷付き)
仕掛け:受付、店内で購入可能
集合:午前5時30分 出船:6時(※予約時に確認のこと)
沖上がり:出船後6時間程度
※釣り座は予約順(船長の指示があるまで乗船不可)
※料金等は取材当時のものとなります。料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては各施設等にお問い合わせください。​