巳之助丸・神奈川県久比里港

2019.2.15号

大型揃い!神奈川県・久里浜沖のビシアジ釣り、厳冬でもアツい!!

05_main.jpg

厳冬期、釣り物が少なくなって来たが、東京湾・久里浜沖のアジが相変わらず好調だ。2月3日竿頭150匹を記録している神奈川県・久比里港『巳之助丸』の予約乗合船に7日出掛けた。

風の予報だ、早めの勝負!

店頭で道具を降ろして車を駐車場へ

久比里港は電車で行けるのが良い。京浜急行・久里浜駅から徒歩3分、出船は午前7時なので始発電車で間に合う。勿論、車の方には、駐車スペースもある。当日は6時に到着、道具を店頭に降ろし漁協の奥に車を移動。この日は私を含め8人の乗船、釣り人からの人気が高い臼井功一船長から「昼から風が強くなる予報なので早上がりになるかも知れない。」との話。覚悟してポイントに向かった。

漁港奥の駐車場入り口看板
アジ船「第23巳之助丸」
本日指南役 臼井功一船長

スタートダッシュ効かず!?

仕掛け図

航程約20分、ポイントに到着。久里浜沖の水深約120mのポイントで「タナは下から3m。やってください」のアナウンスでスタート。仕掛けはアジビシ150号、クッションゴムに2、3本バリの標準アジ仕掛け。仕掛けは船宿で購入できる。コマセはイワシミンチ、付け餌は赤タンと青イソメの赤青コンビ。どちらを使うかは好みだが、アタリが出だしたら赤タンの方が手返しが早い。
最初は全員でコマセ撒き、早めの手返しで魚を集める。振り方の基本は2、3回振って指示タナで待つ。しかし、アタリは来ない。ラインが真下に入る、潮の流れが無いようだ。釣り易いがアタリが無いので小移動、船長は精力的にポイント移動を繰り返すが船中不発。昼からの強風予想で早めの勝負を狙ったが状況は厳しかった。

船宿常備仕掛け
コマセとビシ150号
付け餌2種、赤タンはカットして使用

ポイント移動的中、アタリも出だすが風も出る

9時30分過ぎに観音崎沖に大移動、水深60~70m、タナは下から4mで再スタート。ここは緩い流れが有るようでラインが斜めになり始め、右舷トモ(船尾)に船中1号のアジが釣れる。ここから船中各所で単発ながら30cm前後のアジが釣れ出した。私もナギの内で釣りたいのだが…。

船中1号
続いてきました
このクラスでないと

無念!予報的中、風が出始めた

10時30分頃から風が強くなって来た。11時頃からは白波も大きくなり、カラのコマセ桶がひっくり返る程のハードなコンデションになり、風速は20mを超えていた。その中、アタリは続き良型のアジがバケツに収まり、一荷釣り(2匹)も出始め、「さあこい!」と足を踏ん張るが、風は収まる気配はなく、午後1時30分無念の早上がりとなった。ポイント移動が功を奏して正味3時間の釣りで、竿頭は20匹、それも30~40cm級が多数で、「1日中釣れれば…」と恨めしく思いながら竿を収めた。ゲストは美味そうなサバ多数。

大型美形その1
その2
その3

船長に聞く

「今日は早上がりで残念。風速20mを越えて来ました。前日の雨水の関係か薄い濁りが入っていて、条件は悪かったです。アジは年間狙えます。冬場は30~40cmの大型、夏場は25cm前後の“金アジ”狙い。ポイントは沢山あり楽しめます。ライフジャケット着用とゴミの海上投棄禁止の徹底をお願いします」と船長。貸し道具も充実しており、クーラーだけ持って電車で来れるのも有難い。コンビニも目の前に有り便利だ。この時期の大アジに寒サバ、味も御機嫌でした。

美味そうでしょ
一荷釣り、思わず笑みがでます
私も少しだけ参加

(釣りビジョンAPC・野口壮一)

今回利用した釣船
神奈川県久比里港『巳之助丸』
〒 239-0828神奈川県横須賀市久比里1-1-4
TEL: 046-841-1089
定休日: 第2・4金曜日
詳細情報(釣りビジョン)
巳之助丸ホームページ
出船データ
アジ予約乗合(電話予約の事)
出船時間:午前7時
料金:8,700円、コマセイワシミンチ 赤タン・青イソメ付き
学割あり 貸道具あり(有料)