オフショアマガジン

2019年4月15日号

東京湾のLTアジが春爛漫!束(100匹)超えの大爆釣!

04_main.jpg

桜前線も一気に北上、春爛漫である。海の中も春を迎え、東京湾を代表する魚・アジが連日束(100匹)越えの大爆釣が続いている。東京湾のアジと言えば「金アジ」とも言われるブランド魚。お花見の誘惑を断ち、桜満開ならぬ金アジ満開を逃すまいと7日、東京・羽田『かみや』に出掛けた。

脂たっぷりの「金アジ」

弁天橋手前の一方通行を奥に進む

東京湾のブランド魚「金アジ」。東京湾には、幾つかのタイプのアジがいるが、大別すると“外遊性”と“居着き”の2つに分けられる。「金アジ」は後者の代表格で東京湾奥の一定の場所で豊富な餌を捕食しているので、いつの時期にもたっぷりと脂肪を蓄えて文字通り、金色に輝いている。味は絶品なのは言うまでもない。

満開の桜がお出迎え
『かみや』の看板が目印の船宿
船宿裏手に駐車場がある

“ショート便”でその日の内に食べられる

店内は情緒あふれる

交通の便に優れた羽田。出船も午前7時半なので朝ゆっくり出発できる。そして、『かみや』の“ショートLT(ライトタックル)アジ船”は沖上りも13時30分と早いので自宅に着くのも早くなる。結果として、釣った新鮮な魚を余裕持ってその日の夕飯に調理出来るので家族全員が喜ぶ。同時に初心者で船に不安にある人にとっては心のハードルも大きく下げて一石二鳥。参考までに多摩地区に住む私は、自宅を5時過ぎに出発、15時半には帰宅出来た。

蒲田駅の送迎サービス(予約必要)
この奥30mの河川敷が船着き場
矢印に従って自分の船に

LT釣法で釣りの楽しさを存分に

出船までの時間を船着き場横の待合室で

“ショートLTアジ乗合船”は、40号のビジカゴで狙う。これは「金アジ」が生息するエリアが浅場の潮の流れの緩やかな場所が多いので可能になる。「軽い」+「浅い」+「潮が緩やか」と3拍子揃うメリットは女性や子供だけでなく初心者にとっても非常に大きい。仕掛けが軽いので疲れない。水深が浅いのでタナ取りも簡単。そして、潮の流れが緩やかなのでオマツリの心配も軽減される。釣りの醍醐味を存分に楽しめる釣法だ。

過去の数々の戦歴が飾られている
この日乗船した「第十五海宝丸 かみや」
『かみや』では屋形船も出している

船長の指示ダナキープが好釣果に繋がる

LTタックルで臨むアジ

釣り方は、LTであってもノーマルの場合と大きく変わらない。まずはビシカゴを底まで落として底立ちを取る。竿先は下に向けたままリールを1、2回巻く。次に下に向けていた竿先を水平付近までしっかり誘い上げるイメージでコマセを撒く。そして竿先はそのままの位置でリールを1回巻く。これは撒いたコマセの帯にしっかりと付け餌を馴染ませるため。これを2回ほど繰り返して指示ダナで待つ。指示ダナはその日によって違うので、船長のアナウンスをしっかりと聞くことが好釣果に繋がる。大体が海底から2~3mになることが多い。不明な点はアジ船担当の神谷淳一船長に聞くと優しく教えてくれる。助手の中台涼さんが同船するときは出船前にレクチャーをしてくれる。

ビシカゴは40号。片テンビン30cm
船でも購入可能な仕掛け
仕掛け図

最初のポイントから好調モード

イワシのミンチをコマセに使う

最初のポイントは前日も好調だった川崎沖。港を出て15分程。連日の束(100匹)越えがこの日も達成なるか?期待に胸膨らませて、水深15mで第1投となった。アジはコマセが肝。最初暫くはコマセのイワシのミンチをしっかりと撒いてアジを寄せる。1度アジの群れを寄せれば長時間楽しめるが、それまではまさに「餌撒き」の時間。この日はほんの数分でアジが顔を出し始めた。しかも船中万遍なく当たり、上々の立ち上がり。左舷には4人でアジ釣りに来たグループで、宮内さんと内田さんはこの日が初めてのアジ釣り。朝一にレクチャーを受けたものの見様見真似のスタートだったが早々にアジの顔を見た。

付け餌は赤イカタン
必要なものがキレイに整頓された釣り座
意外に棘があるアジに役立つ針外しと数のカウント用のカウンター

深場のアジより気持ち小さめのコマセワーク

釣り方を教わっていざ出航!

最初のポイントは開始早々に数が出て、手の合う人は早くもツ抜け(10匹)達成。先にノーマルもライトも釣り方は大きく変わらないと書いたが、細かな違いは浅場でやるLTアジの場合は深場と同じように竿をシャクってしまうとコマセの撒き過ぎに繋がるので、竿先をチョコンと揺するぐらいで十分。左舷船尾の平林さんは毎週のように通う常連さん。流石の腕前で手際よくコマセを撒いて数を伸ばす。

港を出てすぐそこは日本の玄関
「金アジ」
最初の1匹に「イエイ!!」

30cm級の良型が頻繁に交じる

この日のもう一つの特徴がサイズ。「金アジ」では最大部類になるのではないか?30cm近い良型アジが頻繁に顔を出した。竿先をビクビクっと叩く小型の引きとはまるで別物、竿をひったくられるかのような強烈なアタリが最初に訪れる。その後の15mのやり取りは「面白い」の一言。2号のハリスの性能を存分に発揮したドキドキのやり取りを楽しんだ。

平林さんは105匹を釣りました!
「金アジ」の一荷(2匹)
こちらも一荷で
初めてのアジ釣りを堪能
助手の中台さんはジャンボサイズ
見るからに美味しそうな「金アジ」

トップは105匹と束越え達成!

潮の流れる前半を中心に終日好調にアタリが続いた。ベテラン平林さんは束をクリアーして105匹でトップ。この日が初めての宮内さんと内田さんもそれぞれ48匹と68匹。お土産には十分というレベルをはるかに上回る大爆釣の1日となった。今後気温が安定してくると、更に釣果も安定的に高値止まりになることが予想される。釣っても食べても最高の東京湾の「金アジ」。是非ともライトなタックルで楽しんで頂きたい。

追い食いを待ってあげた一荷
嬉しい“ゲスト”のイシモチ(シログチ)も
メバルも顔を出しました
食いがたつと一荷も当たり前
神谷淳一船長がとても優しく教えてくれます
金色に輝くクーラー

釣りビジョンAPC・丸岡直樹

今回利用した釣り船

東京都 羽田『かみや』
〒144-0043 東京都大田区羽田3-22-3
TEL:03-3742-6904
定休日:毎週火曜日
釣果・施設情報 かみやホームページ

出船データ

ショートLTアジ乗り合い
出船時間:午前7時30分、 沖上がり:午後1時30分
乗船料金:8,500円(餌付き)

その他の記事

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。