オフショアマガジン

2019年5月1日号

三重県・紀伊長島の磯釣り!乗っ込み最終のグレ!

05_main.jpg

三重県・紀伊長島の『石倉渡船』では、ボート釣りの他に磯釣り(瀬渡し)も行なっている。知る人も多いのだが、今回はこの磯での釣りを取材。磯釣りも好きな私は、いつもと違う“素材”に心踊らせ、現場に向かった。

磯釣りは日の出直前に出船

今回出掛けたのは、『石倉渡船』。待合所、桟橋は大勢の釣り人で賑わっていた。磯釣りは日の出直前に出船するのがセオリーだ。レンタルボートよりも早めの出船となるのだが、駐車場で準備をするボート釣り師を横目に見ながら、午前5時30分、石倉徳光社長が操船する「あさひ丸」は静かに出船した。

石倉渡船入り口
『石倉渡船』待合所
受け付け時にこちらで乗船名簿へ記入する
磯釣り渡船乗り場(左)とレンタルボート乗り場(右)
「あさひ丸」

湾内を選ぶか沖磯にするか

『石倉渡船』では、レンタルボートなどのスタイルから、マンツーマンの取材が多いのだが、磯釣りも同様。今回協力頂いたのは澄川太郎さん。とかく高齢化の波が押し寄せる磯釣り界ではあるが、若い澄川さんには勢いを感じた。船上では澄川さんをはじめ、磯釣り師たちが釣り談義で盛り上がっている。そんな中、「あさひ丸」は手前の湾内磯から順に付け、渡礁希望者を降ろしていく。そして湾内最後の磯に釣り人が降りた後、沖磯の大島エリアへ向かった。

絶好の釣り日和
大島エリアの磯(磯名:ナナシ)
大島

狙うは乗っ込み最終のグレ!

この日は絶好の釣り日和。朝の凜とした空気を肌で感じ、さらに心地良い朝日の温もりを感じていると、「あさひ丸」は沖磯・大島エリアへ到着。私は澄川さんがどこに降りても良いようにスタンバイ。そして”丸山”と呼ばれる磯で釣り人が降りようとしていると、澄川さんも「降ります」と言いながら準備に入った。先に降りたのは東貞雄さんで澄川さんとは顔見知り。取材への協力も快諾して頂き、早速仕掛け作りに取り掛かる。狙いは良型のグレ(メジナ)だ!

仕掛けを作る澄川太郎さん。心踊る瞬間だ!
朝日を浴びながら仕掛けを作る東貞雄さん
釣り座の背面。見える底の形状を目の前のポイントと照らし合わせて仕掛けを入れ込んでいく

ストロングスタイル

2人の仕掛け作りを見ながら、私は磯周りを観察。“丸山”という磯は港に向かった方角が釣り座となり、背面となる大島とは海で隔たれているものの、浅くて釣りにはならない。三重県の磯ではドン深と呼ばれる、釣り座から一気に水深のある磯が多いイメージだが、ここはそんな事もない。釣り座付近は目で確認出来るようなカケ下がりとなっており、やはりここがポイントだろうと感じた。そこへ東さんが教えてくれたのは「ここは沈み瀬が点在し、そこに着く魚を狙うのが基本。その為、仕掛けも太く、掛けたら一気に勝負をかけないと根ズレでやられてしまう」。道糸とハリスの号数を聞くと「3号通しです」。一方の澄川さんは「私は細めの仕掛けとなり、道糸2号のハリスは1.75号です」との事。また、コマセは東さんがオキアミボイルの素撒き、澄川さんは生オキアミにパン粉を混ぜたものを使用、刺し餌はボイル・生オキアミ、そして市販の加工オキアミだ。この仕掛けと餌の違いで釣果に差が出るのだろうか。そんな事を思っていると、各々が第1投した。

澄川さんのライフジャケットはルアーゲーム用。背面のスペースには予備の仕掛けや、朝食のパンなどを入れるという。磯釣りへの流用は画期的だ!
澄川さんのコマセ。パン粉しか使わないのはクラブでのルールらしい。遠投するなら遠投用の集魚剤も持って行こう!
東さんはボイルの素撒き。海水に浸して乾燥を防止する。三重県ではメジャーな釣り方のひとつ
水面に浮かぶウキ。目で見るアタリは最高だ!
刺し餌は複数用意すれば現場対応しやすい!
仕掛け図

動かない潮と先制パンチ!

気合いを入れての第1投だったが、動かない潮に苦戦。しかし、潮が動けばガラリと変わるのも磯釣り。まずは朝マヅメに期待したいところ。竿先付近から様子を見ている2人だったが、そんな中、澄川さんがアタリを捉えた。難なく上がって来たのはこの辺りでイガミと呼ばれるブダイ。ブダイをキープした澄川さんはすぐに打ち返す。するとすぐに強烈なアタリと共に天を仰ぐ穂先と澄川さん。一瞬にして道糸から飛ばされていた。ウキ下は2ヒロ半(約3.8m)、ウキは5Bをチョイス。東さんは3Bのウキを使用。あまり動かないグレに対し、沈み瀬の周りをタイトにトレースさせるのを連想させる仕掛けである。バラしたのは残念だったが、期待は持てそうだ。そして暫くすると澄川さんがアタリを捉えた。竿は良く曲がっていたが、小刻みに叩いている。グレではないなと思っていると、アイゴが海面を割って来た。そしてすぐに東さんもヒット!しかし上がって来たのは同じくアイゴだった。

人工物の無い磯での釣りは日常から解放される!
東さんの1匹目はアイゴ!
ブダイ。ベラ科の魚だけにクセも無く美味しい魚。煮付けが一般的。ちなみに私がブダイにハマったのは煮付けでは無く”洗い”だった。是非試して頂きたい!

悪戦苦闘!

魚は居ると確信出来たが、後が続かず餌は残りっ放し。東さんは自宅から持ってきたというエビの剥き身も用意。剥き身は餌取り対策という事だったが、春の磯は海水温も低く、餌取りは少なかった。竿先付近は底が見える位の水深と透明度。暫くポイントを休ませた方が良いのか?澄川さんは軽く遠投したりと目先を変えていたが、動かない潮にヤル気も下がる。日和が良いのが救いだったが、餌も取られない状況に為す術もない。そして忘れた頃に澄川さんがアタリを捉えたが、またアイゴだった。ヒレに毒を持つアイゴだが、一夜干しにすれば最高のアテになる。ひとまずお土産は確保出来たのだが、この日の潮は納竿の午後1時まで殆ど動かず、周りの磯でも苦戦を強いられていた。グレ釣りには厳しい時期の取材だったが、湾内の磯ではチヌや小型グレが釣れていた。

磯釣りは岩に擦れても良いよう、浮力体で出来た”フローティングベスト”と”スパイクシューズ(ブーツ)が必要となる
磯釣り用の”竿受け”。無くても良いが、あると便利な一品
一夜干しで食すと美味しいアイゴだが、各ヒレに毒針を持つ。扱いは慎重に!
【動画】船でポイントまでGO!渡船・磯釣り
re>

これからが本番!

これからの時期は、産卵後のグレも回復して活性も上がり、海水温上昇と共に潮が走ればオナガグレもアタって来るという。また、シマアジが回って来るのも特徴だ。ウキ下を深くすればマダイも来る。磯からヤエンで狙うアオリイカは連日好釣果だ。5月からは半夜釣りも始まり、夕方の一発も期待出来る上に魚種も豊富になってくる。紀伊長島の磯はこれからが本番だ。

『石倉渡船』の事務所2階にあるバーベキュースペース!
事務所横にはシャワールーム完備!
シャワールームの横にあるトイレ
石倉渡船へは、紀伊長島インター出口を南下し、国道42号線を北上、国道260号線経由で行けば分かりやすい。道の駅マンボウが目印だ!
道の駅マンボウの近くで咲いていた満開の桜

釣りビジョンAPC・小川泰史

今回利用した釣り船

三重県 紀伊長島 『石倉渡船』
〒519-3204 三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区東長島
TEL:0597-47-0712
定休日:無し
釣果・施設情報 石倉渡船 ホームページ

出船データ

(料金)
レンタルボート:手漕ぎボート4,000円(保険料1人200円)、船外機付きボート9.9馬力1万1,000円、40馬力までは2万4,000円、各タイプ有り(保険料1人500円)
詳細は船宿のHP参照。無料仮眠所・女性更衣室・バーベキューテラス等施設充実
(交通)
大阪方面からは西名阪自動車道もしくは名神・第二名神経由で~伊勢自動車道~紀勢自動車道・紀伊長島から約3分で港へ
名古屋方面からは東名阪自動車道~伊勢自動車道~紀勢自動車道・紀伊長島~港へ

その他の記事

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。