オフショアマガジン

2019年6月15日号

千葉県・南房、乙浜沖の“キントキ五目”大型交じりで絶好調!!

03_main.jpg

チカメキントキは、真っ赤な魚体に立派な胸ビレ、歌舞伎役者を思わせる派手な出で立ちの美しい魚。「カゲキヨ」、「カネヒラ」などの異名を持ち、大きなヒレから生み出される強烈な引きが魅力でファンも多い。また、食味もいいが、釣り人でなければお目にかかれない希少な魚でもある。そんなキントキをメインに“根魚五目”を狙っている乙浜港『しまや丸』を訪ねた。

午前4時50分に出船

集合時間午前4時半少し前に港に到着。港に係留された「第三しまや丸」の前に車を停める。既に釣り人達が車の中で待機している様子。暫くすると船長が到着、指示にしたがって一斉に船に乗り込む。準備が出来た4時50分、右舷5人、左舷6人での河岸払いとなった。

出船前の「第三しまや丸」
準備風景
餌は冷凍イワシ、良さそうなのを選別中

ポイントは、港から出てすぐ

港を出て10分程、「もうすぐ着くから準備してね。オモリ80号ね」と、船長からアナウンス。思いのほかポイントが近く、慌ててカメラを準備する。船が潮に馴染んだころ「いいよ!どうぞ水深70m、タナは60mから下ね。サバも居るからね」と船長。各自思い思いに仕掛けを投入した。この日はナギ予報で波は穏やか。“ナギ倒れ”にならなければいいが…。そんな杞憂をよそに早速右舷から「来たよ!」の声で“本命”が上がった。釣り上げた加藤さんは、「持参した“特餌”のマルイカが効いた」と嬉しそう。
それを皮切りに船中そこかしこで魚が上がり出した。「キントキは食い上げするからね。デカイのは結構突っ込むから気を付けて」と船長からアドバイス。
7時20分頃、水深68m、タナ指示50mのポイントで“時合”に突入。中には4匹掛けをする人も。「反応が浮いているときは、タナは上から探って、1匹掛かったら食い上げるので、糸フケを取って追い食いを待つと良い」と船長。見ていると食い上げるせいなのか結構バレも多いようだ。この辺の攻略も釣果をわける鍵かもしれない。

ポイントは港からすぐ近く
特エサのマルイカを準備中
こちらはサバ餌にイカを持参
船宿仕掛け
仕掛け図
魚群探知機画像
早速来た
うれしい一荷(2匹)
やったね
どーだ来たよ
綺麗なキントキ
特エサが効いたね
良いサイズも
やった
また来た
こっちも
良い型
やったぜ
鈴なり4連
楽しい!
桶が満タン

水深40mラインに移動

アタリも一段落した7時40頃、船長から「次はサイズを狙えるポイントに行くよ」とアナウンスがあり、大移動。水深40mのポイントへ移動した。
9時30分頃、この日最大39cmのキントキを釣り上げたのは右舷の西山さん。(巻頭写真)。西山さんは1.6kgのマハタも釣り上げご満悦の様子。
私も暫し竿を出した。キントキは初めての釣りだが、見様見真似で釣ってみた。着底後、底1m程切ってアタリを待つ。ゆっくりと誘いを入れ、もう1m巻き上げて待つとゴンゴンとアタリ。ソフトに聞き合わせ、乗ったのを確認して電動リールをON。巻き上げ中に急に軽くなる。船長が言う通り食い上げている様子。巻き上げスピードを調整してなんとかバラさずにランディングに成功。サイズはそれなりだが、“本命”のキントキをゲットした。この日の最終釣果は15~45匹。2番手41匹の十二分な釣果だった。

大物ポイントへ移動
良いね
ナイス
1.6kgのマハタも上がる
また来た
良型のカサゴも
クーラー満タン
【動画】大きなヒレで舞う!キントキ五目釣り

今後の見通し

「例年、梅雨時期から9月ごろまでキントキを狙っています。6~7月に掛けては、白浜沖や布良沖のポイントを狙っていきます。今年は既に43cmの大キントキも出ているから、是非大型狙いに挑戦しにきてください。楽しい釣りができると思います」と、船長は明るい見通しを立てていた。

優しくて頼もしい島野一男船長
沖上がりに美味しいうどんを頂いた

釣りビジョンAPC・金井直行

今回利用した釣り船

千葉県 乙浜港 『しまや丸』
〒295-0101 千葉県南房総市白浜町乙浜1304
TEL:0470-38-2567
定休日:第2・4水曜日
釣果・施設情報 しまや丸 ホームページ

出船データ

キントキ五目(事前予約制)
料金:1万1,000円(付け餌、氷付き)
集合:午前4時30分 出船:5時 沖上り:11時

その他の記事

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。