釣りビジョン マガジン

2019年9月15日号

東京湾のルアー・タチウオ、絶好調!!

04_main.jpg

秋を迎えても良い日にはトップ50匹前後の好成績持続している千葉県・長浦『こなや丸』のルアー・タチウオ。台風15号の爪痕が心配されたが、「12日は何とか出船できる」と聞き急遽出掛けた。

ルアーなども購入可能

集合は国道16号線沿いの『こなや丸』店舗に午前5時。ここでまず受け付けをする。向かう道すがら場所によってはまだ信号機が動いていない交差点をいくつか通過、台風15号による停電の影響が色濃く感じられた(被害に遭われた方や不自由を余儀なくされた方に心からお見舞い申し上げます)。店舗入口すぐのテーブルで乗船名簿を記入、受付(レジ)に持って行く。乗船料を支払い、受け付け順の番号札を貰う。『こなや丸』は、釣具店でもあるので、ルアーやフック、ラインなど、足りない物があっても大丈夫、店内でほぼ見つけることが出来る。氷を貰い港へと移動。

午前5時、『こなや丸』店舗に集合
ルアーやフックなど、足りない物があってもほぼ揃う
港への案内図。コピーを貰うことも出来る

受付順に乗船し、釣り座を確保する

港へは車で5分程。進藤通孝船長が軽トラで到着し船を着岸させる。5時30分頃乗船開始。安全のため荷物は少しずつ運び込む。番号札順に乗り込み、好きな釣り座に荷物を下ろす(準備が出来次第出船となるので忘れ物のないように注意)。このところのジグウェイトは100gがメインだが150gまで用意、また、食いの渋い時には軽めのジグが良いこともあるので、60~80gもあると良い。

港で船長の到着を待つ
船にはまず手荷物のみで乗り込み、クーラーは後から手渡しで
さあ、釣り仕度の開始だ
たくさんのタチウオ用のジグ
朝、私は船宿でジグとアシストフックなどを購入
仕掛け図

長浦沖で第1ラウンド、サワラの跳ねを発見!

港を出て10数分、船は長浦沖で急にスピードを落とした。「えっ?こんなに近いの?」と思っていると、「サワラが跳ねているので狙ってみましょう」と船長。「跳ねてる!跳ねてる!」と叫ぶ声が聞かれ、皆、興奮気味だ。準備のいい人はちゃんとスピニングタックルを持ち込んでいて早速キャスティング。すると、左舷ミヨシ(船首)の佐倉市の畠中さんにヒット!ロッドは大きく曲がり、ジーッというドラグ音とともに勢いよくラインが出される。船長のタモ入れで60cmちょいのサゴシ(サワラの若魚)をゲット。畠中さんは更にもう1匹、今度はサイズアップして70cm級のサワラをゲット!

サワラ狙いだったのにタチウオが来ちゃった!
佐倉市の畠中さんがゲットした70cm級のサワラ!
畠中さんがサワラキャスティングに使用したジグ

第2ラウンド、富津沖でルアータチウオゲーム

6時40分頃、「第十七こなや丸」は富津沖へと移動。“本命”のタチウオ狙いだ。「水深15m、底から1mくらいの低い反応です」と船長からアナウンス。小さめの反応を丁寧に狙う。釣り方を船長に聞いてみた。「ジグを着底させてからの1ピッチ1ジャークですが、ロッドを大きく動かすとまずバイトしませんので、ジャークは極小さく」。感覚的にはタダ巻きに近いと言えるかもしれない(動画参照)。ジグの色や巻き上げスピードが合ってくると、「来た!」。“指3本”を中心に“4本”サイズも交じりコンスタントに釣れる。これは楽しい。

左舷胴の間(中央)、松戸市の高橋さんに早速指4本サイズ!
この大きさがレギュラーサイズ!千葉市の田辺さん
右舷ミヨシの板橋区の竹内さんに良型タチウオ!
右舷胴の間、市原市の間瀬さんにもレギュラー!
左舷ミヨシの畠中さんのレギュラー!
右舷トモ(船尾)2番、千葉市の磯部さんに良型!

第3ラウンド、ドラゴン狙いで走水沖へ

12時頃、西へと走り東京湾を横断して走水沖に到着。このところ大型の確率が高い場所だと言う。「水深60m、ちょっと浮いた反応です」と船長。やはり1度ジグを底まで下ろし、今度は底から30mくらいまでを1ピッチ1ジャークで探り、アタリがなければまた底から探り直す。皆、ドラゴンサイズの強烈な引きに期待を膨らませたが、時たま“指4本”級が出るものの、「いい反応はありますが、食ってこないので富津沖に戻ります」と船長。13時頃、富津沖で第4ラウンド。早速、「よし乗った!」の声が聞かれた。ここで私も60cm級のサゴシをゲット!14時過ぎに沖あがりとなった。

走水沖、左舷大ドモの千葉市の宝田さんの良型!
左舷胴の間、佐倉市の長島さんの竿が曲がった!
長島さん、“指4本”サイズをゲット!
高橋さんヒット!も、残念ながら外れてしまった
高橋さんのバケツにはこんなにたくさんのタチウオが!
やっぱりタチウオの歯は獰猛だ!
【動画】サワラ交じりで!ルアータチウオゲーム

秋のシーズンも好釣果に期待!

結局、この日は66~92cmのタチウオ19~30匹。シケ後の濁りのきつい条件下での釣果としては上々だ。トップは板橋区の竹内さん。この他、サゴシ・サワラが船中3匹、マゴチやイシモチも交じった。「今のタチウオは、浅場の群れが深場に落ちたり、深場から浅場に上がって来たりと、群れの移動が激しい季節です。逆に言えば、良い群れに当たれば思いがけない良い釣りになる面白い季節でもあります」と船長。夏場より明らかにサイズアップしたタチウオ、まだまだ浅場で好釣果も期待。涼しくなって来た今、秋のルアータチウオに是非出掛けて頂きたい。

30匹ゲットで竿頭となった板橋区の竹内さん
次頭は27匹で千葉市の磯部さん
概ね3、4割が太いタチウオだった
私が釣った60cm級のサゴシ(サワラの若魚)
型の良いマゴチも交じった!
イシモチも良型が交じった

釣りビジョンAPC・岩見忠弘

今回利用した釣り船

千葉県 長浦 『こなや丸』
〒299-0265 千葉県袖ケ浦市長浦拓1-1-111
TEL:0438-62-2707
定休日:毎週火曜日
釣果・施設情報 こなや丸 ホームページ

出船データ

ルアー・タチウオ予約乗合
料金= 9,500円(氷付き) ※女性7,500円、中学生以下4,700円
集合=船宿店舗に5時
出船=6時
レンタル=あり
※詳細はお問い合わせください。

その他の記事

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。