オフショアマガジン

2019年10月15日号

神奈川県・金田湾沖の“イサキ五目”釣果も脂もノリノリ!!

03_main.jpg

食味のよさで知られているイサキ。特に神奈川県・金田湾沖で釣れるイサキは「小型でも脂乗りが抜群で美味」と評判。更にこの時期はイナダの群れも入って来ている。最近、釣果も好調と聞き、金田港『金寅丸』に出掛けた。

金田港まで横浜横須賀道路・佐原ICから20分程

自宅のある埼玉県から、首都高を通り横浜横須賀道路・佐原ICへ。ここから金田港までは約11km、県道27号線を進み国道134号線へ。「三浦海岸」の交差点を県道215号線へ進んでいくこと3㎞で金田港の入口。ここに「朝市」と書かれた大きな看板がある。港へ入ると道なりに突き当たりまで進み、突当りを左折し進んで行くと「漁業者専用駐車場」と堤防に黄色で書かれた駐車場が見えてくる。集合場所は駐車場の直ぐ側の船着場。準備完了し集合時間までに船着場へ移動。集合時間は午前5時、早く出過ぎた事もあり午前4時には現地到着。車で仮眠して待っていると『金寅丸』の菱沼祐三船長が午前4時30分に港に到着。船に明かりが灯り、出船準備に取り掛かった。

港入口に設置されている「朝市」の看板
突当りまで真っすぐ進み左折すると駐車場へ
出船準備中の「金寅丸」

仕立専門船ならでは…仲間内で和気藹々と準備

『金寅丸』は「仕立専門船」。予約時に釣り物も相談して決める事が可能だ。乗船名簿は船宿ホームページからプリントアウトし事前にFAXするか当日持参する。4時40分には今回便乗させて貰った仕立船のメンバー4人も到着、地元の釣り仲間で良く一緒に釣りに行くそうで、『金寅丸』も良く利用しているそうだ。船内の準備も完了、船長の指示で乗り込み開始。船内には人数分のアミコマセ、付け餌のオキアミが釣り座にセットされていた。準備中に今回初めてコマセ釣りをする人に船長が釣り方をレクチャー、出船前も仲間内だけあって和気藹々と楽しそうだ。準備も早めに完了し、予定時刻より早めの5時10分、朝焼けの美しい風景の中、金田湾沖へ向け出船した。

釣り座にコマセがセット
船長によるコマセの振り方指導
朝焼けの美しい風景

まずはイサキ狙いでスタート!

この日は曇りの天気予報だったが、晴れて風も無く海も穏やかで絶好の釣り日和。走る事15分、金田湾沖のポイントに到着。「はい、いいですよ、上から15mまで落としてコマセを振りながら13mまでやって見て下さい」と、船長からのアナウンスでスタート。
まずはコマセの煙幕を作りイサキの群れを寄せる作業から。船長から「もっと撒いてね」と指示が飛ぶ。数投後コマセにイサキが寄って来たのか両舷ミヨシ(船首)の2人にヒット、右舷の田山さん(神奈川県稲城市)、左舷の淡路さん(東京都府中市)。2人ともイサキ釣りは初めてで、淡路さんはコマセ釣りも初とか。2人は出船前に船長から説明を受けていた。魚が寄って来ると船上は一気に活気づく。右舷トモ(船尾)で、リーダーの奥田さん(神奈川県稲城市)も次々とイサキを釣り上げる。左舷トモの守屋さん(東京都府中市)もダブルを含め釣り上げて行く。ウィリー仕掛けで、空バリのみに付け餌を付けるだけなので手返しも良く、その後も引き続き釣れていたが、イナダが回って来てしまった為、ハリス切れが多発。仕掛け直しなどで投入の間隔が空いてしまいコマセの幕が途切れ、イサキの食いが悪くなった。ここで船長は一端イサキを諦め、イナダを狙う為、ポイント移動となった。

まずは1匹目、田山さん
同時ヒット、淡路さん
ダブルヒット、守屋さん
イナダもヒット、奥田さん
桶はイサキで一杯に
仕掛け図(イサキ)

イナダ狙いに変更、これが見事的中!

移動する事10分、イナダ狙いのポイントへ移動。仕掛けもイナダに対応するためハリスを太めに変更。「下まで落として、5mでコマセを振って、誘いながら10mで!」と船長。今度は1投目から高活性。船長の読みが見事に嵌る。まずは、右舷から田山さんにヒット。「イナダは初めて釣りました。良く引きますね」とニッコリ。イナダ、そして良型のアジを釣り上げる。続いては奥田さんのロッドがしなる。これは大きそうだ。船長もタモを持って待機してるとイナダ級ではなく立派なワラサ。左舷側でも船中で船長のアドバイスをずっと受けていた淡路さん。「コマセの操作が難しいですね」と言いながらもダブルを含め連続でイナダを釣り上げた。負けじと守屋さんもイナダをダブル。魚探にはイナダの反応がビッシリ。入れれば掛かる状況に私も堪らず竿を出した。すると着底後、巻き上げ5mの所でひとシャクリ、すると一発で“青物”らしい強烈な引き込み。少々強引に引き上げると丸々と太ったイナダが上がった。好調な状況に、気が付けば周りに船団が出来るほど船が集まっていた。この後も“イナダ祭り”が続きクーラーボックスも入り切れない状況になりつつあるので、リーダー奥田さんと船長が話し合い、再度イサキのポイントを周り早上がりする事になった。状況に合わせ臨機応変に出来るのも仕立船のいいところだ。

初イナダ、田山さん
皆で注目、奥田さんも力が入る
ワラサを釣り上げ笑みがこぼれます、奥田さん
こちらもイナダ、淡路さん
同じくイナダ、守屋さん
仕掛け図(イナダ)
【動画】仕立てでワイワイ!イサキ五目釣り

ラストスパートでイサキを大量追加!!

最初のイサキのポイントへ移動。沖上がりを正午と決め、ラストスパート。船長のアドバイスの成果か、淡路さんがここで開眼。前半とは別人のようなコマセワークでダブル、トリプルと連続で釣り上げ一気に数を伸ばすと、田山さんも負けじと追い込みに入る。守屋さん、奥田さんは数を追加し11時30分には既に竿を畳んだ。
この日の釣果は、イサキが中・大型まじりで30~50匹、1kg前後のイナダが5~10匹、3kg級のワラサが1匹の好成績だった。「コマセ釣りはコマセの幕を切らさない事、コマセの振り方が釣果を左右しますね」と船長。アドバイスの成果を十分に発揮した淡路さんがコマセ釣り初で竿頭に輝いた。

ゆったりとした釣座、海は終始穏やかです
皆をフォロー 奥田さん 
田山さんのクーラーボックスは満杯! 
奥田さんのクーラーボックスにはワラサがドンっと
沢山釣らせて頂きました。菱沼祐三船長
皆さん好釣果にドヤ顔です

イサキ、イナダ脂乗りも良く美味ですよ!

帰宅してからの楽しみ、釣りたての魚を早速頂きました。イサキは定番の塩焼きで。小型でも脂乗りが良く、焼いても身がパサつかず、しっとりふっくらしておりとても美味。イナダは、“ゲスト”のウマヅラハギとお造りで。こちらも程良い脂乗りでサッパリしており、ウマヅラハギの肝醤油と合わせても抜群。
金田湾沖では、イサキだけでなく色んな美味しい魚が釣れる。仕立船で穏やかな海に仲間同士で和気藹々と食べたい魚を狙うも良し、釣れてる魚を狙うも良し、是非出掛けて頂きたい。

お土産のサザエ
イサキは塩焼きで
イナダとウマヅラハギの盛り合わせ

釣りビジョンAPC・森住貴義

今回利用した釣り船

神奈川県 金田港 『金寅丸』
〒238-0103 神奈川県三浦市南下浦町金田2277 金田漁協
TEL:090-8771-3069
定休日:なし
釣果・施設情報 金寅丸 ホームページ

出船データ

仕立船
料金※:仕立船基本料金
5人4万円(1人増8,000円) 氷含む。餌は別料金
仕立船基本料金(コマセ付きプラン)
5人5万円(1人増1万円) 氷、餌、コマセ付き
その他プランは『金寅丸』ホームページを参照
レンタルタックル有
竿・手動リール:1,000円
竿・電動リール:2,000円
出船:
午前5時集合 5時30分出船 12時30分沖上がり
(季節や釣り物で変動)

その他の記事

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。