オフショアマガジン

2020年1月15日号

茨城県・鹿島沖のタチウオ!大型中心に連日束釣り!!

01_main.jpg

茨城県・鹿島港『幸栄丸』では、正月早々からタチウオの予約乗合船を開始。水深20mの浅場で連日爆釣!!5割の確率でトップ束釣り(100匹以上)!しかも、1mオーバー中心で体高は“指4本”前後。いい日には140cm前後の超大型“ドラゴン”も。この大盛況に乗り遅れまいと7日に出掛けた。

タチウオ狙いで餌釣り2隻、ルアー1隻が出船

鹿島港へは東関東自動車道・潮来ICから約25分(15km)。集合は午前4時30分。受け付けは鹿島港(旧港)内の船宿事務所。乗船名簿を記入し、乗船代を支払う。車は事務所前に停められる。船は駐車場の目の前に停泊し、桟橋入口ではドラム缶で焚き火が焚かれていた。船形プレートの席番号のマグネットを端によけて釣り座を確保。修行中の若船長、小野慧(さとる)さんにクーラーに氷を入れて貰った。この日、タチウオは3隻が出船、餌釣り2隻とルアー1隻。私は餌釣りの大型船「第七幸栄丸」に乗り込んだ。

『幸栄丸』船宿事務所のロゴ
『幸栄丸』船宿事務所で受け付け
乗船した「第七幸栄丸」(右)
船形プレートで釣り座を確保
桟橋入口の焚き火で暖を取る
小野慧若船長から氷をもらう

船長の釣り方レクチャーで初心者も安心釣行!

タックルの詳細は仕掛け図参照。ハリ数は1本で十分だと思う(2本バリは全長2.4mまで)。餌は活イワシとサバの切り身だが、この日はサバは冷凍ではなく前日のヤリイカ船で釣れた新鮮な生サバの切り身が用意されていた。出船前に梅林将人船長から餌釣りの釣り方レクチャーがあった。「活イワシは群れが固まる前の朝の時間帯に有効です。鼻掛けにして底からゆっくり巻いてくるだけでハリ掛かりしますが、外れたら追い食いしないので交換してください。サバは端に皮側からハリを刺し1回縫い刺しにして、真っ直ぐ付けてください(写真参照)。オモリがゴツン、ゴツンとなる位強めに、どんどん素速くシャクリ上げてください。アタっても構わずシャクり続けます。ハリ掛かりしたら竿を立てて巻き上げます。シャクリがゆっくりだと、食いが良すぎるので、ハリを飲まれてハリス切ればかりになってしまいますよ」とのこと。

餌は前日釣ったサバの切り身
朝のうちは活イワシも有効
船で買える『幸栄丸』仕掛け
片テンビンとオモリ60号
ハリは皮側から1回縫い刺しに
仕掛け図

鹿島のタチウオはどんどん掛ける豪快な釣りだった!

5時20分頃、「第七幸栄丸」は出船。多少北寄りの向かい風だったが、大型船なので気にならない。1時間30分位で釣り場の大洗沖に到着した。「はい、どうぞ、下から3~7m」という船長の合図で開始。水深は20m前後だ。真冬なのに信じられないほどの浅い水深、これは釣りやすい。足元の桶に活イワシが配られた。程なく右舷トモ(船尾)で1匹目、“指3本”サイズが上がった(このサイズより小さい個体はほぼ釣れなかった)。「底から3~7mに反応出っぱなしですよ。どんどんやってください」と船長。鹿島のタチウオ釣りは、冬でもどんどんシャクる豪快な釣りなのだ。

体高“指3本”サイズがほぼ最小
“指4本”前後!レギュラーサイズ
“指4本”以上!大型だ!
朝からあちこちで釣れまくった!
2、3度シャクると、ほら釣れた!
上乗りさんは餌の補充に忙しい

船の周りにはタチウオの反応が出っぱなし!

「下から3~10m」と船長。最初3~7mだった指示ダナの幅が広くなった。群れが大きくなったのだ。船長に聞いてみると、「船の周りはタチウオの反応だらけです。このところ、群れの反応が消えるなんてことはなく、ソナーを見て船の位置を微調整するだけで、ずっと釣れ続けています」と言う。“指3~4本”のグッドサイズのタチウオが、キチンとシャクリさえ出来ていれば、初心者からベテランまで分け隔てなくどんどん釣れていく。こんなに釣れるタチウオは、私の経験では見たことがない。

だんだん“指4本”が多くなった
終始釣れ続けた!
初心者の方も最終的に40匹!
桶の中はタチウオでひしめき合う
ソナーに濃い反応が出っぱなし
魚探の反応も爆発しまくりだ

ほぼ百発百中!これがホントの入れ食いだ!

私もうずきまくる釣り心を押さえきれず竿を出した。サバの切り身は“生サバ”とのことだけあって皮の色が素晴らしい。身も軟らかいので水中でシャクったときにいい動きをしてくれそうだ。仕掛けを底まで降ろし2、3m空巻き。強くシャクってリールを1巻き-をどんどん繰り返して素速くタナを探る。「アタった!」が、気にせずシャクって今度はリールを1/2巻き。「またアタった!」そしてシャクってまた1/2巻き。次のシャクリで、「よし!乗った!」。これがホントの入れ食いと言うのだろう。ほぼ百発百中。ちょっとオーバーだが、投入した数だけ釣れる感じだ。

ふふふっ!これは良いサイズだ!
もう何匹目だかわかりません
タチウオ初挑戦の方にも良型!
「70匹釣れたよ!」とニッコリ
80匹で竿頭!
80Lのクーラーにビッシリ!
【動画】浅場で入れ食い!タチウオ釣り

今がチャンス!船中700匹で早上がり!

船長から「皆さんクーラー満杯なので上がっていきます」というアナウンスがあり、11時頃早上がりした。釣果はタチウオ75~127cmが25~80匹(竿頭は松戸市の鈴木さん)。ざっと計算したところ、船中700匹前後の“大漁”!別船餌釣りはトップ100匹!ルアー船はトップ130匹!港に戻り、たっぷりの追い氷を貰い、昼食サービスやお土産まで頂いて、大満足で帰路に着いた。「今年のタチウオは10年に1度という位の大当たりです。ドラゴン級も多く、連日良い釣りになっています。1月一杯は続くと思いますが、なるべくお早めの釣行をお勧めします」と梅林船長。入れ食いタチウオ!今がチャンス!是非チャレンジして頂きたい。

港に戻りたっぷりの追い氷
広い洗い場で道具を洗う
昼食サービスの大盛りカレー
お土産にキャベツもいただいた
「タチウオ当たり年です」と、梅林将人船長
お世話になりました、上乗りの内野さん

釣りビジョンAPC・岩見忠弘

今回利用した釣り船

茨城県 鹿島港 『幸栄丸』
〒314-0003 茨城県鹿嶋市小宮作1069-67
TEL:0299-82-2775
定休日:第3月曜日
釣果・施設情報 幸栄丸 ホームページ

出船データ

タチウオ予約乗合(餌釣り)
料金=1万2,100円(活イワシ20匹、サバ切り身、氷付き)
集合=4時30分
出船=5時~5時30分
沖上がり=11時30分頃
レンタル=貸し竿(手巻き 1,000円)
※詳細は問い合わせ

その他の記事

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。