オフショアマガジン

2020年2月1日号

静岡県・田子の浦沖のコマセ・マダイ、手軽に良型好調!!

05_main.jpg

静岡県・田子の浦港『鶴丸』のコマセ・マダイは、昨年末から好調に数が釣れていた。そして年明けからは、出船すれば2kg前後の良型マダイが交じるようになり、魅力がさらにアップ!「それなら」とばかりに出掛けてみた。

2月は、午前6時30分集合!!

田子の浦港は富士市。東名高速・富士ICを降りて田子の浦港方面へ約10分で到着。交通の詳細は記事末の「釣果・施設情報」内の「アクセス」参照。暗い早朝だと船着き場への入口がわかりにくいと思われるので下記写真も参考にして頂きたい。集合時間は、2月は6時30分に船の前。写真の入口を入り、左奥へと進む。突き当たりの少し手前に「鶴丸」は係留されていた。船の前に先着の車があったので聞いてみると、ここが『鶴丸』の駐車場で間違いない。鶴牧謙二船長が到着、荷物を運び込み、釣り仕度に取り掛かる。この日は私を含めて6人が乗り込んだ。準備が出来次第出船となる。

静岡県・田子の浦港『鶴丸』
「鶴丸」の船体のロゴ
「鶴丸」の船着き場への入口
明かりが点いたら乗船開始
餌は大型クーラーで運び込まれた
1人分の付け餌とコマセ

港を出て10分で釣り場到着!!

港を出て約10分で釣場に到着、とても近い。釣り方はオモリ80号の片テンのコマセ釣り。ビシにコマセのオキアミを詰め、ハリに付け餌のオキアミを尻尾を切って1匹掛け。船長の合図ですぐに投入出来るようスタンバイしていた。東の空が明るく染まると、富士山がぼんやりと浮かび上がり、そのド迫力の絶景に度肝を抜かれた。田子の浦沖は富士山に最も近いマダイ釣り場だろう。日の出を待って、「それでは始めます。75の68で合わせてください。投入が遅れた方は70の68で」という船長のアナウンスで開始。「75の68」は、「ビシを1度75mまで沈めて、コマセを撒きながら7m持ち上げ、ビシのタナが上から68mになるようにしてアタリを待つ」という意味。さあ、来い!楽しみだ。

いつでも投入OK
80号ビシにコマセを詰めておく
配給の付け餌のオキアミ
付け餌は尻尾を切って1匹掛け
仕掛け図
朝陽にきれいに染まった富士山

来た!グンッ、ググンッと良い引きだ!

左舷胴の間(中央)の釣り人を富士山バックで撮影していた時だった。「2mタナを上げてください」と船長。魚探に浮いた良い反応が入ったのだ。反対側から「来た!」という声が聞こえた。私は慌ててカメラを持ったまま移動。釣り人は、右舷胴の間の富士市の宇佐美さん、置きザオで電動巻き上げ中だった。竿先がグググッ、ググググッ、時たま、グンッ、ググンッと引き込まれた。この引き方はきっとマダイだ。置き竿のままで大丈夫だろうか?と、ちょっとドキドキしながらカメラを回したが、心配無用、ビシを回収しハリスを手繰ると、海面下に赤い魚影が現れた。右舷ミヨシ(船首)の宇佐美さんの友人のタモ入れで船中1匹目のマダイが無事取り込まれた。40cm位あるだろうか。1kg前後のきれいなマダイだった。

富士山を間近に眺めながらマダイを釣る
よし、いつでも来い!
きれいなマダイ!

竿を大きく曲げるアタリ3発!も無念のバラシ

その後、大きく竿を曲げる何かが右舷大ドモ(船尾)で2発、前述の宇佐美さんにも1発掛かるも残念ながらバレてしまった。船長はいくつものポイントを回ってくれたが、左舷胴の間でイナダが釣れたのみ。正午を迎え、タイムアップとなった。この日は、魚群探知機には良い反応が出ていたにも拘わらず、マダイだけでなく“ゲスト”や餌盗りの活性も低かった。関東では前日各地で降雪があり、田子の浦港のある富士市でも冷たい雨とミゾレが降ったと言う。そのため海底付近の海水が冷えてしまったのだろう。また、この日は潮の流れにもあまりメリハリがなく、様々な要素が絡み合って、マダイは食い渋ってしまったようだ。

来たか!?いい曲がりだったがバレてしまった
右舷胴の間で釣れたイナダ
丸々した美味しそうなイナダだ
【動画】タナ合わせをしっかり!コマセ・マダイ釣り

世界遺産の富士山をバックにマダイを釣ろう

「船長、次はリベンジしますので、またお願いします」と私が言うと、船長も「私もリベンジしますので、是非来てください」と答えてくれた。本来ならこの時期は2㎏前後のマダイが何匹か交じると言う。「条件が良くなればマダイは今後も有望です」と船長。実際、この取材後には2人3匹ずつで、2kg前後が2匹(下記写真)交じった日もあった。今後もチャンスは必ず巡って来る。世界遺産・富士山の絶景を眺めながらのマダイ釣り、ぜひ挑戦して頂きたい。また、これからの時期はマダイ→アマダイのリレー釣りやタチウオも有望とのこと。こちらも楽しみだ。

昨年12月、0~5匹船中12匹と絶好調!
取材後に釣れた2.2kgの型の良いマダイ!
こちらも取材後、よく太った2kgのマダイ!
今後はマダイ・アマダイリレーも有望
タチウオの釣果も上向いて来た
いくつものポイントを回ってくれた鶴牧謙二船長

釣りビジョンAPC・岩見忠弘

今回利用した釣り船

静岡県 田子の浦港 『鶴丸』
〒419-0201 静岡県富士市厚原894-11
TEL:090-1629-3680
釣果・施設情報 鶴丸 ホームページ

出船データ

コマセマダイ予約乗合
料金=1万円(付け餌、コマセ、氷付き)
集合=6時30分(港)
出船=準備出来次第
沖上がり=12時頃
レンタル=貸し竿(2,000円)
仕掛け=あり(予約時に注文)
※詳細は問い合わせ

その他の記事

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。