釣りビジョン マガジン

2020年03月01日公開

千葉県・犬吠沖のアカムツ、もはや“幻”ではない!?

01_main.jpg

年明け解禁になった犬吠沖の超高級魚・アカムツ。茨城県・波崎港『仁徳丸』は、アカムツ釣りの老舗として知られた船宿。最近は、規定匹数である10匹に達する人も多いとの事。その昔、「オデコ(0匹)覚悟、1匹釣れたら御の字」と言われた幻の高級魚だったが、昨今はコンスタントに釣果が出ていて、もはや“幻”の括りが取れた感じさえする。

 

アクセス

波崎港までのアクセスは非常に良い。東関東自動車道終点・潮来ICを降りて国道124号線を銚子方面へ。30分位走ると利根川に掛かる銚子大橋があり、そこを渡らず左折。その河川敷河口方面沿いに向かうと「仁徳丸」の船着き場がある。
※船着場周辺のナビポイント、「青木屋旅館」住所:〒314-0408茨城県神栖市波崎9495 で検索すると船近くの場所が表示される。

波崎港・利根川沿いに停泊している「仁徳丸」
軽トラが到着して受け付け開始
氷、餌を受け取る

タックル

大型、中型電動リールに道糸はPE4号、オモリは200号が基準。仕掛けはシンプルで胴突き仕掛けの2本バリ。ハリスはフロロカーボンの6~8号を50cm。ハリはムツの16~18号を使用。「チモトに付けるビーズ等は活性や食い込みの悪い場合は外してみる事も試して欲しい」と船長。釣り人によってはヤリイカで用いられる中オモリの10~15号を使用する人もいる。餌はホタルイカが基本でサバの切り身を重ねて付ける場合もある。

船宿特製仕掛け(非常にシンプル)
タックルは昔に比べて大分コンパクト
中オモリを使っている人も多かった
餌のホタルイカ
サバの短冊でアピールアップ
ホタルイカとサバを付ける
ジグで狙う場合・500g前後のメタルジグ
仕掛け図

犬吠沖の深場へ!

夜が明けて来る中、犬吠沖のポイントへ。

午前3時、少し早めに「仁徳丸」の船着き場に到着。今回は撮影のみの予定で準備をしていると次々に釣り人が到着。風も弱く釣り日和になりそうな気配だ。軽トラで女将さんが到着して受け付けを開始。今回、高橋昭力さんが舵を握った。
午前4時30分過ぎに出船。犬吠埼沖のポイントまでゆっくりと船を進め約2時間、日の出と共にスタートとなった。水深は250m、秋口の水深よりもだいぶ深いポイントだ。水深が深いと何が掛かるかも楽しみの一つでわくわくしてくる。左舷ミヨシ(船首)の佐藤さんが、「今回リール買って来たんですよ。釣れると良いな」と言いながら笑顔で投入。各自着底したとたん、右舷大ドモ(船尾)の森泉さんに早速ヒットした。時折叩く様な引きに、「アカムツだね」と、丁寧に竿を持ちコントロールして上げて来る。無事ネットに入ったのは良型アカムツ。お腹が黒ずんで大型の風格が有る。1投目から出るとは羨ましい。数回道具を入れ替えると、次は隣にいた奥村さんにヒット。ハッキリとしたアカムツの引き。見事な40cm級のアカムツだった。

綺麗なご来光を拝めるのもこの時期ならでは
ポイントに到着してスタート
中オモリを駆使してラインをコントロールしていた
船中1匹目を手中に収める
良型40cmオーバーを上げた
【動画】スロージギングもOK!アカムツ釣り

潮が悪い!

森泉さんはオモリ着底後、誘い上げ、中オモリを使い道糸を修正。道糸が張った所でスローに竿を下げ、再びオモリを海底に着ける操作で誘っていた。見事にヒットさせ2匹目を上げた所で、船長に話を聞くと「潮が凄く悪いんです。“三枚潮”になっていてアタリも取り辛いと思います。食いも悪いですね」との事。確かに投入のタイミングがずれると、先に投入した人と道糸の向きが変わってしまい釣り辛そうだ。釣り人に状況を聞いても「アタリが取り辛く、ハリ掛りが悪い」との事。左舷ミヨシで、「前回は定量(10匹)迄釣れて調子よかったんですよ」と船中3匹目のアカムツを手にした天野さん。ルアーで狙っていた依田さんは500g前後のメタルジグでトライしてアカムツをゲット。ミヨシで潮の悪い中、ボトム迄ジグをコントロールしてヒットさせたのはお見事。ヒットさせた釣り座から上げて来ると反対側から上がって来てしまう状況。しかし、アカムツ自体は多い感じで、潮周り毎にヒットがある。佐藤さんは「来たよ」と嬉しそうに巻いて来るとクロムツ。「赤くなかったけど」と言いながらも嬉しそう。左舷で楽しそうに釣りに来ていた3人組の1人、中さんにも良型アカムツがヒットした。ポツリポツリとアカムツが上がるが、この頃からサバが襲来。しかし、サバも良型。特に依田さんがジグで掛けるサバはナイスサイズ。これはこれで“嬉しいゲスト”だ。サバが大人しくなると、アカムツのアタリも少なくなり潮が変わった様子。「良型が見れただけでも良いかな」と、そんな雰囲気が流れていた。

楽しそうにアカムツゲット
この型が揃うのも魅力的
クロムツを上げた
アカムツの後にクロムツもヒットさせた
アタリが少なくなっても集中して狙いたい
この海域のサバはブランド。羨ましい
サバとアカムツのダブルも多いので慎重にタモ入れしたい
各船・スパンカーを上げている船と畳んでいる船が有る事でも潮の状況が悪いと判る

潮が変わった途端にドラマが…

いよいよ最後の流しのアナウンス。「この潮が最初からあれば。最後に潮が良くなったよ」と船長。その言葉が現実になった。まず左舷ミヨシ、天野さんがアカムツのダブル。すると隣の佐藤さんにもヒット。中さん、原田さんにもアカムツ。左舷大ドモでもヒットし左舷側で全員アカムツがヒット。更に右舷側でも森泉さん、奥村さん、藤沢さんもアカムツ。船長が話した通り潮が良くなった途端にアカムツが食い出した。ルアーの依田さん、佐藤さんはクロムツ。読みが完璧に当たり「群れで動いているからね」と船長。最後までアタリが続き12時30分の沖上がりとなった。
トップはアカムツ8匹。見事なサバ、ユメカサゴ、クロムツなどゲストは多彩。船長の見立ても素晴らしかった。“幻”とも言われたアカムツ。しかも良型が揃うとは…。老舗船宿「仁徳丸」なら初チャレンジでも安心だ。

ダブルを皮切りに、船中ヒットが続く
手返しが見事だった
こちらも良型
待望のアカムツ
アカムツを上げて一安心
「なんでだろう」と3匹目のクロムツを笑いながら上げた
クロムツも最高。美味しい魚だ
良型が魅力・見事なアカムツ
色々とお話してくれた高橋昭力船長

釣りビジョンAPC・山口充

今回利用した釣り船

茨城県 波崎港 『仁徳丸』
〒314-0408 茨城県神栖市波崎8573-5
TEL:090-3345-3651
定休日:毎月第3月曜日
釣果・施設情報 仁徳丸 ホームページ

出船データ

アカムツ乗合(予約制)
料金:ホタルイカ1パック 氷付き 1万3,500円
集合:午前4時
仕掛け:PE4号(推奨)、胴突仕掛け2本バリ、オモリ200号使用
※他の方との糸の擦れ・魚の歯等で道糸切れる場合があるので、予備糸または予備リールの用意必要
※料金等は取材当時のものとなります。料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては各施設等にお問い合わせください。​

関連記事