オフショアマガジン

2020年7月15日号

夏はマゴチだ!茨城県・鹿島沖のルアー釣りで数型とも好調!!

02_main.jpg

夏の良く晴れたナギの日に活性が上がると言われるマゴチ。茨城県・鹿島沖で60cmが顔を出し、数・型共に好調との情報を聞き付け、鹿島港『長岡丸』から「ルアー・マゴチ船」に乗った。

東関東自動車道・潮来ICから約20分

『長岡丸』は、“鹿島旧港”にある。マイカーなら東関東自動車道・潮来ICから約20分。港の手前の道路角に『長岡丸』の看板を右折。突き当たりを左に曲がるとすぐに受け付け、駐車場、乗船場所がある(「釣果・施設情報」内の「アクセス」の地図参照)。集合はここに午前4時迄に。まずは、待合所に置かれた船型プレートの前に置かれた番号札で釣り座を確保、受け付け(コンテナ)が開いたら乗船名簿を記入、乗船代を支払って、荷物をまとめて乗船場所に移動する。氷は船の近くに置かれた貯蔵ボックスからセルフで貰い、足元に注意して“ルアー・マゴチ”の「1号船」に乗り込んだ。

AM3:40、雨風続きのせいか駐車場は空いていた
AM3:40、雨風続きのせいか駐車場は空いていた
待合所の船型プレート前の番号札で席取り
待合所の船型プレート前の番号札で席取り
AM4:10、受け付けが開いた
AM4:10、受け付けが開いた
乗船名簿を記入、乗船料を支払う
乗船名簿を記入、乗船料を支払う
船の手前でセルフで氷を貰う
船の手前でセルフで氷を貰う
右から「3号船」(メンテ中)、乗船した「1号船」、「2号船」(マダイ)
右から「3号船」(メンテ中)、乗船した「1号船」、「2号船」(マダイ)

大きな船に3人のみの贅沢さ

この日は、南西の微風に小雨交じりでナギ。釣り人は私を含めて3人。前日は関東でも台風並みの強い風雨に見舞われ、当日も雨が交じる天気予報だった。そのため大きな船に3人のみと、何とも贅沢な“ディスタンス”で右舷側に全員並んだ。ミヨシ(船首)はさいたま市の栗本さん(ルアー・マゴチ2回目)、胴の間(中央)が同市の岡田さん(同初挑戦)、トモ(船尾)に私(初挑戦)、何と全員が初心者だ。片舷に横並びになったのは風を船腹に受ける“横流し”で船を流すからだ。両舷に釣り人がいる場合、釣りやすさを公平にするため一流し毎に船の向きを反転させるが、片舷だけなら常に釣りやすい向きで船を流せる。もしかしたらラッキーな日に当たったのかもと内心思った。

スイミングテンヤ40g
スイミングテンヤ40g
様々なソフトルアー
様々なソフトルアー
こんな感じに付ける
こんな感じに付ける
タックルは一つテンヤ用でOK
タックルは一つテンヤ用でOK
仕掛け図
仕掛け図

アンダースロー、ゆっくり巻いたり、ズル引きで狙う

午前5時、長岡寿樹船長の操船で出船。釣り場までは15分程。「はい、どうぞ。水深は9m、11m位までだんだん深くなります」とのアナウンスでスタート。風は右舷に当たっている。とは言え、微風なので気にならない。船長に釣り方のレクチャーをお願いしたところ、「アンダースローで投げて、着底したら糸フケを取り、ゆっくりリールを巻いてくるだけです。流れがない時は、竿を水平にしてゆっくりルアーを引っ張ってやると誘いになります(ズル引き)。アタリがあったら“鬼合わせ”です」。ルアーについて尋ねると、「クロ―系、グラブ系が良いと思いますよ。色はオレンジや赤などです」。また、「時折、型のいいマダイや“青物”が釣れることがあるので、ドラグは、ゆるめにしておいてください。この“ゲスト”を楽しみにしている人も結構いるんですよ」と言っていた。なんとも楽しみだ。

ハリを外す道具があった方が良い
ハリを外す道具があった方が良い
船中1匹目のマゴチ!
船中1匹目のマゴチ!
ルアーは赤のグラブ系か
ルアーは赤のグラブ系か
この釣り2回目で良型が!
この釣り2回目で良型が!
私も試しにやってみたら来た!
私も試しにやってみたら来た!

アベレージサイズは45~50cm!!

釣れるマゴチは、良型ばかりだった。竿を水平にしてルアーを引っ張るとゴツンッと当たる!“鬼合わせ”を入れ、半ば強引に巻く。すると、マゴチ独特の首振りの大暴れに興奮させられる。寄せて抜き上げるか、大物はタモで掬う。アベレージサイズは45~50cm、時たま50cmオーバーも顔を出した。この釣り初挑戦の岡田さんもすっかり填ってしまったようで、竿を持つその表情は真剣そのものだ。「来た!」。合わせも決まった。間違いなくナイスサイズだ。船長のタモ入れで無事ゲット。満面の笑みがこぼれた。しかし、この釣りはバラシが多い一面もあり、栗本さんは朝の1匹の後ずっと悩んでいた。船長に尋ねると、「どんなに上手い人でもバラシは普通にある釣りなんです」との事。ルアーをチョイスして、誘って、食わせて、強烈な首振りに大興奮!!

初挑戦、かなり真剣な表情
初挑戦、かなり真剣な表情
よっしゃ!来たぞ!良いマゴチだ!
よっしゃ!来たぞ!良いマゴチだ!
岡田さんの途中経過
岡田さんの途中経過
頻繁にルアー交換して当たりルアーを探った
頻繁にルアー交換して当たりルアーを探った
一番釣れたのは定番のオレンジだった
一番釣れたのは定番のオレンジだった
アベレージサイズは45~50cmの良型!
アベレージサイズは45~50cmの良型!

状況に合わせて様々なパターンで狙って食わせた!

私も初挑戦の超初心者ながら色々な釣り方を試してみた。まず船長お勧めの竿を水平にしての“ズル引き”。この釣り方はアタリを最も多く出せたし、安定した釣果に繋がりそうな感触があった。それと、シロギス釣りのように竿を立てることで少しずつ引き寄せてルアーを泳がせては底を取り直す縦の動きを意識した誘い。これはルアーが底に着いた時に食いつくようで、次の誘いで竿を立てた瞬間根掛かりのように重くなり、“鬼合わせ”すると大暴れ。楽しいパターンだった。マダイを意識した大きくシャクリ上げてからのゆっくりしたフォール、もう少しで着底というタナでガツンッと当たった。「良い時は置き竿でも食うよ」との船長の言葉から、キャスト後の着底でゼロテンションで暫し放置してみたら食った!流れや食い気などの状況で様々なパターンの釣り方を試行錯誤すると良いようだ。“ルアー・マゴチ”、とても面白い釣りだった。

初めてで大興奮!マゴチ・ルアーゲーム

初心者でも十分楽しめる!

11時30分頃、沖上がり。結果は栗本さん1匹、岡田さん5匹、私6匹、サイズは40~57cm。釣行日直前までの風雨、それによって下がってしまった海水温、当日も小雨交じりだったが、唯一の救いはナギだったこと。だが、終わってみればまずまずの釣果。「今日は正直良い条件ではなかったです。そんな中、全員顔が見られて、しかも、良型ばかりでした。良かったです。晴れてナギの日が続けば、もう少し小さいのも交じりますがもっと数が出ます。50cmオーバーがアベレージサイズになり、60cmオーバーも普通に釣れて来るはずです」と船長。フランクでフレンドリーな良い船長だ。たっぷりの追加氷をクーラーに入れて貰い、女性スタッフからペットボトルの冷えたお茶をいただいた。今後も注目の釣りなのは間違いない。是非挑戦して頂きたい。

この50cmオーバーで5匹に!
この50cmオーバーで5匹に!
釣れたマゴチは終了近くまで活かしておいた
釣れたマゴチは終了近くまで活かしておいた
血抜きをしたら海水氷のクーラーに(後で氷追加)
血抜きをしたら海水氷のクーラーに(後で氷追加)
初挑戦と2回目の2人も満足!
初挑戦と2回目の2人も満足!
これからの季節、水分補給は忘れずに
これからの季節、水分補給は忘れずに
一から十まで丁寧に教えてくれた長岡寿樹船長
一から十まで丁寧に教えてくれた長岡寿樹船長

釣りビジョンAPC・岩見忠弘

今回利用した釣り船

茨城県鹿島港 『長岡丸』
〒311-2212 茨城県鹿嶋市角折2354-10
TEL:090-5797-6750
定休日:第3月曜日
釣果・施設情報 長岡丸 ホームページ

出船データ

ルアー・マゴチ予約乗合(午前船)
料金=1万1,000円(氷付)
集合=午前4時
出船=5時頃、沖上がり=11時30分頃
貸し竿=なし
※詳細は問い合わせ

その他の記事

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。