オフショアマガジン

2020年12月15日号

千葉県・大原港発「一つテンヤ・マダイ」浅場で絶好調!

01_main.jpg

「縁起物の魚」と言えば、マダイ。みなさん色々頑張った2020年の釣り納め、希望を持って迎えたい2021年の釣り初めにお薦めの釣り物として、連日好釣果でビギナーも楽しめる千葉県・大原港『新幸丸』の一つテンヤ・マダイをレポート!

アクセス良好、大原港!

「新幸丸」が発着する大原港は、首都圏中央連絡自動車道・市原鶴舞ICを降りて約40分。途中、コンビニエンスストアや24時間営業の飲食店もあって出船時間の早いこの釣りでも大変便利。カーナビには「千葉県いすみ市大原10398-21」と入力すれば迷わない。カウンターで乗船名簿の記入と乗船料の支払いを済ませ、店前に停められた軽トラックにクーラーボックスなど荷物を積む。船着場までは釣り竿片手に徒歩1分。乗船場所で山口新一船長が待っていて、釣り人が揃った所で釣り座を決めるクジを引く。餌と氷が配られ、タックルの支度や餌の解凍が済む頃、船長から「出ますよ」の声が掛かる。女将さんの「行ってらっしゃい」に送られて、「新幸丸」は5時30分ちょうどに出船した。

集合場所の待合所、左手が駐車場
集合場所の待合所、左手が駐車場
一組ずつ受け付けを済ませる
一組ずつ受け付けを済ませる
乗船場所の突堤はこの看板が目印
乗船場所の突堤はこの看板が目印
荷物は軽トラで運んでくれる
荷物は軽トラで運んでくれる
釣り座は公平にクジ引きで
釣り座は公平にクジ引きで
出船は夜明け前、サーチライト搭載で安全
出船は夜明け前、サーチライト搭載で安全

アタリ多く、根気の釣りで良型も!

夜明け前の海を走ること30分程で岩船沖に到着。一つテンヤ・マダイではお馴染みのパラシュートアンカーが投入され、船長の「いいですよ~、18m!」のアナウンスでスタート。テンヤが着底したら、竿一本分をシャクリ上げ、また海底まで沈める──という基本的な“リフト&フォール”の釣りをする釣り人が多かった。アタリの多い海底付近の魚は小振りな個体が多いものの、ショゴ(小型のカンパチ)やマハタ、スマガツオなど、魅力的な“ゲストフィッシュ”も多数交じった。天気予報に反して強くなる雨風に悩まされたが、根気良く釣ると1㎏強“目の下一尺(約30㎝)”と呼ばれる美味しいサイズのマダイが釣れ始め、釣果は徐々に伸びて行った。

海底付近のリフト&フォールで船中1匹目
海底付近のリフト&フォールで船中1匹目
根気の釣りで“美味しいサイズ”
根気の釣りで“美味しいサイズ”
雨ニモ負ケズ風ニモ負ケズ、嬉しい1匹
雨ニモ負ケズ風ニモ負ケズ、嬉しい1匹

【動画】浅場で好調!ひとつテンヤゲーム

美味しいゲストフィッシュも特筆!

一つテンヤ・マダイの楽しみの一つに、マダイの他に釣れてくる“ゲストフィッシュ”がある。カンパチの若魚で、刺し身や塩焼きが絶品のショゴ(シオ)。“全身トロ”とも言われ、食通を唸らせるスマガツオ。刺し身も煮物も鍋ダネにしても美味しいマハタは専門に狙う釣り師も居る高級魚。釣れたら直ぐに皮を剥いで身欠きにすると、臭みも無く美味しく食べられるウマヅラハギ。調理には免許が必要だが、良型のショウサイフグも上がった。また、大原でも釣れるようになった南方系の魚種、カンダイ(コブダイ)も見かけによらず美味しい魚で、煮付けや刺し身は勿論、フライにするのもお勧めだ。多彩な釣果は釣魚料理の幅も拡がり、家に帰ってからの楽しみもより一層膨らむのが嬉しい。

刺し身が美味しい、カンパチの若魚・ショゴ
刺し身が美味しい、カンパチの若魚・ショゴ
“全身トロ”と言われるスマガツオ
“全身トロ”と言われるスマガツオ
高級魚のマハタも大原の定番!
高級魚のマハタも大原の定番!
ウマヅラハギは下処理が決め手
ウマヅラハギは下処理が決め手
良型のショウサイフグも来た!
良型のショウサイフグも来た!
カンダイは見かけによらず美味しい魚
カンダイは見かけによらず美味しい魚

船長に訊く“上達のコツ”

一年を通じて一つテンヤ・マダイ専門に出船している山口新一船長にビギナーへのアドバイスを訊いた。「兎に角、何でも訊いて貰えれば。全部、一から十まで教えるから。訊いた方が絶対イイ!」と頼れる回答。普段はほぼ山口船長と大地若船長の2人態勢で出船しているので、餌の付け方やリーダーの結束は勿論、テンヤとリーダーを結ぶところまで万事頼めばやってくれる。知っているつもりでも尋ねたり、頼んでみると目からウロコの発見があるかも知れないので、中級者やベテランの釣り師も、恥ずかしがったり格好付けずに手詰まりになったら声を掛けるのが得策だ。『新幸丸』と言えば一つテンヤ・マダイの草分け的船宿。ビギナーにとって上達の近道になる筈だ。

山口新一船長(右)と大地若船長(左)
山口新一船長(右)と大地若船長(左)
付け餌はお馴染みの冷凍エビ
付け餌はお馴染みの冷凍エビ
仕掛け図
仕掛け図
貸し竿もたくさん、ビギナーも安心!
貸し竿もたくさん、ビギナーも安心!
釣り方の説明は無料、頼まない理由が無い
釣り方の説明は無料、頼まない理由が無い
このレクチャーは釣果にコミットする
このレクチャーは釣果にコミットする

冬場のマダイ、その美味をお試しあれ!

「妹の子がお食い初めで」と初マダイGET

岩船沖、水深13~28mを攻略したこの日。風波が強く釣り辛かったものの、竿頭の浅井さん(世田谷区)は11匹。ご一緒のお父さん(御年75歳)も1.3kgを頭に8匹を釣った。妹さんに産まれたお子さんのお食い初めにと、初めて一つテンヤ・マダイにチャレンジした脇内さん(世田谷区)は6匹ほか“ゲストフィッシュ”多数と大健闘。いつもは川津港でジギングを嗜む脇内さん、「アタリが多くて楽しい」とご満悦だ。「今年はね、浅いトコが長いんだよ。浅場で絶好調」とは船長。仕掛けの上げ下げや餌のチェックも億劫にならないのがビギナーやシルバー釣り師にも嬉しいところ。今季は数釣りは勿論、一発大物も狙える大原発の冬の一つテンヤ・マダイ。ライトタックルで味わう釣り味もさることながら、この時期のマダイは食味も抜群。年末年始の釣り物の候補に是非お薦めしたい。

厳しい天候だったが釣れた喜びはひとしお
厳しい天候だったが釣れた喜びはひとしお
今季は一発大物の気配も(船長撮影)
今季は一発大物の気配も(船長撮影)
ビギナーにもベテランにもお薦めの船宿
ビギナーにもベテランにもお薦めの船宿

釣りビジョンAPC・川添法臣

今回利用した釣り船

千葉県大原港 『新幸丸』
〒298-0004 千葉県いすみ市大原10398-21
TEL:0470-62-1500
定休日:毎月第1・3月曜日
釣果・施設情報 新幸丸 ホームページ

出船データ

テンヤマダイ乗合
乗船料金:1万2,000円(餌・氷付き)
※子供・女性・学生は割引きアリ/餌のお替わり追加料金なし
集合時間:午前船4:50までに待合所で受け付け(季節により変動アリ、予約時に確認を)
出船時間:午前5時30分
貸し竿:あり(予約時に確認を)

その他の記事

坂口丸・神奈川県小田原早川港 相模湾・小田原沖のアマダイ絶好調!“ゲスト”も多彩! 番匠高宮丸・静岡県下田須崎港 伊豆・新島沖のキンメダイ絶好調!!