オフショアマガジン

2021年1月15日号

千葉県・大原沖のフグ、良型アカメフグ交じり出す!

01_main.jpg

“敷嶋カップ”という独自のトーナメントを開催するほどフグに傾倒した千葉県・大原港『敷嶋丸』。9月1日の開幕以降、既に計90kg近いフグを釣り上げている常連もいるとか。ここに来て良型アカメフグも交じり出したと聞き、大原港に向かった。

フグが乗った重量感がたまらない

海底の地形が変化に富み、非常に多種の魚が生息する大原沖。選択を迷うほどに多彩な乗合船が出ている。フグも大原港の人気ターゲットの一つ。カットウと呼ばれる仕掛けで狙うが、簡単に言えば引っ掛け釣り。釣りをする人ならすれ掛かりの経験はあると思うが、ただでさえ引きの強いフグがすれで掛かっているのでさらに引く。そして引っ掛けたときのズシンという重量感がたまらないのだ。

フグと“キントキ五目”の2隻出し

この時期の集合時間は、午前5時。細かいアクセスは以前の記事をご覧頂きたいが、アクアラインから向かって午前4時前に市原鶴舞ICを通過、4時40分に港に到着した。フグ船以外では、このところ好調の“キントキ五目”船も出船、早朝から港は大賑わい。フグ船には私を含めて計16人が集まった。

暗い中で着々と準備中
暗い中で着々と準備中
受け付けは軽トラで
受け付けは軽トラで
コロナ対策で体温を測ってから乗船
コロナ対策で体温を測ってから乗船
PayPayにも対応しています
PayPayにも対応しています

カットウ仕掛けに拘り

『敷嶋丸』は、いち早く大原沖にカットウ釣りを取り入れた老舗船宿らしく、仕掛けへの拘りも強い。山本幸夫船長に伺うと、ポイントの1つ目は親バリの先から最初のカットウバリ(上バリ)までの長さが手のひらの幅程度の7、8cm。これは餌に寄って来たフグの腹の下から引っ掛けるのに丁度いい長さ。ちなみに下バリは補足的なハリなので長さは拘らなくてもいいそうだ。
2つ目のポイントはカットウがぶらりと垂れていること。固めの場合は下からしか掛けられないが、垂れていれば色々な角度から引っ掛けられる。

餌にはアオヤギを使う
餌にはアオヤギを使う
東京湾では鉄板のエビを特餌に持ち込む人も
東京湾では鉄板のエビを特餌に持ち込む人も
様々な色のオモリを準備すると臨機応変に対応が出来る
様々な色のオモリを準備すると臨機応変に対応が出来る

底近辺を全集中で狙え!

釣り方のポイントは3つ。まず、餌のアオヤギは肝をしっかり付ける。肝の匂いがまさにキモなので、肝がなくなったら直ぐ交換。そして、狙うのは底スレスレ。場所によっては根掛かりが多いポイントもあるので全集中。最後に、何か違和感があったらすぐに空合わせを入れる事。例え空振りに終わってもこれが良い誘いにもなる。

仕掛け図
仕掛け図
船でも購入可能なカットウ仕掛け
船でも購入可能なカットウ仕掛け
たっぷりとアオヤギを付けて魚を寄せる
たっぷりとアオヤギを付けて魚を寄せる

太東沖の浅場がアツい!

この日、船長は開口一番「フグ復活したよ!太東沖の浅場に反応が結構出ている。しかもショウサイフグだけでなく、アカメフグやコモンフグも数出るから楽しいよ!」と。暫く苦戦していたと聞いていただけにホッとした。勿論、この日のポイントも太東沖。航程20分程で到着した。

沖で迎える日の出は外房名物
沖で迎える日の出は外房名物
この日のポイントは太東沖
この日のポイントは太東沖

暗がり対策を施すも厳しいスタート

まだ真っ暗なので水中ライトやグロー系のオモリなど様々な光対策を施してスタート。このエリアは岩礁帯のために根掛かり必至。根掛かりしないよう頻繁に底ダチを取りながらフグのアタックを待つ。しかし、この日の早朝はまだフグが寝ていたようだ。餌がかじられた様子もない厳しいスタートとなった。

日の出前にまず1匹
日の出前にまず1匹
朝一の1匹に一安心
朝一の1匹に一安心
良型のコモンフグ
良型のコモンフグ

日の出と共にアタリ活発

“外房のしきたり”である「洋上での日の出」が近づくとやっとアタリが出始めた。この日初フグはコモンフグ。しかも30cm近い良型。そして日の出を迎えると同時に右舷胴の間(中央)の片岡さんの竿先が力強く突っ込んだ。上がったのは30cmオーバーの良型アカメフグ。大きくなるとガマガエルとも言われる独特な色彩を放つアカメフグの味は絶品だ。

日の出と共にアタリが増えました
日の出と共にアタリが増えました
全体的にサイズが良い
全体的にサイズが良い
この日の“主役”はコモンフグ
この日の“主役”はコモンフグ
良型アカメフグをゲット
良型アカメフグをゲット

中盤戦はアタリ激減

日によって“主役”が替わるようだが、この日前半に“主役”だったのはコモンフグ。ショウサイフグよりも美味しいという声も聞く。ただ、連日トップ40匹前後のフィーバーに沸いた頃(12月上旬)に比べると数はかなり寂しい。なんとか全員が顔を見る事が出来たが、中盤戦はさらに厳しく、アタリが全くなくなった。船長もポイントを転々と回り反応を探すが、フグは口を使ってくれない。

ポツポツアタリを拾う
ポツポツアタリを拾う
こちらはコモンフグ
こちらはコモンフグ
ちょと分かりにくいけどアカメフグの赤い目
ちょと分かりにくいけどアカメフグの赤い目

後半盛り返すも…かなりテクニカル

船長の話では、前日も前半は苦戦、後半に数を伸ばしたそう。この日も後半にヤマが来るのか?結果から言ってしまうと後半の盛り上がりも少々。“腕利き”の常連、藤田さんは底ギリギリで「仕掛けを無くす覚悟で攻めてやっと掛かります」と言いながら、何とか数を伸ばす。底をトントンと叩くような感じでいるとムニュっと竿先が抑え込まれる。大きく合わせを入れるとやっとフグが乗る。惚れ惚れする腕前だが、ここまで攻め込まないと釣れないようだ。

33cmのアカメフグ
33cmのアカメフグ
いいサイズのコモンフグを釣りました
いいサイズのコモンフグを釣りました
こちらはショウサイフグ
こちらはショウサイフグ

【動画】ガツンっと快感!カットウフグ釣り

藤田さんはトップの11匹

厳しいながらも後半は底を攻めきれた人はアタリを出せた。アカメフグをまだ食べたことがないと言っていた酒井さんは念願叶ってこの日最大の33cmのアカメフグをゲット。丁寧に底を攻めていた藤田さんはトップの11匹。サイズが大きいので桶はフグで一杯。しかし、全体的には、連日数釣りに沸いた頃からは信じられないほど厳しかった。何が影響しているのか?ヒントをつかめぬままに残念ながら11時に納竿となった。

待望のアカメフグ
待望のアカメフグ
底近辺を探って取った1匹
底近辺を探って取った1匹
こちらもベタ底
こちらもベタ底
11匹ゲット
11匹ゲット
渋くても上手に釣ります
渋くても上手に釣ります
鍋にすると最高の味!
鍋にすると最高の味!

イワシと共にフグも盛り上がりを見せるはず

この時期、大原沖には数多くのイワシの群れがやって来る。このイワシを虎視眈々と狙う多くの魚。一見関係ないと思われがちなフグだが、実は大型のフグはこのフィッシュイーター達の例外ではないようで、イワシと共に数を増すそう。そして海水温の低下で一定の場所に群れてくる。この日がたまたま悪かったと諦めて再訪を期した。

とても優しい山本幸夫船長
とても優しい山本幸夫船長
横に「SHIKISHIMA」と入った船
横に「SHIKISHIMA」と入った船
後は漢字で「敷嶋丸」
後ろは漢字で「敷嶋丸」
船首の席は椅子付きで釣りやすい
船首の席は椅子付きで釣りやすい
免許がある船長が“身欠き”にしてくれます
免許がある船長が“身欠き”にしてくれます
“キントキ五目”は絶好調
別船の“キントキ五目”は絶好調

釣りビジョンAPC・丸岡直樹

今回利用した釣り船

千葉県大原港 『敷嶋丸』
〒298-0004 千葉県いすみ市大原10335-1
TEL:0470-62-1800
定休日:毎月第1・3月曜日
釣果・施設情報 敷嶋丸 ホームページ

出船データ

フグ乗合
乗船料金:9,000円(餌別・氷付き)
餌:1パック500円
(通常1日2パック程度)※船でも販売あり
集合時間:午前5:00までに船着場へ
(季節に応じて変更有。予約時に確認を)
出船時間:準備が出来次第
貸し竿:あり(予約時に確認を)

その他の記事

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。