オフショアマガジン

2021年6月1日号

相模湾のビシ・アジ釣り、絶好調!大型アジに根魚も楽しめる

03_main

相模湾の大型アジが好調!そこで神奈川県・葉山あぶずり港『愛正丸』でビシアジ釣りを楽しむ事に。コマセにイワシのミンチを使うビシ・アジ釣り。深場を狙って大型アジが上がるので、人気が高い釣り物だ。後半は根魚も狙えるので何が釣れるか楽しみだ。

アクセス

横浜横須賀道路・逗子ICから逗葉新道経由でR134号線の「長柄交差点」を直進、「渚橋交差点」を左折「鐙摺葉山港入口」の信号を右折すれば葉山港だ(開門の時間が有るので船宿に確認)。港に入ると駐車スペースを漁協の組合員が案内してくれる。受け付け場所は『愛正丸』の隣にある『まさみ丸』で受け付けを行っている。受け付け時、宿に入るのは1人ずつで間隔を取っている。集合は午前6時、出船は7時だ。

受け付けは『まさみ丸』で行っている
受け付けは『まさみ丸』で行っている
受付時、店内に1人ずつ入る。ソーシャルディスタンスを保とう
受付時、店内に1人ずつ入る。ソーシャルディスタンスを保とう
駐車場も広々。開門時間が有るので船宿に要確認
駐車場も広々。開門時間が有るので船宿に要確認

タックル

ビシは、130号のアンドンビシを使う。天ビンはアーム長25~30cm、天ビンの先に付けるクッションゴムは1.5mm、20~30cm。仕掛けは2m。ハリスは2号、サバや大型アジが多いので3号も用意した方が無難だ。3本バリの仕掛けが多いが、大型がトリプルで掛かっても3匹キャッチするのは難しいので2本バリで確実に取り込みたい。ハリのサイズはメーカーによって違うが、アジ用、又はムツの9~11号。付け餌は「赤タン」。青イソメを使いたい人は自分で用意しよう。ミンチのコマセは、やや粗目のタイプ。コマセカゴのセレクトに注意したい。後半はサバの短冊をアジの仕掛けに付けて狙う。餌は用意されているが、常連さんは釣れたサバを捌いて餌に使っていた。泳がせも季節によって行うので船宿に確認したい。

仕掛け図
仕掛け図
アンドンビシ130号とアーム25cmの天ビンが基準、ミンチは少し粗目
アンドンビシ130号とアーム25cmの天ビンが基準、ミンチは少し粗目
付け餌は赤タン
付け餌は赤タン
日焼け止めとクールスプレー、熱中症対策も必要な時期
日焼け止めとクールスプレー、熱中症対策も必要な時期
釣り座の用意はしてくれるので慌てず乗船したい
釣り座の用意はしてくれるので慌てず乗船したい
出船前にレクチャーも行ってくれるのでビギナーも安心
出船前にレクチャーも行ってくれるのでビギナーも安心

シケの影響が残る

受け付けを済ませて飯田孝弘船長に話を聞くと、取材前日は海況が悪く出船中止だったらしく、その影響と明け方まで残った雨と風の影響を心配していた。明るくなると富士山と江の島が見える良い天気となり次々に釣り人が到着、釣り座のセットも船長が行ってくれているので慌てずに乗船しよう。午前7時に出船。ポイントの江ノ島沖へ向かうが、やはり前日の天候が影響しウネリが高い。約30分で釣り場に到着し、船長がアンカーを下ろす。合図が出てスタート、水深は約100mだ。指示ダナは下から3m。撮影しながら状況を見てみるが中々ヒットしない。船が安定しないのだ。常連さんのコマセカゴは上げて来ると空になっているのでコマセは効いても良さそうだが、恐らく揺れで、意図しない振り幅とタナになってしまい、仕掛けも安定していないのだろう。その証拠となったのが「サバラッシュ」。広範囲に効いたコマセと動く餌に猛然とアタックして来る。ダブルヒットが当たり前の好反応。しかも型が良い。マサバ7割、ゴマサバ3割と言った感じ。暫くこの状況が続いたが常連さんのテクニックで数匹良型のアジが上った。「サバが多くなってしまうので夜光ビーズ外してくださいね」と船長からアナウンス。その後もポツリポツリとアジが上がった。

富士山と江ノ島を見ながら出船
富士山と江ノ島を見ながら出船
スタート直後はサバ入れ食いから
スタート直後はサバ入れ食いから
良型サバも多い
良型サバも多い
血抜きして直ぐ海水氷のクーラーへ入れよう
血抜きして直ぐ海水氷のクーラーへ入れよう
良型サバの引きで大満足
良型サバの引きで大満足
見事なマアジ
見事なマアジ
タナを細かく探る常連さん達
タナを細かく探る常連さん達
中アジもヒットして来た
中アジもヒットして来た

【動画】高級魚交じりで!アジ五目釣り

大型アジがヒット

「船が安定しないです」と船長。アンカーが効き辛いとの事。コマセが効く前に流されてしまっているのかもしれない。アジの場合は仕掛け長も短く、チャンスとすれば、投入後のコマセワーク後の数十秒。そこで船長はアンカーを上げて、エンジン流しでコマセと同調させる方法に変更。すると、アジのヒット率が上昇。上がって来るのは40cm級の見事なアジだ。サバとのダブルヒットも有るが、ようやく「あぶずりのアジ」という感じになって来た。常連さんに聞くと「こんなに苦戦する事は珍しいですよ」と笑いながら大型アジを釣り上げていた。相変わらず船の揺れは大きい、コマセの出は早いが常連さんは手返し良くコマセを入れ直してアジを上げていた。指示ダナは底から2~3m。私もコマセが出過ぎない様にビシを選んで低めから竿を振りコマセを出す。船の揺れで上のタナでもコマセが出てしまうのでジックリと待つとヒット。恐らく波の影響で仕掛けが3mの位置に上がった時にヒットしたのだろう。更に、落とし込んでみると連続ヒット。大型アジ、サバを上げる事が出来た。コマセと仕掛けを同調させる、大変勉強になったシーンであった。

大型アジが上がる
大型アジが上がる
上顎に掛かると安心
上顎に掛かると安心
良いアジだ
良いアジだ
目の広いビシを使った
目の広いビシを使った
大型はタモを入れて取り込もう
大型はタモを入れて取り込もう
口切れギリギリ
口切れギリギリ

後半は根魚とアジラッシュ

後半は秋谷沖に移動した。根周りで、アジも狙えるが根魚も期待出来るポイントだ。私はアジをメインに狙ってみるが、アジ仕掛けの先バリにサバの短冊を付けて根魚を狙っても良いとの事。開始後まずはサバとアジが顔を出す。アジ自体の釣果は厳しかったが、根周りの魚は好調だ。小型だがアラがヒット。ミヨシ(船首)の常連さんが「おおっ!?」と上げたのは良型クロムツ。「良かった!」と嬉しそう。左舷胴の間(中央)でも見事なクロムツが上がった。そこで私は人工餌の「パワーイソメ」を先バリに付けて反応を見ると「当たった」。しかしクロムツの引きでは無い。「なんだろう?」と上げて来ると強い引き。慎重に上げて来ると、姿を現したのはなんと大型カンコ。ウッカリカサゴだ。「良いカンコだね」と船長。嬉し過ぎる。大満足で残り時間はあと少し。船長が「良い反応だ。潮が戻ったみたい」と言った途端、大型アジラッシュに突入。「こんな事あるの!?」と言う位、大型アジのヒットが続く。タナを決めてコマセを出すと直ぐにヒット、ダブルもあり最高の釣果となった。「前半厳し過ぎましたね。アンカーも効かない状態で」と笑顔の船長。今季は好調のビシアジ。大型アジの引きを是非楽しんで見ては如何だろう。

アラもヒット
アラもヒット
何が掛かるかわからないのも楽しい
何が掛かるかわからないのも楽しい
クロムツ登場
クロムツ登場
こちらもクロムツ
こちらもクロムツ
綺麗な高級魚のクロムツ
綺麗な高級魚のクロムツ
最後にアジの活性がアップ
最後にアジの活性がアップ
アジ入れ食いモードへ
アジ入れ食いモードへ
嬉し過ぎる大型カンコ
嬉し過ぎる大型カンコ
アジがカンパチの色に変化。良いアジだ
アジがカンパチの色に変化。良いアジだ
好調なので遊びに来てくださいねと「飯田」船長
好調なので遊びに来てくださいねと「飯田」船長

釣りビジョンAPC・山口充

今回利用した釣り船

神奈川県葉山あぶずり港 『愛正丸』
〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内50 鐙摺港内
TEL:090-3683-0914
定休日:第1・3・5木曜日
釣果・施設情報 愛正丸 ホームページ

出船データ

アジ五目乗合船
乗合料金:9,500円(税込)(コマセ、付け餌付き)各種割引あり
集合:午前6時 出船:午前7時~午後3時頃帰港
駐車場:無料
貸し道具:あり(1,000円)
【愛正丸のサービス】
※アジ用2本針仕掛け、端物用仕掛け無料サービス

その他の記事

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。