釣りビジョン マガジン

2021年10月15日号

茨城県・日立久慈港発、“エギダコ”連日“好釣”!!

01_main

シンプルな道具立てで、格段に美味しいマダコが手軽に釣れることから、全国的に留まることを知らない“エギダコ”ブーム。季節が深まり「那珂湊沖のマダコが大きくなった」との情報をキャッチ。シケの合間を縫って、茨城県は日立久慈港の『明進丸』に出掛けた。

アクセス良好、日立久慈港!

日立久慈港は、都心から車で2時間弱。道幅が広くて走り易い常磐自動車道・日立南太田ICから10分程。この港はアクセスが良く走行距離の割りに疲れないのと、港前にコンビニがあるのも朝の早い釣り人にはありがたい。船着場まで車で入って荷物を降ろし、港の入り口付近にある駐車場へと車を移動する。集合時間の午前5時ちょっと前、人数分の釣り座を用意し終えた船長がトラックに戻って、釣り人たちは明るい荷台で名簿を記入、乗船料を支払い、続いて船長の指示に従って予約順の乗船となる。いつもながら『明進丸』の出船準備はのんびりムードだが手際良く、「ゆっくり(沖へ)出して行きますよ」と5時10分には河岸払いとなった。

ナビの設定にも最適な港前のコンビニ店
ナビの設定にも最適な港前のコンビニ店
車は港入口付近にある駐車場へ
車は港入口付近にある駐車場へ
釣座の準備は乗船前に船長がしてくれる
釣座の準備は乗船前に船長がしてくれる
明るいトラックで乗船受け付け
明るいトラックで乗船受け付け
予約順に釣座が割り振られる
予約順に釣座が割り振られる
「ゆっくり行きます」と早めに出船
「ゆっくり行きます」と早めに出船

1投目から触りアリ!

風も無く穏やかな天候とは裏腹に、沖合で発生した大きなウネリが海原を渡った取材日。ゆっくりとした船足で走ること50分程で那珂湊沖の水深25mの釣り場に到着。船長のアナウンスを合図にタコエギを投入すると、程なくして竿を曲げたのは胴の間(中央)の橋本さん。エギ3本の大ぶりな仕掛けで幸先の良いスタートを切った。この後も頻繁に触りがあり、各釣り座で竿が曲がるのだが、ウネリによる船の上下動にリールの巻きが追いつかず惜しくもバラすシーンが散見された。それでも徐々に釣れるサイズを上げながら、じわりじわりと釣果は伸びていった。

うねりに負けず、良型ゲット!
うねりに負けず、良型ゲット!
釣れればこのサイズ、期待は高まる!
釣れればこのサイズ、期待は高まる!
手が合うと良型が上がる、タコ釣りの常
手が合うと良型が上がる、タコ釣りの常

【動画】明進丸・茨城県日立久慈港・マダコ

電動リールがお勧め!

動画をご覧頂くと気付かれる通り、この日同乗した釣り師の殆どが電動リールを使用している。これは船長も推奨していて、この海域のマダコは自分と同じかそれ以上のサイズの石を抱いて上がってくるケースが多い。魚は泳ぐから重くても上げられるのであって、どんなに道具の扱いに馴れていたとしても石を抱いたマダコを掛けると、底は切れてもポンピング無しにはリールが巻けないという場面に直面する。ましてやウネリの高い日には巻きのスピードが安定しないとバラシの原因となるため、電動リールは強力な武器となる。始終エギを小突き続けるエギダコ釣りでタックルが重くなるのはジレンマだが、どんな大物が掛かっても、電動のスイッチを入れて竿の保持さえしていれば獲物は上がってくるので、持っているなら電動リールをチョイスするのが堅実な選択となる筈だ。

電動リールならグングン上げられる
電動リールならグングン上げられる
手返しも向上し、自ずと釣果は伸びる
手返しも向上し、自ずと釣果は伸びる
仕掛け図
仕掛け図

船長に訊く、エギダコ釣りのコツ

エギダコ釣りのコツを関裕二船長に訊いた。「エギは3種類着けてみて。基本は白のエサ巻きがあって、虎柄の黄色があって、赤があって。(海の)水色によってエギの色を変えていくこと。釣れている人のエギを見て、同じ色を使うこと。アタリが止まったなぁと思ったら色を変えてみることですね。水色によってはグリーンが良かったり」との事。常盤エリアは根掛かりの少ない海域を釣ることが多いので、エギを3、4本着ける釣り師も多い。また、豚バラや鶏皮をエギに巻いて輪ゴムやワイヤーで縛る場合、その脂を釣り座やデッキにこぼさないよう細心の注意を払いたい。スプレータイプの誘引剤なども思わぬ転倒に繋がるので、使うのならケガや事故のリスクがあることを覚えて置きたい。「あと、タコ釣りは長く流してるとダメです。ある程度やったら一旦回収して、落とし直す。その手返しが多い人ほど、場所を広く探れる」と船長。その意味でも電動リールの機動性を活かしてマメに仕掛けを上げ下げするのが釣果を伸ばすとの事。アタリが遠のいたなぁと感じたら思い出して頂きたい。

親切で説明が分かり易い関裕二船長
親切で説明が分かり易い関裕二船長
基本の赤・白・黄色と、もう1本
基本の赤・白・黄色と、もう1本
取り込みは躊躇いなく一気に
取り込みは躊躇いなく一気に

日立久慈港発のエギダコ乗り合い、今後も期待大!

台風後の底荒れとウネリに翻弄された取材日。竿頭は船中1杯目を獲った橋本さんの8杯。「ここらへんに居るヤツも、8月に始まった頃は小さいのが多かったけど、一潮(約半月)毎に大きくなって行くから、これからが楽しめる釣り物だと思います」と船長も太鼓判。大型化した居着きのマダコの次は“渡り”と呼ばれる更に大きなマダコの南下と、年明けまでまだまだ長く楽しめる常盤エリアのエギダコ釣り。根掛かりはほぼ無く、ビギナーにも釣り易い。ゴマ油と塩で食べても、ハーブソルトとオリーブオイルで食べても、タコ飯や唐揚げにしても風味が活きている常磐エリアのマダコ。シンプルにタコブツで食べても、その香ばしさや深い味覚に驚かされる筈だ。防寒着ナシで浅場の釣りが楽しめるのは今のうちなので、この機会に是非チャレンジ頂きたい。

難しい日並みながら8杯を獲って竿頭
難しい日並みながら8杯を獲って竿頭
釣果30杯を上げる釣師も(船長撮影)
釣果30杯を上げる釣師も(船長撮影)
居心地の良いアットホームな船宿だ
居心地の良いアットホームな船宿だ

釣りビジョンAPC・川添法臣

今回利用した釣り船

茨城県日立久慈港 『明進丸』
〒319-1222 茨城県日立市久慈町1-2-2
TEL:090-2276-8806
定休日:第3月曜日
釣果・施設情報 明進丸 ホームページ

出船データ

エギタコ乗合(予約制)
集合時間:午前5時
出船時間:準備出来次第、午前5時30分頃
乗船料金:1万1,000円(氷・昼食付き)

その他の記事

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。