釣りビジョン マガジン

2021年12月01日公開

茨城県・日立久慈沖の一つテンヤ・マダイ好調!!

01_main

茨城県・日立久慈沖の一つテンヤ・マダイが好調だ。500、600g級中心に数釣りが楽しめる。期待を胸に日立久慈港『弘漁丸』に乗り込んだ。また、直近の情報では、1kgオーバー多数に3.9kgの“大ダイ”も上がっており、今後は型も期待出来そうだ。

 

早朝5時までに集合!

日立久慈港へは常磐自動車道・日立南太田IC利用が便利だ。都心からでも空いていれば3時間掛からずに着くだろう。集合は港に早朝5時まで。荷物を船の前に下ろし、車は日立久慈港入口付近にある駐車場に移動(奥に停めると港への通路が近い)。早朝は冷えるので防寒はしっかり。この日は一つテンヤ・マダイとマダコの2隻出しで、マダイ船は「大さん弘漁丸」が担当。手指の消毒、乗船名簿記入、名物の花札のくじで釣り座を決めたら乗船。餌の冷凍エビが配られるので解凍しつつ釣り仕度を始め、準備が整ったら出船となる。この日は5時20分頃の出船となった。

「大さん弘漁丸」の前に荷物を置く
「大さん弘漁丸」の前に荷物を置く
車は駐車場に移動
車は駐車場に移動
一番奥に車を停めた
一番奥に車を停めた
「大さん弘漁丸」の目印
「大さん弘漁丸」の目印
受付時には手指の消毒
受付時には手指の消毒
乗船名簿を記入
乗船名簿を記入

道糸とリーダーの太さと強度の考察

仕掛け図の道糸とリーダー(フロロ)の号数の関係を「大さん弘漁丸」上乗りで一つテンヤのエキスパートの茂木さんに聞いた。「道糸PE0.8号の強度は16Lb(7.26kg)、リーダーがこれより強いと根掛かりや大物で道糸から切られてしまうことになります。だから、リーダーの強度は道糸と同等かそれ以下、つまり4号以下が良いです。これなら数値の上では7.2kgの大ダイを持ち上げる強度がある。しかし、普通はタモで掬うので、もっと細いリーダーでも大丈夫。但し2.5号(10Lb(4.5kg))以下はお薦めできません。強度はあっても切れやすい。ちなみに3号は12Lb(5.4kg)、3.5号は14Lb(6.3kg)です。今はまだ大型がそれ程多くないので細めのリーダーでも良いですが、12月下旬からの時期には4号まで使います。4号までは食いは変わりませんよ」との事。

仕掛け図
仕掛け図
貸し竿も本格的なタックルだ
貸し竿も本格的なタックルだ
支給の冷凍エビを溶かす
支給の冷凍エビを溶かす
重さや形、色もとりどりのテンヤ
重さや形、色もとりどりのテンヤ
孫バリ、親バリの順にハリを刺す
孫バリ、親バリの順にハリを刺す
おしぼりのサービスあり
おしぼりのサービスあり

食い始めたら止まらない!次々に4人にヒット!

航程50分程で釣り場に到着。「大さん弘漁丸」は19tの大型船で揺れも少なく快適な“船旅”だった。小泉大輔船長の「はい、どうぞ。水深は20m」というアナウンスでスタート。初めはベラなどの“餌盗り”が目立ったが、これは軽いウォーミングアップ。太陽が昇り、眩しい朝陽が射し込むと、「来た!」の一声。20~25cmの小型だったが“本命”のマダイだ。 1匹釣れると一気に活性が高まるようで、右舷胴の間(中央)の会社の釣りクラブのグループがダブルヒット!いや、トリプル!?、更にもう1人が掛けて4人ヒットだ。こんな時は誰かに来たら誘ってみると連鎖するかも。

まずゲストのカンダイが釣れた
まずゲストのカンダイが釣れた
これまたゲストのデカいウマヅラ
これまたゲストのデカいウマヅラ
朝陽が昇って釣れそうな気配だ
朝陽が昇って釣れそうな気配だ
可愛いサイズだが“本命”マダイ!
可愛いサイズだが“本命”マダイ!
「マダイだぜ、朝陽が眩しいぜ」
「マダイだぜ、朝陽が眩しいぜ」
次々に4人にヒット&ゲット!
次々に4人にヒット&ゲット!

ヒラメも来た!深場を狙うとマダイはサイズアップ!

一つテンヤは様々な高級“ゲスト”が釣れるのも魅力。この日も良型のヒラメが上がった。中盤、少し長めの移動の後、「水深40m」と船長。朝一の倍の深さだ。すると、釣れるマダイのサイズが一回りから二回り大きくなった。活性も良く右舷胴の間のおニューの竿の釣り人も良型を何匹も仕留めて竿に“入魂”完了!ここまで 30cm前後中心に40cm近い良型が交じる展開、後は大ダイがドーンッ!と釣れてくれたら完璧だ。しかし、残念ながらその後は潮が弛んでフグなどの餌盗りが多くなってしまった。

嬉しいゲストの良型ヒラメ!
嬉しいゲストの良型ヒラメ!
マダイの食いが安定してきた
マダイの食いが安定してきた
おニューの竿に“入魂”成功!
おニューの竿に“入魂”成功!
中盤から良型が多くなった!
中盤から良型が多くなった!
水深40mで1kg弱の良型が!
水深40mで1kg弱の良型が!
「フグに悩まされてます(汗)」
「フグに悩まされてます(汗)」

ラストスパートだ!良型ゲットでもうひと盛り上がり!

終盤にもうひと盛り上がりあった。左舷トモ(船尾)2番でイナダが上がり、続いて同胴の間でヒット!イナダかと思ったらこちらは“本命”のマダイ。続いて右舷胴の間と左舷ミヨシ(船首)に40cm近い良型マダイ。私も竿を出すとポンポンとマダイが2匹、その後はポツリポツリとマダイ3匹&ハナダイ2匹を追加。右舷大ドモでは60cm前後の大きなホウボウが上がった。ラストフィッシュは左舷ミヨシ2番の35cm級のハナダイだった。11時頃沖上がり、結果、マダイ0.3~0.9kgが3~17匹。『弘漁丸』の名前通りの“好漁”に皆さん大満足だった。

走ると思ったらイナダだった
走ると思ったらイナダだった
良型のハナダイが交じった!
良型のハナダイが交じった!
「やったね!1kgあるかな!?」
「やったね!1kgあるかな!?」
終盤は良型マダイが良く釣れた!
終盤は良型マダイが良く釣れた!
デカいホウボウ、60cmあるか!?
デカいホウボウ、60cmあるか!?
最後の流しで型の良いハナダイ!
最後の流しで型の良いハナダイ!

【動画】弘漁丸・茨城県日立久慈港・ひとつテンヤ

好調の一つテンヤ・マダイ!今後は大型の季節到来!

帰りの道中、上乗りの茂木さんから興味深い話を聞いた。「実は1年の内で一番良い季節はこれからです。毎年クリスマス頃からかな?“大ダイ”が盛んに釣れるようになります。いい時には“毎日のように”ではなく、本当に“毎日”釣れます。一つテンヤの繊細な竿で“大ダイ”と戦うんです。スリリングですよ!」。小泉大輔船長も「今の時期はマダイの活性が高く、数釣りのチャンスです。時たま3kg前後の型の良いマダイも交じって楽しめます。そして、これからは大型本番の季節、年内から新春、2~3月にかけて良くなります」と言う。好調の日立久慈沖の一つテンヤ・マダイ。今後ますます面白くなりそうだ。是非、チャレンジして頂きたい。

氷は船のクーラーにたっぷり
氷は船のクーラーにたっぷり
上乗りの茂木さんが氷を配ってくれた
上乗りの茂木さんが氷を配ってくれた
左舷ミヨシ、17匹ゲットで竿頭!
左舷ミヨシ、17匹ゲットで竿頭!
「一番大きいのは0.9kgでした!」
「一番大きいのは0.9kgでした!」
良型のマダイが揃った!
良型のマダイが揃った!
私も取材の傍らしっかりゲット
私も取材の傍らしっかりゲット
マダイは11人101匹!平均9.1匹だった!
マダイは11人101匹!平均9.1匹だった!
帰港後は手洗い、お茶、お菓子でのんびり
帰港後は手洗い、お茶、お菓子でのんびり
8回乗船で次回1回無料!
8回乗船で次回1回無料!
とんかつ弁当の昼食付きで胃袋も満足!
とんかつ弁当の昼食付きで胃袋も満足!
お世話になった小泉大輔若船長
お世話になった小泉大輔若船長
上乗りでテンヤのエキスパートの茂木さん
上乗りでテンヤのエキスパートの茂木さん

釣りビジョンAPC・岩見忠弘

今回利用した釣り船

茨城県日立久慈港 『弘漁丸』
〒319-1222 茨城県日立市久慈町1-28-26
TEL:0294-52-3504
定休日:第3月曜日
釣果・施設情報 弘漁丸 ホームページ

出船データ

一つテンヤ・マダイ予約乗合(午前)
料金=1万1,000円(餌1パック・氷・昼食付き)
   ※女性・小学生以下2,000円引き
集合=午前5時
出船=午前5時30分頃
レンタル=貸し竿 500円、ライフジャケット 無料
※詳細は問い合わせ
※料金等は取材当時のものとなります。料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては各施設等にお問い合わせください。​

その他オススメ記事