釣りビジョン

青森県・陸奥湾の“アジング”!桜とともにアジが来た

2022年05月18日公開

402_main

関東地方より1カ月程遅い桜の開花と共に、青森県・陸奥湾でアジが釣れ始めた。釣って楽しい、食べて美味しいアジ!青森市内から車で30分程の夏泊半島西側に出掛けた。この日は、風も波もなく“アジング”には良いコンディションだった。

ボトム付近で良型アジ

まずは1gのジグ単からスタートしてワームは2.7インチの微波動系をチョイスした。カウントを取りながらレンジをキープして、アジのいるレンジを探っていく。表層や中層では、アジのアタリは全く得られず。結局ボトム付近でモソッ!とした弱いアタリが来た。合せを入れて巻いてくると、いきなり良い型のアジと対面できた。

再現性を確認するために、再度ボトム付近を探った。時々シェイクを入れて、フォールさせて“喰わせの間”を作り、狙い通りにヒットした。バラさないように慎重に巻いてくると、これも良型のアジだった。

青森県では20cm以上は良型で、滅多に“尺(約30cm)アジ”は出ない。ワームを変えてもジグのウェイトを変えてもモソッ!としたアタリに変わりなく、アジのいるレンジは終始ボトム付近だった。その後も同じパターンで釣ることが出来た。

ファーストキャッチのアジ
ファーストキャッチのアジ
再現性を確認して狙ってキャッチしたアジ
再現性を確認して狙ってキャッチしたアジ
この日最大のアジ
この日最大のアジ

夕マヅメを過ぎると一旦釣れなくなった

釣れるポイントは明暗がハッキリしている。海中に藻があり、アジが隠れることが出来る所。これが今回釣りをしていて重要なポイントだと感じた。

夕マヅメを過ぎると一旦釣れなくなったが、さらに暗くなり常夜灯の明暗がハッキリしてくると再びアジが釣れ出した。レンジはボトム付近でアタリは小さく繊細な釣りになったが、ファイトは素晴らしく十分に楽しむことが出来た。

日が沈み海中の状況を確認する
日が沈み海中の状況を確認する
 

今後は“デイアジング”にも期待!

今回は“ナイトアジング”だったが、海水温がさらに高くなり安定してきたら朝マヅメや“デイアジング”にも挑戦したい。勿論、滅多に出会えない“尺アジ”も狙っていこうと思う。

施設等情報

〒039-3372 青森県東津軽郡平内町土屋淀川地崎

施設等関連情報

車: 青森市から国道4号線を平内町方面へ30分
※現在はホタテの収穫の最盛期のため、車の駐車には漁師や搬送のトラックの邪魔にならないように配慮が必要
     
※料金等は取材当時のものとなります。料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては各施設等にお問い合わせください。​

この記事を書いたライター

田端 正樹
青森県内、どこでも釣りに出かけている。シーバスフィッシングをメインに、ショアジギングからアジングやトラウトまで。餌釣りも楽しむ。皆さんの釣りに役立つ記事を執筆していきたい。
このライターの他の記事も読む

その他オススメ記事