釣りビジョン マガジン

2022年06月10日公開

神奈川県・江ノ島沖の大型アジ絶好調!泳がせ釣りも楽しめる!

419_main

神奈川県・江ノ島沖で大型アジが絶好調。130号のアンドンビシを使う「ビシアジ」で“基本中の基本”のアジ釣りだ。35㎝から40㎝を超える大型が揃い、引きも強く釣り味、食味共に満点。サバの切り身で狙う根魚、釣ったアジでの“泳がせ釣り”では、ヒラメや“青物”も狙える。葉山あぶずり港『愛正丸』から“アジ五目船”に乗った。

【この記事を書いたライター】山口 充

アクセス

横浜横須賀道路・逗子ICから逗葉新道経由で国道134号の「長柄交差点」を直進、「渚橋交差点」を左折「鐙摺葉山港入口」の信号を右折すれば葉山港に着く。開門の時間が決まっているので船宿に確認しよう。開門して港に入ると駐車場を漁協スタッフが案内してくれる。受け付け場所は『愛正丸』の隣にある『まさみ丸』で受け付けを行っている。集合は午前6時。出船は午前7時。

受け付けは「まさみ丸」で行っている
受け付けは「まさみ丸」で行っている
駐車場も広々。開門時間が有るので船宿に確認
駐車場も広々。開門時間が有るので船宿に確認
船に釣り物の札が有るので判り易い
船に釣り物の札が有るので判り易い

タックル

竿は2.1m前後の7対3調子、ビシアジ用がいいが、スルメ・ヤリイカ用の竿も代用出来る。広く大きくコマセを撒く“青物”やマダイ釣りとは違い、イワシミンチのコマセを細かく撒くスタイルなので、短い先調子が基本。130号のアンドンビシに天ビンはアーム長25~30cm、天ビン先に付けるゴムクッションは1.5㎜、20~30cm。仕掛けは2m。ハリスは2号、又はサバや大型アジが多いので3号も用意した方がいい。3本バリの仕掛けが多いが、大型がトリプルで掛かっても3匹キャッチするのは難しく2本バリで確実に。ハリはアジ用、又はムツの9~11号。付け餌は「赤タン(イカ)」。青イソメを使いたい場合は、船宿では売っていないので別途用意する事になるが、東京湾内奥よりも水色がクリアな状態が多く、赤タンの方がフッキング率が高い。ミンチのコマセはやや粗目のタイプ。コマセカゴのセレクトに注意したい。根魚を狙いたい場合、サバの短冊を用意してくれる。アジの仕掛けに付けて狙う。小型のアジが釣れた場合はそれを活餌にして“泳がせ釣り”も可能だ。

多彩なアジ釣りの仕掛けや用品
多彩なアジ釣りの仕掛けや用品
先調子ながら掛かると胴に乗る調子がベスト
先調子ながら掛かると胴に乗る調子がベスト
昔よりも、かなりシャープになったビシ竿
昔よりも、かなりシャープになったビシ竿
130号のアンドンビシ。コマセはイワシのミンチ
130号のアンドンビシ。コマセはイワシのミンチ
貸しビシはプラタイプ
貸しビシはプラタイプ
この時期、日焼け止めは忘れずに
この時期、日焼け止めは忘れずに
梅雨の時期なのでゴミ袋を持参して対策。帰りは濡れた物、汚れた物を収容
梅雨の時期なのでゴミ袋を持参して対策。帰りは濡れた物、汚れた物を収容
暑くなって来たので飲み物は多めに
暑くなって来たので飲み物は多めに
仕掛け図(アジ仕掛け)
仕掛け図(アジ仕掛け)
仕掛け図(泳がせ釣り)
仕掛け図(泳がせ釣り)
 

安定した人気のビシアジ釣り

以前にも『愛正丸』でビシアジ釣りの楽しさを再確認させて頂いたが、今回も好調が伝えられていて「癒される」釣りになりそうだ。午前5時に港が開門。門を超え、漁協の人に船宿、釣り物を伝えると駐車場を案内してくれる。暫くすると『愛正丸』の受け付けが始まった。飯田孝弘船長は、「今日も釣れると良いね。根魚やる時、餌有るから使って下さいね」とサバの切り身を準備してくれた。今回は6人の乗船者で、“泳がせタックル”を3人がセット。このエリアは中・大サイズのマアジが多いが、“泳がせ釣り”の餌になる小型アジが釣れればそれで狙う。女性アングラーも“泳がせ”の準備。「ハモノも狙うんですね」と聞くと「はいっ、狙います」と、道具も確りしていて楽しみだ。午前6時35分全員準備も完了し出船となった。

航程20分のポイントから

風もほとんどなく最高の釣り日和に恵まれた。「40分位かな」と思っていたら、「あと15分位で着きますので、コマセ詰めて準備しておいて下さい」とアナウンス。「あれ、近いな」と、皆さん慌てて準備開始。船長の合図でスタート。水深は約100m。ビシが着底してから3m前後巻き、竿を細かく振ってコマセを出していく。船長の指示ダナは3~5mの範囲。東京湾と比較すると高めに指示が出る事が多い。場所によっては漁礁や根廻りで、根の上に反応が出たり、コマセによりアジの反応が持ち上がると活性がアップする感じがする。敢えて上の方でコマセを効かせて底反応のアジを上の方に反応させるのかもしれない。序盤はまめに再投入を繰り返してコマセを効かせていく。暫くするとポツリポツリとアジがヒットして来た。35cm級の見事なアジが上がり始めた。小型のアジも上がり“泳がせ”の仕掛けにセット。何が釣れるか楽しみだ。ところが後が続かない。大アジも顔を見せるのだが単発のヒット。「潮が悪いね。先日はここが良かったんだけれど」と船長。深場のポイントに移動する事になった。

良型アジがヒット
良型アジがヒット
このサイズのアジが釣れたら、直ぐに“泳がせ”仕掛けに装着
このサイズのアジが釣れたら、直ぐに“泳がせ”仕掛けに装着
女性アングラーも泳がせセット完了
女性アングラーも泳がせセット完了
ヒットするとこのサイズが多く引きも強い
ヒットするとこのサイズが多く引きも強い
いいサイズのアジだ
いいサイズのアジだ
根や漁礁がポイントなので針のチェックはマメに行いたい
根や漁礁がポイントなので針のチェックはマメに行いたい
釣れたら早めに血抜きをして海水氷の効いたクーラーへ
釣れたら早めに血抜きをして海水氷の効いたクーラーへ
このサイズがアベレージ
このサイズがアベレージ

【動画】愛正丸・神奈川県葉山あぶずり港・アジ五目

大型が入れ喰いモード!根魚も好反応

場所を変更して、水深は約110m。やはり漁礁の周りを狙っていく。コマセが効いてくると「来た!」と一斉に電動リールの巻き上げ音が船中に響き渡る。上がって来るのは大アジ40cmクラス。ネットを使って慎重に取り込む。ここで私も“参戦”。根掛り防止の為、底に着いたら直ぐ3m程度巻き、竿を振ってコマセを撒く。しかし、反応が無い。コマセの残量が気になったが5mの位置で再びコマセワークを行うと2、3秒後にヒット。カウンターで水深を確認しておく。一旦竿をゆっくりと立てて追喰いさせると、引きが倍増。上がったのは40cmクラスのアジがダブル。再投入の際にはビシを底には着けずに、カウンターで確認した水深に合わせてコマセワークを行うと再びダブル。引き味も最高だ。“泳がせ”を行っていた女性アングラーにヒット。上がって来たのはヒラメ。しかし、後少しでブレイクしてしまった。残念。それでもアジの活性は高くヒットが続く。私はここで切り身で根魚を狙ってみると直ぐにアタリ。トゴットメバル、ユメカサゴ等がヒット。更に大きなアタリがあり、上手く根掛かりを回避してヒットさせると、良型のカンコがヒットした。「前回も良いカンコ釣ってたね」と前回の取材時にもお世話になった常連さん。
後半潮が速くなり釣り辛くなったが、アジは元気一杯。午後2時を回り沖上がりの時間を迎えた。釣果は28~40cmのアジがトップ43匹。ボリュームがありクーラー満タン。今後、“泳がせ釣り”も様々な大物を狙えるチャンス。是非、大アジ、“泳がせ”、根魚と楽しんでみては如何だろう。

以前お世話になった常連さん。コンスタントに上げていた。流石
以前お世話になった常連さん。コンスタントに上げていた。流石
アジのサイズが大きいので丁寧にネットで取り込みたい
アジのサイズが大きいので丁寧にネットで取り込みたい
最高です
最高です
こんなアジが入れ喰いモードに
こんなアジが入れ喰いモードに
泳がせの常連さんにマトウダイ
泳がせの常連さんにマトウダイ
自分は切り身にコノシロの加工品を持ち込んだ
自分は切り身にコノシロの加工品を持ち込んだ
コノシロ短冊にトゴットメバル
コノシロ短冊にトゴットメバル
アヤメカサゴ
アヤメカサゴ
ウッカリカサゴ、カンコもヒット嬉しい
ウッカリカサゴ、カンコもヒット嬉しい
捌くと産卵ノッコミ体制だったアジ
捌くと産卵ノッコミ体制だったアジ
巨大アジフライを製作。中骨は抜こう
巨大アジフライを製作。中骨は抜こう
根魚も一緒にフライにして楽しみました。美味しい
根魚も一緒にフライにして楽しみました。美味しい
飯田孝弘船長
飯田孝弘船長

今回利用した釣り船

神奈川県葉山あぶずり港『愛正丸』
〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内50 鐙摺港内
TEL:090-3683-0914
定休日:第1・3・5木曜日 釣果・施設情報 愛正丸ホームページ

出船データ

アジ五目乗合船
乗合料金:1万円(コマセ、付け餌付き)各種割引あり
集合:午前6時 出船:午前6時30分時~午後3時頃帰港
駐車場:無料
貸し道具:あり(1,000円)
【愛正丸のサービス】
★アジ用2本バリ仕掛け、端物用仕掛け無料サービス
     
※料金等は取材当時のものとなります。料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては各施設等にお問い合わせください。​

この記事を書いたライター

山口 充
プロアングラーとしてテレビ出演、企画、撮影、雑誌執筆やカメラマンをこなしながら「旅と釣り」をテーマに日本中を釣り歩く。公益財団法人日本釣振興会神奈川県支部長・普及振興委員会。2016年JGFA・MVPアングラーズアワード受賞。伝統の和竿「横浜竿」を使い、2020年IGFAタチウオ世界記録を獲得。
このライターの他の記事も読む

その他オススメ記事