オフショアマガジン
2013.1.1号

長栄丸・千葉県御宿岩和田港
真冬にこそ熱い!千葉県・南房総沖のジギングゲーム!

02_main.jpg
千葉県・南房総、御宿岩和田港の『長栄丸』は、「季節の美味しい魚を楽しく釣る!」をモットーとしているルアー専門の船宿。今の季節は、スローピッチジャークジギング(略称スロージギング)や通常のジギングで、ヒラメやマハタ、ブリやヒラマサ、マダイなどの多彩な魚種が狙える豪華な五目釣りで出船中。特にスロージギングは、あらゆる魚種がターゲットとなる画期的な釣り方として全国的にブレイクしつつあるニューメソッド。今回はそんな真冬のホットゲームを紹介しよう。

朝イチはヒラメ狙いからスタート!

『長栄丸』船宿
朝5時に船宿に集合、出船は5時半。『長栄丸』では船宿で受け付けを済ませ、札を取り釣り座を決める。船宿と港・乗船場は歩いて5、6分の距離だが、荷物は軽トラで運んでくれる。この日は6人のアングラーが集まり定刻通りに出船した。現在、港の前のシャロー(浅場)にアジの群れが集まり、そのアジを追ってヒラメが浅場に入っている状況。港を出て、船をほとんど走らせる事なく、まずはそのヒラメ狙いでスタート。しかし、そこは『長栄丸』ならではのひと工夫。なんとサビキ仕掛けにジグを付けてのハイブリッドリグで狙うのだ。ジグに直接ヒラメが喰ってくることもあれば、サビキに掛かったアジにヒラメが喰ってくる場合もあると言う実に合理的な釣法だ。しかし、この日は、アジは入喰いで釣れたが残念ながらヒラメはノーバイト。東の空が明けてくる頃、「では、そろそろ沖に出ましょうか!」と岩瀬勝彦船長。因みにこのヒラメ、取材日前の数日はキッチリと釣れていたので、釣れる釣れないはちょっとしたタイミングの違いなのだろう。

船長の岩瀬勝彦さん
まだ暗い中で出船!
女性アングラーにアジ大漁♪

12/11の釣果!
12/12の釣果!
12/19(午後船)の釣果!

4kg級のヒラマサをゲット!…しかし。

お見事!4kg級ヒラマサ!!
航程約40分、岩船沖に到着した。南西からの風が思いの外強く、船は上下にバタンバタンと大きく揺れ釣りにくい状況。そんな中、魚群探知機で魚の反応を探し、水深35m前後のカケ上がりやカケ下がり、そして根周りなどの地形変化のある場所を狙って“ランガン(良い場所を狙って移動の繰り返し)”するがヒットは無い。この日はスロージギングでの反応は一切無く、船長の指示によりベイトに付いているであろう“青物”やマダイをハイピッチジャークジギングで狙った。そして大原沖へ移動、その直後に船首のアングラーに初バイト。1回バラしてしまったが再度喰わせ4kg級のヒラマサをゲットした。ようやくのヒットに船内が沸き「さあこれから!」という雰囲気になったが、ここで風が一層強くなり9時過ぎにやむを得ず早上がりになってしまった。帰路には更に風が強くなり港まで1時間以上掛かった。船長の判断は正しかった。

仕切り直して翌日、再度船に乗った。ところが、この日も強風は収まらず、前日と同じ展開でスロージギングに反応は無く、終わり間際の御宿沖で通常のジギングスタイルにイナダが1尾ヒットしただけで終了となってしまった。

12/7にはワラサが入食い!
12/12は7kg級のブリ!
12日もワサラは入れ食い!!

2日目の朝日(笑)
黙々とジグをシャクる!
最後の最後で執念のイナダゲット!!

スロージギングとは!?

タックル図
ここでスロージギングの説明と道具立てを紹介しよう。詳しくはタックル図を参照頂きたいが、船長は「タックルは、ジグを動かすためだけの道具と考えて欲しい」と説明。船長の解説を要約すると、このメソッド最大の特徴は「ジグの不規則なフォールで魚を喰わすこと」。そのため、水の抵抗が大きくなるように幅の広い専用のメタルジグを使う。重さは130gを基本として好みや状況で使い分ける。そしてロッドをシャカシャカとシャクリ、ジグを躍らせて魚を誘うのではなく、ロッドをほぼ水平の位置で固定しながら、リールのハンドルを1巻き、あるいは1/2巻き、または1/4巻きなどのリーリングのみでジグを動かし、その動きに追従するロッドの上下のしなりだけでジグをプルン!とUP⇒フォールさせて誘うのが基本形となる。そのため、良くシナるが高反発な専用ロッドが望ましいという訳だ。実際に船長の言葉で説明して貰った動画を用意した。また、メインラインとリーダーとを結ぶオリジナルの“長栄丸ノット”も動画を作成、共に必見である!

[動画]スローピッチジャークジギングとは!?
専用ジグ色々
[動画]オリジナル“長栄丸ノット”

今後は、少しの状況変化で喰い出すだろう!

[動画]『長栄丸』南房総沖のジギングゲーム!
この記事、2013年元日号である。華やかに飾りたいのが正直な気持ち。と言う事で3度目の正直を期待して翌々日最終取材を慣行。天候は回復し、海上は快晴無風に近くベタナギで絶好の釣り日和。釣り人も10人集まり条件は揃ったかに見えたが…。最後まで運は味方せず、この日も岩船沖や大原沖を周り、ピンスポットや魚探の反応を見ながら状況と場面でスロージギングと通常のジギングを使い分け攻め続けたが、なんと最後までジグには一切喰って来なかった。「今までいたサンマの群れがこの海域から抜けちゃったみたいだよ」と船長も苦笑い。しかし、バリバリと釣れる時もあれば、今回のように全く釣れないこともあるのが釣り。勿論、乗船者も皆さん先刻承知である。誰も文句は言わない。結局、この日は帰港間際に御宿沖の灘寄りでヒラメも狙ったが不発。定刻より少し延長し終了した。船長が言うには、この釣りは沖から灘寄りに入って行く北東へ流れる潮がベストとの事。“青物”は海上の鳥の動きを見ながらも群れを探すが、この3日間は鳥の動きも全くアテにならない厳しい状況だった。

「新たなベイトの回遊や、僅かな状況変化で魚は又すぐに口を使ってくると思います」と船長は予測。ヒラマサは日を追うごとに厳しくなる傾向のようだが、ブリやワラサは勿論、マダイやヒラメはしばらく狙える雰囲気との事。そして、キントキ、ホウボウ、アイナメ、マハタ、キジハタや沖カサゴ類などの“根魚”は、これからが最も美味しくなり、また数も型も出るベストシーズンに突入する。これからスロージギングに挑戦したいと思っている人にはもってこいの季節という訳だ。専用タックルも、船宿が4セット用意、無料で貸してくれる(メインラインが切れたら実費負担)。『長栄丸』には、本当に気軽にスロージギングがチャレンジ出来る環境が整っている。これを利用しない手は無い。是非遊びに行ってみては如何だろう。

ウッカリカサゴも釣れてくる!
何でも釣れるスロージギング!!
マダイだって楽勝ゲット♪
もちろん“青物”だって!
今後も期待値はMAX!
釣れる釣れないは時の運も…

(鈴木 恭介)

今回利用した釣り船
千葉県御宿岩和田港:長栄丸
〒299-5105 千葉県夷隅郡御宿町岩和田727-1
TEL:0470-68-2981(定休日:第1・第3土曜日)
詳細情報(釣りビジョン)
長栄丸ホームページ
出船データ
乗船時間/5時半出船~11時半沖上がり
(午後船/昼12時から準備出来次第~日没沖上がり)
乗船料金\10,500(氷付き)
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。
プレミアムメンバー