『アナゴ』記事一覧

『アナゴ』記事一覧

Sea Frog・東京都中川・奥戸橋

2019年3月15日

03_main.jpg

東京湾でド迫力!クロアナゴ!!&快釣!シーバス!!

東京湾にも“怪魚”と呼ばれる魚が生息している。体長1m50cmにもなるアナゴ科の魚“クロアナゴ”だ。東京都、中川・奥戸橋『Sea Frog』では、このクロアナゴ&キャスティングのシーバスという実に面白い組み合わせのリレー釣りをナイト便で出船。興味津々に出掛けた。

吉野屋・千葉県浦安

2016年5月22日

表紙
CAPTAINS REPORT

小突いて待ってドキドキ!東京湾の夜アナゴ

千葉県浦安『吉野屋』では4月16日に夜アナゴ船が竿頭20匹と好調なスタートを切って、5月半ば現在も竿頭10本以上をキープしている。東日本大震災以降、アナゴの釣果が芳しくなかったただけに、今年こそはとアナゴ竿を握りしめているファンも少なくないだろう。『吉野屋』のアナゴ船の舵を握る岩淵裕介船長に話を聞いた。

伊藤遊船・江戸川放水路行徳

2016年4月22日

表紙
CAPTAINS REPORT

江戸川放水路行徳・伊藤遊船「涼快! 江戸前の風物詩、夜アナゴが開幕」

東京湾奥、いわゆる江戸前エリアの夏の風物詩、夜アナゴが湾奥の船宿からいよいよスタート。最近は釣果が下降気味で出船数が減少したが、独特の釣趣を慕って待ちわびるファンも少なくない。江戸川放水路・行徳『伊藤遊船』のアナゴ担当、吉田正己船長に展望を聞いてみた。

深川吉野屋・東京都深川

2013年2月15日

02_main.jpg

今年も楽しめそう、東京湾・本牧沖のクロアナゴ

[動画]強烈ファイト!クロアナゴ釣り早いもので今年も立春を過ぎた。これからの寒さを「余寒」という。そんな余寒厳しき折、江東区の『深川吉野屋』吉野吾朗店主から「クロアナゴの試し釣りをやりますので、どうですか」と誘いがあった。詳しく聞くと半夜釣りとの事。噂には聞いた事があるクロアナゴだが、釣った事はない。何事も経験だ。昔から「寒い時に炬燵で丸くなるのは猫」と相場が決まっている。寒さを吹き飛ばせとばかり2月9日に出掛けた。

吉野屋・千葉県東京湾奥浦安

2011年5月1日

02_main.jpg

早くもスタート!東京湾のブランド・アナゴ

吉野屋の半夜アナゴ釣り美味い魚が多い事で知られる東京湾、中でも極め付きのブランド魚となれば、断然アナゴだろう。小型の白焼きに中・大型の天ぷら、どちらも掛け値なしの絶品だ。浦安『吉野屋』で4月16日から早くも乗合船を出し始めた。初日は0~5本、2日目が1~6本と少々期待外れのスタートだったが、食い気に誘われ21日に出掛けた。

吉野屋・千葉県浦安

2010年6月1日

02_main.jpg

東京湾の“梅雨アナゴ”本格シーズンに突入!

連日の好漁に賑わう東京湾の“ブランド魚”アナゴ。アクアライン・海ほたる周辺の盤州から木更津沖までと広範囲で釣れており、サイズも大中小交じりで魚影の濃さも申し分ない!釣っては釣り人を熱くさせ、食べては家族を喜ばせる絶品アナゴ。いてもたってもいられず、ワサビ醤油で頂く香ばしい白焼きを求めて5月17日、浦安『吉野屋』の“リレー船”に乗った。

つり幸・神奈川県川崎

2010年5月15日

01_main.jpg

東京湾・半夜釣りのアナゴ絶好調、何と73本の爆釣!

決して前評判が良くなかった今シーズンの東京湾のアナゴだが、蓋を開けてみると、連日のようにトップが50本を超える大釣り連発。嬉しい誤算に船宿も釣り人も大喜びなのは言うまでもない。沖縄では5月の上旬に梅雨入りしたそうだが、“梅雨アナゴ”の言葉通りシーズン本番はこれからだ。そんな中、川崎『つり幸』の乗合船で信じられない光景を目の当たりにして来た。

伊藤遊船・千葉県行徳

2010年5月1日

001_main.jpg

東京湾・半夜釣りのアナゴ、早くもスタート!

東京湾の初夏の風物詩、半夜のアナゴ釣りが早くもスタートした。同時に前半にシロギスを狙い後半、アナゴ釣りという“リレー船”もスタートした。「アナゴ釣りだけでは物足りない…」ということで、“リレー船”を選択、4月18日(日)に行徳『伊藤遊船』の船に乗った。