『ヒラメ&マハタ』記事一覧

『ヒラメ&マハタ』記事一覧

勇盛丸・千葉県大原港

2020年12月1日

01_main.jpg

千葉県・大原発、大物狙い「マハタ&ヒラメ」が面白い!

今期は解禁日から絶好のスタートを切った大原沖のヒラメ。冬の訪れを肌で感じる今日この頃、すっかりお馴染みの「マハタ&ヒラメ乗合」が連日好釣果をあげているとの噂を聴き付け、千葉県・大原港『勇盛丸』へと駆けつけた。

二宮丸・神奈川県宮川港

2020年4月1日

05_main.jpg

活イワシの泳がせでヒラメ、マハタが好調!!

三浦半島南端に位置する宮川港『二宮丸』では、活イワシの泳がせ釣りでヒラメが好調に釣れているらしく、「このところトップ4~5匹、全員顔を見られる日も多い」との情報に興味マックス。胸を高鳴らせながら出掛けた。

つる丸・千葉県大原港

2019年4月1日

02_main.jpg

千葉県・外房、大原沖の深場でヒラメ・ハタを狙う!

日中の気温は、ぐっと上昇。あちらこちらに春を感じ出したが、依然として冬の沖釣りの主役の一つ、ヒラメが好調に釣れている。それも深場で大型ヒラメとマハタが好調との情報。3月16日、千葉県・大原港『つる丸』に出掛けた。

勇盛丸・千葉県大原港

2018年12月1日

01_main.jpg

千葉県・大原沖の型狙い“深場のヒラメ&マハタ”が絶好調!

千葉県・外房の大原港『勇盛丸』では、「深場のヒラメ&マハタ釣り」という何とも魅力的なネーミングの予約乗り合いを出船中。まず、“深場”狙いなので大型が釣れるのでは!という期待感。そして、「ヒラメ&マハタ」という贅沢な両魚種にワクワク感が半端ない。しかも、今シーズンは好調続きだ!期待を胸に出掛けた。

勇盛丸・千葉県大原港

2016年10月15日

03_main.jpg

千葉・大原沖でイワシ餌解禁!ヒラメがいきなり最高潮!

10月1日、待ちに待った大原沖のヒラメ解禁!しかし、正しくはイワシ餌の解禁日であり、関東地区では、大原沖が好釣り場として知られるマハタも同時開幕になる。マハタはヒラメに劣らぬ超が付く高級魚。そんな2つの高級魚を一緒に狙っている大原港『勇盛丸』に開幕早々の2日に出掛けた。

北山丸・千葉県洲崎

2015年12月1日

02_main.jpg

千葉県・洲崎沖“マハタ&ヒラメ五目船”でマハタが浮上!

東京湾の入口、豊かな釣り場として名高い館山湾の南端に突き出ているのが洲崎。洲崎灯台を過ぎてすぐのところにある洲崎港から“マハタ&ヒラメ五目“に出船しているのが『北山丸』。11月1日のヒラメ解禁とともにスタート。ヒラメは勿論、超高級魚・マハタを狙えるのが最大の魅力だ。解禁間もない7日(土)にマハタと対面すべく出掛けた。

勇盛丸・千葉県大原港

2015年10月15日

01_main.jpg

千葉県・大原沖のヒラメ&マハタ解禁!多彩なゲスト!

10月1日、待っていた大原の“生きイワシ餌釣り”が解禁となった。外房・大原港『勇盛丸』では、この釣り方でヒラメ、マハタを狙っている。昨年の取材時には高級魚のクエも釣れた。期待を胸に解禁直後の4日に出掛けた。

勇盛丸・千葉県大原港

2014年10月15日

01_main.jpg

クエも出て“激アツ”スタート!千葉県・大原沖のヒラメ&マハタ

10月1日、千葉県・大原沖のヒラメが解禁になった。外房・大原港『勇盛丸』ではイワシの泳がせでヒラメとマハタを釣らせるとの情報。心は騒ぐが台風が邪魔して儘ならない。18号と19号の間隙を縫って10日に出掛けた。