『ヤリイカ&スルメイカ』記事一覧

『ヤリイカ&スルメイカ』記事一覧

新盛丸・千葉県勝山港

2016年12月1日

03_main.jpg

千葉・勝山から出船、2ヵ所で狙うイカ釣り!

千葉県・勝山港『新盛丸』から、東京湾口と千葉・南房白浜沖の2ヵ所でイカ釣りが出来るとの情報。11月25日、乗合船でシーズン初めのヤリイカ、そしてスルメイカを“二刀流”で狙った。

信栄丸・千葉県乙浜港

2012年3月1日

01_main.jpg

千葉県・乙浜沖のヤリイカ上昇気配、寒の“スルメ”も安定!

千葉県・南房におけるヤリイカ釣りの“走り”は小型が中心になる事が多い。その大半は卵を持ったメスである。その後、徐々に大型のオスが回遊して来るのが例年のパターン。「今の“ヤリ”は煮付け、刺し身なら“スルメ”がいいな」。そう言いながら刺し身を頬張るのは、乙浜港『信栄丸』(のぶえいまる)の安田仁船長。パンパンに成長した肝に醤油を垂らし、香り付けの七味を振ったタレで食べるスルメイカの刺し身は絶品だ。さらに半生程度にボイルしたエンペラやゲソはプリプリとした食感も相まってこれまた美味い!2月15日、食い気に誘われて『信栄丸』に出掛けた。

新盛丸・千葉県勝山港

2012年2月15日

04_main.jpg

リレー船で楽しむ千葉県・南房のヤリイカ&スルメイカ

今シーズン、千葉県・南房エリアのヤリイカは例年よりスタートが遅かった。それに代わって好調に釣れているのが洲崎沖のスルメイカだ。日並みにもよるが専門に狙う船がトップ70~80尾と十分過ぎる釣果を記録している。それに加え、2月に入ってからヤリイカの群れも固まり出した。2月3日、上昇気配のヤリイカとスルメイカのリレーで出船する安房勝山『新盛丸』の乗合船に乗った。