『興英丸・静岡県用宗港』記事一覧

『興英丸・静岡県用宗港』記事一覧

興英丸・静岡県用宗港

2012年11月15日

04_main.jpg

駿河湾・御前崎沖でヤリイカ釣れ出す!

夏のスルメイカが不調に終わった静岡県・御前崎沖で4日、ヤリイカの好釣果が記録された。28~43cmを竿頭で53尾(他にスルメイカ10尾)、乗船者9人中8人が30尾超えと数・型共に申し分ない成績。静岡県用宗港『興英丸』の興津勝義船長は、「久し振りに良いかもしれないですね」と好反応。しかし、その翌日から生憎のシケ続きで出船出来なかった。10日に6日ぶりに御前崎沖へ向かうと聞き、すっ飛んで行った。

興英丸・静岡県用宗港

2012年1月15日

03_main.jpg

駿河湾・石花海のヤリイカ、大型中心に本格化!

今シーズンのヤリイカは、全般にムラが激しく苦戦が続いていた。駿河湾の名場所・石花海(せのうみ)でも12月半ば過ぎになってやっと“パラソル”級中心に数が伸び始め、特に年末年始にかけては、船さえ出られれば30~50尾という好釣果が続いた。7日、静岡県・用宗港『興英丸』の興津勝義船長に電話を入れると、「今日は乗りが良かったよ!良型を中心にスソでも32尾、竿頭は53尾!」と上機嫌。早速、翌8日に出掛けた。

興英丸・静岡県用宗港

2011年7月1日

02_main.jpg

駿河湾・御前崎沖のスルメイカ“解禁”!

マダイ釣りの好漁場として知られる静岡県・御前崎沖。そのマダイに負けず劣らずの人気ターゲットがスルメイカ。毎年マダイの乗っ込み時期と入れ替わりで6月10日に“解禁”する。昨年は“解禁日”から束釣り(100尾超え)が続きファンを沸かせた。今年の状況を静岡県・用宗港『興英丸』の興津勝義(おきつかつよし)船長に確認すると、竿頭で60~90尾と安定しているとのこと。6月19日に出掛けた。

興英丸・静岡県用宗港

2011年1月15日

02_main.jpg

駿河湾・石花海のヤリイカ好調!

駿河湾でも有数の好釣り場として知られる石花海(せのうみ)、秋から春にかけては、ヤリイカの釣り場として賑わいを見せる。今シーズンは、なかなか釣果が安定せずにファンをヤキモキさせていたが、12月後半から年始にかけて竿頭30尾超えが連発、徐々に釣果が上向いてきた。ズッシリと重みのある50cmオーバー中心と聞き、用宗港『興英丸』へ出掛けた。

興英丸・静岡県用宗港

2010年8月15日

03_main.jpg

西伊豆沖に本ガツオ&キメジが大回遊!!

駿河湾に本ガツオの季節がやって来た!黒潮に乗って北上する本ガツオ。7月半ばから釣果が上向き始め、ここに来て竿頭が30尾を上回る釣果も記録され、良型のキメジも交じりだした。8月5日静岡県用宗港『興英丸』に乗船した。