『松陽丸・東京都鹿浜橋』記事一覧

『松陽丸・東京都鹿浜橋』記事一覧

松陽丸・東京都鹿浜橋

2019年5月1日

02_main.jpg

東京都・足立区の鹿浜橋発、東京湾のシロギス、数型共に期待大!

“令和”最初の大型連休。ただでさえ「潮干狩りだ」、「バーベキューだ」と混雑必至、渋滞覚悟の海辺エリア。「近場で良いトコないの?」とお嘆きのあなた、ありますよ。東京湾に流れ込む荒川の下流に架かる鹿浜橋から出船の「松陽丸」の釣りをレポートします。

松陽丸・東京都鹿浜橋

2018年7月1日

02_main.jpg

復調気配の東京湾・シロギス、夏シーズンに向けて好発進!

「ビギナーからベテランまで」、「貸し竿から和竿まで」。誰にでも楽しめ、しかも奥が深い釣り物の代表格、シロギス。ところが、昨年から急激な釣果不振に陥り、船長達も「ベテランの釣果が3分の1以下」と嘆く厳しい状況が続いていた。しかし、5月下旬になって急展開、再び好釣果が記録され出し一安心。状況を確かめようと東京都足立区・荒川鹿浜橋脇にある『松陽丸』に出掛けた。

松陽丸・東京都鹿浜橋

2017年11月8日

1_01.jpg
CAPTAINS REPORT

全く衰えず! 東京湾竹岡沖のカワハギ!

晩夏から始まった東京湾竹岡沖のカワハギ大フィーバーは衰えを知らず、船団がひしめいていながら、まだまだ30匹、40匹と好釣果が続出だ。しかも、いまだに30㎝以上の尺物が頻繁に交じってくると言うのだから驚き。都心の荒川筋から出船している東京都鹿浜橋の『松陽丸』も竹岡沖のカワハギ軍団に仲間入りして快調持続。カワハギは水温の低下とともにパターンが変わる奥深い釣りだが、もっかのベストはどうなのか? 間門(まかど)陽介船長に聞いてみた。