『直重丸・茨城県日立久慈港』記事一覧

『直重丸・茨城県日立久慈港』記事一覧

直重丸・茨城県日立久慈港

2019年12月15日

01_main.jpg

茨城県・日立沖の“座布団ヒラメ”の熱い冬が開幕!

茨城県・常磐沖のヒラメ釣りが12月1日、“解禁”になった。“座布団”とも例えられる大型が毎年数多く上がる日立沖。活きたイワシに猛アタックしてくるフィッシュイーターの獰猛さに魅せられたヒラメフリークを熱くする季節の到来だ。8日(日)、日立久慈港『直重丸』へ出掛けた。

直重丸・茨城県日立久慈港

2018年12月15日

01_main.jpg

茨城県・日立沖ヒラメ解禁!ブランドヒラメ“常磐モノ”!!

活きイワシを餌にして狙うヒラメ釣りは、手軽に大物が狙える人気の釣りものだ。これから真冬に旬を迎える脂の乗った“寒ビラメ”は、その味も絶品だ。茨城県・日立沖の解禁をもって“茨城エリア”は“全面解禁”となった12月1日、日立久慈港『直重丸』に出掛けた。

直重丸・茨城県日立久慈港

2017年11月1日

01_main.jpg

茨城県・日立沖の一つテンヤ・マダイ、数型ともに大満足!

待ちに待った秋のマダイシーズンがやって来た。今シーズンも水深30m前後の浅場で好調に釣れているとの情報を聞き付け、茨城県・日立久慈港『直重丸』に出掛けた。

直重丸・茨城県日立久慈港

2016年11月1日

01_main.jpg

茨城・日立沖“一つテンヤマダイ”、 大物気配ムンムン!

マダイの美味しい季節をご存じだろうか。「さくら鯛」、「乗っ込みマダイ」と呼ばれる春先のマダイは、日に日に暖かくなる陽気と相まって華やかに思える。一方、秋が深まり冬の足音を感じる頃、マダイは低水温に備えて荒食いを始める─はたしてマダイが美味しいのは、春なのか、秋なのか?いくつかのテンヤとロッド1本を持って、茨城県・日立久慈港『直重丸』へ出掛けた。

直重丸・茨城県日立久慈港

2016年5月8日

表紙
CAPTAINS REPORT

茨城県・日立沖のショウサイフグ早くも開幕!

茨城県・日立久慈沖でショウサイフグ釣りが、4月半ば早くもスタートを切った。例年梅雨時から開幕するのだが、一つテンヤやメバル船で多数交じり始めたため2ヵ月早めての開幕。初出船から竿頭61匹の好釣果が出た日立久慈港『直重丸』の宇佐美智大(うさみ・ともひろ)船長に状況を聞いた。