『野毛屋釣船店・神奈川県金沢八景』記事一覧

『野毛屋釣船店・神奈川県金沢八景』記事一覧

野毛屋釣船店・神奈川県金沢八景

2020年7月15日

04_main.jpg

東京湾・大貫沖ショウサイフグ、白子も入って絶好調!

フグは、カワハギと並び“餌取り名人”として知られ、しかも爪切りのような鋭い歯でハリを食い千切っていく。そのフグを狙って釣るとなると一筋縄ではいかない。そこで考えられたのが寄せるための餌バリと掛けるためのカットウバリの2段構えのカットウ仕掛け。このカットウ仕掛けにエビ餌を使うのが東京湾スタイル、通称「湾フグ」と言われる。今の時期、産卵期を迎え白子もタップリ。「湾フグ」釣りの老舗として知られる金沢八景『野毛屋釣船店』に出掛けた。

野毛屋釣船店・神奈川県金沢八景

2019年7月15日

02_main.jpg

東京湾のショウサイフグ、今期はまだ白子がタップリ!食味最高!

昔はマニアが楽しむ釣り物のイメージがあったフグ釣り。カットウという独特の仕掛けを使い、アタリの出辛いフグを釣り上げていくにはそれなりの経験が必要だった。しかし、各老舗船宿が様々なアイテム、竿を製作した事もあってビギナーにも釣り易くなり、大人気になった。ショウサイフグは文句無しの高級魚。処理師資格を持った船長、スタッフが捌いてくれ、贅沢にフグ料理を楽しめる。金沢八景の老舗『野毛屋釣船店』に出掛けた。

野毛屋釣船店・神奈川県金沢八景

2018年6月1日

04_main.jpg

東京湾のフグ、白子たっぷりで至福の喜びを!

東京湾で釣れるフグの略称「湾フグ」。ここ3年程はトラフグフィーバーに沸き、新たな脚光を浴びる形となったが、やはり多くのアングラーにとってはショウサイフグがメーンターゲット。特に白子を持ったこの時期の「白子祭り」は人気絶大だ。今年も人気ターゲットが開幕した。「湾フグ」の代名詞的船宿、金沢八景『野毛屋釣船店』に向かった。

野毛屋釣船店・神奈川県金沢八景

2017年10月22日

1_01.jpg
CAPTAINS REPORT

キングofイカ! 東京湾のアオリイカ開幕好調!

絶品の食味でイカの王様と言われるアオリイカの好シーズンが到来だ。最近、船のアオリイカ船は激減し、現在、東京湾では唯一の餌木アオリ乗合船となっているのが神奈川県金沢八景「野毛屋釣船店」。10月9日の初漁以来、サイズは0.3~0.7kgと例年より若干小振りだが、船中40杯超を数度記録するなど、今年も好スタート。そこで担当船長の“東京湾のカリスマ”黒川勇治船長に今期の展望をインタビュー。

野毛屋釣船店・神奈川県金沢八景

2017年6月15日

03_main.jpg

東京湾・金沢八景から“湾フグ”、白子を求めて初挑戦!

“湾フグ”と呼ばれる東京湾のショウサイフグのカットウ釣り。今は白子を持っている時期で、難しいのは判っているが、6月4日、神奈川県・金沢八景『野毛屋釣船店』に初体験に出掛けた。

野毛屋釣船店・神奈川県金沢八景

2017年4月8日

1_01.jpg
CAPTAINS REPORT

東京湾の黄金アジは一年中浅場で入れ食い!

東京湾のアジが一年中狙えるのはもはや周知の事実だが、ここ数年は同湾で一番水温が下がる2月~3月でさえ、浅場で入れ食いになっているのは正直、驚きである。しかも湾内産は“黄金”と言われる極上のアジ。もっか日並がいいと軽くトップが50匹を超えてしまうのだ。そこで半日の午前LT船で連日好釣果を記録している、神奈川県金沢八景『野毛屋』の黒川俊之船長から見通しと実釣アドバイスをリポート。

野毛屋釣船店・神奈川県金沢八景

2016年11月8日

1_01.jpg
CAPTAINS REPORT

東京湾の超高級アカメフグ開幕!

フグの旨さは保証付き。釣りでは東京湾と外房~常磐でショウサイフグが人気だが、その上をいく旨さと言われるのがアカメフグだ。フグ釣りのパイオニアとも言われる神奈川県金沢八景『野毛屋釣船店』では、地先の八景沖を狙って先週始めの10月31日から開始。21~40cmを2~13匹とこの魚では爆釣ともいえるスタート切った。湾フグ釣りのカリスマ“健流”こと黒川健太郎船長に必釣術を聞いたのでご参考に!

野毛屋釣船店・神奈川県金沢八景

2016年6月1日

04_main.jpg

東京湾・金沢八景出船の“湾フグ”、貴重な白子が高確率!

毎年GW開けから期間限定で楽しめるショウサイフグの白子。「白子祭り」などと称され、その魅力的な食味から、心待ちにしている“湾フグ”ファンも多い。「今年は白子率8割!」という情報をキャッチ、5月18日、金沢八景『野毛屋釣船店』に出掛けた。

野毛屋釣船店・神奈川県金沢八景

2015年7月1日

04_main.jpg

“期間限定”東京湾の“白子”持ちショウサイフグ!

東京湾のショウサイフグが、暖気の最盛期を迎えた。神奈川県・金沢八景の老舗船宿『野毛屋釣船店』の釣果情報によると、連日トップで2桁。6月17日(水)には2~28匹、翌日の仕立船でも11~28匹の大釣りを記録。しかも今の時季しか味わえない“白子”持ちが8割とのこと。20日(土)、緊急取材に出掛けた。

野毛屋釣船店・神奈川県金沢八景

2014年7月1日

03_main.jpg

白子抱えた“ガマガエル級”東京湾のショウサイフグ

東京湾・大貫沖の“ショウサイフグ”が最盛期を迎えたらしい。 横浜市・金沢八景『野毛屋釣船店』の情報によると、白子を抱えた“ガマガエル級”が連日、2桁釣果とのこと。ショウサイフグの白子は、今の時期しか味わえない超美食。クリーミーな食味と「ゴンゴン」と引く強烈なアタリに魅かれて6月18日(水)に出掛けた。

野毛屋釣船店・神奈川県金沢八景

2013年9月15日

01_main.jpg

東京湾・フグのカットウ釣りに午後船で挑戦!

猛暑も一段落、朝晩の空気も爽やかになって来た。沖釣りには最高の季節の到来だ。「釣りの妙味」と言う事なら、東京湾ではフグのカットウ釣りが屈指の存在。神奈川県・金沢八景『野毛屋釣船店』は、初代が東京湾でのフグ乗合船を開拓したと言う老舗中の老舗である。午後釣りの船を出していると聞き、7日(土)に出掛けてみた。

野毛屋釣船店・神奈川県金沢八景

2013年2月1日

02_main.jpg

東京湾、厳冬期のLTアジ釣りにシログチが乱入!!

神奈川県・金沢八景の『野毛屋釣船店』で、1月25日から午前のLT(ライトタックル)アジの乗合船を出すと言う。『野毛屋釣船店』と言えば、東京湾でフグの乗合船を出した草分け的な船宿として知られ、千葉県・外房では定番になっている“ひとつテンヤ”も独自の東京湾スタイルに変えて、釣り人の心を惹き付けている拘りの船宿である。LTアジは、東京湾内では既に定着しているが、最も厳しいこの時期に始めると言うのもこの船宿ならではと、出船初日に出掛けた。

野毛屋釣船店・神奈川県金沢八景

2012年6月15日

02_main.jpg

人気急上昇中!東京湾の“ひとつテンヤ”マダイ!!

[動画]『野毛屋釣船店』ひとつテンヤマダイ2012全国各地で人気爆発中の“ひとつテンヤ”。横浜市・金沢八景の老舗船宿『野毛屋釣船店』では、東京湾内で大潮と中潮まわり限定で“ひとつテンヤ”マダイの乗合船を出している。外海とはひと味違う東京湾スタイルの釣りが楽しめるとあって、現在人気急上昇中。勿論、私も未経験で興味津々。大潮3日目の6月5日(火)に狙いを絞り出掛けた。

野毛屋釣船店・神奈川県金沢八景

2011年10月15日

02_main.jpg

珍しいアカメフグ狙いの乗合船!!東京湾

「野毛屋釣船店」アカメフグ乗合船狙って釣るには難しい東京湾のアカメフグ。ショウサイフグの乗合船でも船中数尾交じる程度の稀少なフグ。漁師の網にもほとんど入らない“幻のフグ”だ。そんな貴重なアカメフグをほぼ確実に釣らせてくれる船宿がある。東京湾で60年以上前からフグ船を出している「フグのカットウ釣り」の先駆者として知られる横浜・金沢八景の老舗船宿『野毛屋釣船店』だ。