『海楽園・神奈川県佐島』記事一覧

『海楽園・神奈川県佐島』記事一覧

海楽園・神奈川県佐島

2013年9月1日

03_main.jpg

相模湾・佐島沖の“ライト五目”は旬の魚が対象!

東海岸は東京湾、西海岸は相模湾に面した三浦半島。西海岸の付け根にある葉山御用邸を右に見て半島先端方向に進むと国道134号線沿いに「佐島入口」の信号。標識にならって右折すると小和田湾、その一角、佐島『海楽園』の鶴蒔英紀店長から「先週はカマスが1束(100尾)近く上がったし、イサキやアジも釣れてるよ」と景気のいい話を聞いた。19日に出掛けてみた。

海楽園・神奈川県佐島

2013年3月1日

05_main.jpg

「ドキドキ感」が醍醐味。神奈川県小和田湾のイワシ・メバル

「春告魚」。当て字だが、沖釣りファンなら、ほとんど「メバル」と読めるはず。古来メバルは「春到来の象徴」として多くの人に親しまれて来た。神奈川県・佐島『海楽園』の鶴蒔英紀店長から「2月1日からイワシ・メバルを始めたら、いきなりトップ2桁。日並みが良い日は20尾超えも。よろしかったら」との誘い。イワシ・メバルとは、活きたシコイワシ(カタクチイワシ)を餌にしたメバル釣りの事。エビ餌ほど数は釣れないが、喰い込むまでの「ドキドキ感」が堪らない。2月16日に出掛けた。

海楽園・神奈川県佐島

2012年7月15日

04_main.jpg

カサゴ&キスの半日リレー船で夏休みを満喫!

神奈川県・三浦半島の付け根に位置する小田和湾・佐島の『海楽園』で、7月9日(月)からカサゴ&シロギスの半日リレー船がスタートした。出船時間が8時、沖上がりが13時という、正味5時間のお手軽プランは、夏休みのレジャーにも最適だ。そして今回も釣った魚の料理を紹介。“釣って楽しく食べて美味しい”沖釣りの醍醐味と楽しさ満載でお届け!

海楽園・神奈川県佐島

2011年11月15日

02_main.jpg

秋本番“LT(ライトタックル)”で狙う贅沢五目釣り!

旬の魚を欲張りに狙える五目釣り。当然、様々な魚種が釣れればその分だけ食べる楽しみも増えると言うもの。しかも、それが手軽なLT(ライトタックル)で狙えれば申し分ない。そんなLT五目釣りの乗合船を年間通して出しているのが、神奈川県・相模湾、佐島『海楽園』だ。「最近はイサキも好調だし、そろそろアマダイも狙えますよ」と鶴蒔英紀店長に誘われて船に乗った。

海楽園・神奈川県佐島

2011年3月1日

02_main.jpg

最高に面白い!相模湾・小田和湾のイワシ・メバル!

沿岸部を代表する美味い魚・メバル。近年、クロ、シロ、アカの3種類に分類されたが、釣り人の間では、沖合に生息する体色の赤っぽいものを“沖メバル”と称して一線を画し、3種をまとめて“クロメバル”とか“本メバル”と呼び、珍重する。このメバル、色々な餌で釣れるが、中でも突出して面白いのが活きたシコイワシ(カタクチイワシ)を餌にしたイワシ・メバル。強風が吹き荒れた2月22日、神奈川県・佐島『海楽園』のイワシ・メバル乗合船に乗った。

海楽園・神奈川県佐島

2010年10月1日

03_main.jpg

絶好調!相模湾・佐島沖のカワハギ!

コアな釣り人からビギナーまで幅広く楽しめ、食べても美味しい!と人気のカワハギ釣り。今シーズンの相模湾・佐島沖では出だし好調と聞き、早速、佐島『海楽園』に出掛けた。

海楽園・神奈川県佐島

2010年5月1日

002_main.jpg

大型アオリイカを船釣りで狙い打ち!

今回は、相模湾・佐島の船宿『海楽園』で“船アオリ"に初挑戦!“船アオリ"とは、日本古来の漁具の一種であるエギ(餌木)という疑似餌を使って船からアオリイカを釣ることだ。日本にも昔からルアーフィッシングはあったのだ。