『まごうの丸・神奈川県茅ヶ崎港』記事一覧

『まごうの丸・神奈川県茅ヶ崎港』記事一覧

まごうの丸・神奈川県茅ヶ崎港

2018年4月1日

05_main.jpg

神奈川県・茅ヶ崎沖のマルイカ、出足快調!

誘って掛けるゲーム性の高さと食味の良さに定評のあるマルイカ。その人気から近年やや難しい釣り物となった傾向があった。ところがスルメイカやヤリイカも好調だった今期は、早くも水深100m以浅で例年に無く好調に釣れているとの情報を聞き付け、神奈川県・茅ヶ崎港『まごうの丸』に出掛けた。

まごうの丸・神奈川県茅ヶ崎港

2017年10月15日

04_main.jpg

神奈川県・茅ヶ崎沖のアマダイ、今がチャンス!

秋の色が日ごとに深まる今日この頃。釣果情報を賑わせる魚種も秋冬の顔ぶれとなり、更にほとんどの釣り物が好調な様子、釣り人の心は落ち着かない。「平日、空いて居ますよ…」の書き込みに誘われて、9月からアマダイ釣りを開始した茅ヶ崎港『まごうの丸』に出掛けた。

まごうの丸・神奈川県茅ケ崎港

2017年3月8日

2_01.jpg
CAPTAINS REPORT

相模湾のウイリー五目は旬の沖メバルが活況

相模湾の五目釣りといえば今や、ウイリーコマセ釣法が主力。魔法のウイリーバケがいろいろな魚をおびき寄せ、ベテランはもとよりビギナーでも楽しめるので船釣りの入門バージョンとしても人気だ。冬から初夏にかけて乗合船を出す神奈川県茅ケ崎港『まごうの丸』ではもっか、春の使者・沖メバルが入れ食いのほか、終盤に入ったアマダイなど多彩に楽しめている。三橋勇樹船長に好釣術を聞いてみた。

まごうの丸・神奈川県茅ヶ崎港

2016年11月1日

04_main.jpg

相模湾・茅ヶ崎沖、“海の貴婦人”アマダイをLTで!

未だに沖では、本ガツオが跳ねている相模湾・茅ヶ崎沖の近場で、“海の貴婦人”と称されるアマダイ釣りが始まった。大型も期待できるとの情報に、10月20日、神奈川県・茅ヶ崎港『まごうの丸』に出掛けた。

まごうの丸・神奈川県 茅ケ崎港

2016年8月22日

表紙
CAPTAINS REPORT

大型続出、相模湾のキハダマグロ&カツオいよいよ佳境!!

釣りファンを熱くさせる相模湾の回遊魚が絶好機に突入だ。8月に入って俄然20~30kg級が連発し始めたキハダマグロ、初めから4~5kg級の大型が多かったカツオはトップ10匹超えも珍しくない盛況ぶりで、両魚狙いで出る湾内の遊漁船は毎日お祭り騒ぎ。そこで、コマセ釣りで出船する神奈川県茅ケ崎港『まごうの丸』の三橋勇樹船長から、激闘の模様をルポ。

まごうの丸・神奈川県茅ヶ崎港

2016年5月15日

05_main.jpg

神奈川県・茅ケ崎沖、“ウイリー五目”に癒やされる

2016年のGW、皆さんの釣りはいかがでしたか? 強風や混雑、食いの渋さに泣かされた釣り師も多かったと思いますが、よ~く釣果情報を見て下さい。あるんです、調子よく釣れて、ゆったり楽しめる穴場の釣りものが。GW大詰めの6日、多彩な魚種で“好釣”が続いている“ウイリー五目”を目当てに、神奈川県・茅ヶ崎港『まごうの丸』に出掛けた。

まごうの丸・神奈川県茅ヶ崎港

2015年9月1日

03_main.jpg

相模湾のキハダマグロ、20~30kg台も!

小雨混じりの神奈川県・湘南、茅ヶ崎。平日にもかかわらず、「前浜駐車場」には午前4時のオープンを待つ車列が伸びていた。今シーズンは、8月1日のコマセ釣り解禁日からまずまずの釣果が出ている相模湾のキハダマグロ。茅ヶ崎『まごうの丸』にシーズン中盤の様子を見に出掛けた。

まごうの丸・神奈川県茅ヶ崎港

2014年7月15日

04_main.jpg

神奈川県・湘南、茅ヶ崎の海はシロギスが真っ盛り!

7月に入って神奈川県・湘南海岸、茅ヶ崎港『まごうの丸』のシロギスが絶好調!連日、束(100匹)越えで2束釣りも夢ではないと聞き6日、竿を抱えて出掛けた。しかし、当日は生憎、前日から潮温が下がって苦戦した。それでもトップは63尾とまずまず。アタリがあった全てをゲット出来ていれば、確実に束釣りだったはず。今後が大いに楽しみだ。

まごうの丸・神奈川県茅ヶ崎港

2013年12月15日

01_main.jpg

相模湾・茅ヶ崎沖のマダイ五目船!イナダ交じりで楽しさ2倍!

師走に入り、各地から冬の足音が聞こえてくる。神奈川県・茅ヶ崎港『まごうの丸』では、“マダイ五目船”人気が急上昇!マダイ中心は変わりないが、今シーズンは脂の乗ったイナダが相模湾内に居付き“爆釣”状態。見過ごす手は無い。「1粒で2度美味しい」思いをしようと1日(日)、マダイ仕掛けとイナダ&ワラサ仕掛けを用意して出掛けた。

まごうの丸・神奈川県茅ヶ崎港

2013年4月15日

04_main.jpg

神奈川県・相模湾のシロギス、条件良ければ“束釣り”も!

三寒四温を絵に描いたような陽気が続いており、海がシケる事も多い。そんな中、神奈川県・相模湾のシロギスが好調になって来たと聞き、関東地方が暴風雨に見舞われた翌日、少々不安を抱えて神奈川県・茅ケ崎の『まごうの丸』に出掛けた。

まごうの丸・神奈川県茅ヶ崎港

2012年9月1日

03_main.jpg

神奈川県・湘南の海を満喫!
“LT五目釣り”で贅沢FISHING!!

[動画]茅ヶ崎港『まごうの丸』“LT五目釣り”2012・夏軽い道具で多彩な魚種を釣ってみたい!そんな贅沢な釣り人の願いを叶えてくれるのが、神奈川県・湘南、茅ヶ崎港『まごうの丸』の“LT(ライトタックル)五目釣り”プランだ。この時期、メインで狙うのは、脂ノリノリの“金アジ”と呼ばれるマアジとイサキ、そしてサバやカワハギなど最高に美味しい魚ばかりがターゲット。最大の特徴は、ウイリーの疑似バリと、カラバリに沖アミを付けたコンビ仕掛けで狙う事。これぞまさにお手軽フィッシング!

まごうの丸・神奈川県茅ヶ崎港

2010年11月1日

04_main.jpg

相模湾の秋マダイが好スタート!

相模湾のマダイが好調だ。「秋の小ダイ」と言われるように、この時期は数釣りを楽しむシーズンだが、今シーズンは数ばかりか連日のように3~4㎏クラスが顔を見せている。10月16日(土)、神奈川県茅ヶ崎港『まごうの丸』に出掛けた。『まごうの丸』では、現在“マダイ五目船”として乗合船の看板を出している。日によってはイナダ・ワラサなどの嬉しい“ゲスト”も多数釣れるためである。出船1時間前の朝5時30分に到着、東の空がやっと白み始めたばかり。遅くなった夜明けが秋の訪れを告げていた。 船宿『まごうの丸』 朝の受付は大忙し 「第十七まごうの丸」

まごうの丸・神奈川県茅ヶ崎港

2010年5月1日

004_main.jpg

魅惑のライト五目釣り!!

神奈川県・湘南エリア、茅ヶ崎港『まごうの丸』から出船している「ライト五目釣り」という乗合船をご存知だろうか?ウィリー2本バリ+カラバリ1本に沖アミを付け、コマセカゴ40号を使用するとてもライトな仕掛け。この釣り方、どんな魚が釣れて来るのか分からないのも大きな魅力。釣り方の動作もとても簡単なので、家族や恋人や仲間たちと気軽にワイワイ楽しむには最高の釣りだ。