オフショアマガジン
2015.1.15号

伊藤遊船・千葉県江戸川放水路・行徳
千葉県・行徳沖のマコガレイ、45、46cm級が連発!

02_main.jpg
年明けはのんびりとした釣りをと思っていたら、千葉県・行徳『伊藤遊船』から「4日からマコガレイ船を出します」の情報。してやったりと早速出掛けた。すると、何と船中で46cmを筆頭に45cmが3尾、40cm級が8尾、他に38、39cm級も入った大型揃いで、14人で1~4尾でオデコなし。冬休み中の小学生2人も良型をゲットしていた。

首都高速や湾岸道路のICから直近

カレイの初日、釣り人が三々五々集まった
『伊藤遊船』は、マイカーなら湾岸道路・千鳥町ICを降りて10分、首都高速7号線・市川ICから5分程の江戸川放水路土手際、地下鉄東西線の鉄橋の下にある。電車なら東西線・妙典駅から歩いて6、7分と非常にアクセスの良い所にある。貸しボートもあり、夏から秋にかけてはボートでのハゼ釣りファンが押し掛ける船宿だ。

東京メトロ・東西線の鉄橋の下から出船
カレイ乗合船はこの旗が目印です
貸し竿も用意されています

年明けのシーズン初出船は行徳沖

釣り人は出船前の仕掛け準備に大わらわ
1月4日(日)。カレイの出船を待ちわびた釣り人は親子連れ2組を含めて14人。行徳沖の冬の風物詩、カレイ釣りの人気の高さが窺われる。12月末に産卵を終えたメスのカレイが体力を回復するために餌を追い始めるのだ。行徳沖は昔から“浅草海苔”の産地として知られ、その海苔に付くエビやカニ類にマコガレイが集まってくる。

久しぶりのカレイ釣りは胸がわくわくするね
釣り場が近いから早く仕度しなくちゃ
行徳沖は東京スカイツリーも前方に見える

空いていれば竿出しは一人3本までOK!

午前7時、吉田正巳船長の操船で桟橋を離れた。江戸川河口の行徳沖まで20分程との事。目の前の東西線の鉄橋を潜り、船は静かな川面をポイントに向かって下る。「イカリを入れての掛かり釣りです。オモリは25号、餌のアオイソメは房掛けにたっぷり付けて下さい。水深は9mです」と船長。混み具合にもよるが、竿は一人3本まで出して良いとの事。オレンジあり、ピンクあり、蛍光グリーンありと思い思いの色のオモリが、アオイソメの房掛けを海底に引き込んでいく。波も風もなく絶好の釣り日和。

桟橋に横着けされた『伊藤遊船』のカレイ船
桟橋を後にカレイを求めて
左舷の青柳さんは3人の仲間で来たと言う

「カレイ釣りはゆっくりやれるからいいねー」と
イカリを入れての掛かり釣り
竿出しは混んでなければ1人3本までOK

開始10分、第1号は41cm!

船中第1号は左舷、青柳晴雄さん「良い型だね」
投入合図が出て10分程過ぎた頃、「来たー!」の声は、仲間3人で来たと言う左舷トモ(船尾)から2番目の青柳晴雄さん(草加市)。カメラを構える前に船長の差し出すタモに納まった。「デカイ!」。茶褐色の魚体が網の中でパクパクやっている。船長がメジャーを持って来て魚体に当てる。「ヨシ!41cmある」。船長も青柳さんも満足そう。午前船は11時30分までなので全員力が入るが後が続かない。船長は船を沖に移動させた。

「うーん、41cmはあるね」と笑顔
スピニングリールで少し投げるのだ
こちらにも釣れないかねー

移動が功を奏し大型が連発

30分程経過した頃、静かだった船中が俄かに活気付く。親子連れで来たと言う左舷胴の間(中央)の平野天翔(たかと)君(9才)が「お父さん、来た、来た!」と言って竿を撓ませる。「ゆっくり、ゆっくり」とお父さんの邦宏さん(立川市)がアドバイス。船長が跳んで来てタモ取り。「今年初めての1尾目」と天翔君は得意顔。釣り好きの天翔くんは、昨年の正月休みにも同船し、何尾も釣った事を思い出した。その後、右舷3番目の田中賢之さん(大宮市)が38cm、トモの嶺本浩平さん(柏市)が41cm、左舷でもミヨシ(船首)の井所重英さん(調布市)が37cmをタモに収めた。平野さんも33cmを釣ってお父さんの面目を保った。好調なのは嶺本さん、その後も再び41cm、そして38cmと37cmをゲット。11時30分に午前釣りだけの青柳さん、尾上裕二さん、二平茂さんら5人が迎えにきた船で(午後船の釣り人がいないので帰港しないとの事)帰って行った。

左舷ミヨシの井所さんが37cmを
天翔くん「お父さんより先に釣っちゃた」と
右舷でも来ました、40cmあるかも

「少し小振りだけど息子に追いつきました」と天野邦宏さん
午前船の釣り人は迎えの船で帰港
船で差し入れしてくれたカップラーメン。美味しかった

釣り好き少年が連チャン、置き竿の私も釣っちゃったー!

右舷のトモ寄りの鈴木武史さんは、息子の呂依(ろい)君(10才)(中野区)と来たと言う。午後一番にお父さんが35cmを釣り上げ「やっと来ました」と安堵の顔。直後、今度は呂依くんの竿先にアタリ。クンクンと引き込む。「次の引き込みまで待って!」と操舵室から船長のアドバイス。そして見事37cmを釣り上げ、更に30分後に2尾目もゲットした。バタバタと来たがその後は沈黙が続く。ここで私も竿を出した。大きめの片テンビンにピンク色のオモリ25号、仕掛けは船宿お勧めのハリのチモトに蛍光塗料の塗ってある2本バリ仕掛け。アオイソメを房掛けして放り込んで竿掛けへ。船中一回りして来ると呂依くん親子が「来てますよ」と教えてくれた。席へ戻ってリーリング。38cmを掬ってもらう。「釣っちゃたね」と船長に冷やかされる。

このカレイは釣ったと言うより「釣れちゃった」です
鈴木武史さん呂依君親子も我慢の待ち
これも良型、嬉しいね

呂依君のお父さんも負けじとやりました
呂依君「釣れたよ」とニッコリ
直ぐに2尾目が来た呂依君

陽が傾きかけた時に46cm級!!

中だるみの後、陽が西に傾きかけた4時過ぎ、「大きな船が出て行ったので少し移動します」と船長。ほんの少し航路寄りに移動して再びアンカーが入れられた。私も竿を持ってコヅいて誘いをかける。するとコツコツとアタリ。35cmを取り込んだ。これが合図の様に、嶺本さんがこの日最大の46cm、左舷トモの長谷川一彦さんが45cm、田中さんも41cmと大型が続いて上がった。更に天翔くんも45cmオーバーを釣り、お父さんも38cmを釣り上げた。長谷川さんも2尾目をゲットと船中が賑わった処で時間切れとなった。
結果は午前中0~4尾、午後は1~4尾で終日組ではトップが8尾、スソが2尾、33cmから46cmの大型ばかりという大満足のカレイ初日だった。行徳沖のマコガレイは3月中旬まで楽しめる。

「デッカイ」のが来ましたよ
久々の2尾目だ
午後3尾目、それも40cm級が

「45cmあるね!」とメジャーを当てる吉田船長
「僕も2尾目は大きいっよ、45cmだ!」天翔君
「えー私が最後のオデコ脱出者」と長谷川一彦さん

オモリはピンク系がよかった
イワイソメをアオイソメに加えたら喰いが良かった
お勧めの仕掛けはハリのチモトが蛍光塗料が塗ってあるものです

皆に何とか釣らせようとポイント探しの吉田正巳船長
仕掛け図
[動画]40cm超続出!マコガレイ釣り

(釣りビジョンAPC・倉形 金幸)

今回利用した釣り船
千葉県江戸川放水路・行徳『伊藤遊船』
〒272-0111
千葉県市川市妙典2-2-14
TEL:047-358-5774(毎週火曜日。ボートは無休)
詳細情報(釣りビジョン)
伊藤遊船ホームページ
出船データ
料金:午前船・午後船カレイ/ 餌・氷付き5,500円 + 消費税
   午前船・午後船 通 し / 餌・氷付き8,500円 + 消費税
出船時間:午前7時00分出船…11時半沖上がり / 午後1時出船…17時00分沖上がり
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。
プレミアムメンバー