オフショアマガジン
2015.3.15号

宝生丸・千葉県勝山港
お待たせ!千葉県・内房、勝山沖のマルイカ開幕!

03_main.jpg
南国から桜の便りが届くようになった。毎年、この時季を迎えると落ち着かない。理由は大好きなマルイカ釣りが始まるからだ。WEBでチェックしていくと、千葉県・勝山港の『宝生丸』では2月からスタートしたところ、トップ40~60杯と好調な滑り出しとの情報。最盛期を待ちきれずに3月8日(日)出掛けた。

風速10m 小雨交じりに不安よぎる

横浜から勝山港までは1時間10分程。電話で5時30分集合と聞き、4時に出発した。途中、アクアラインの電光掲示板が「風速10m」と表示。館山自動車道に入ると小雨も降り始めて少々不安がよぎる。『宝生丸』は船着き場の最奥から出船する。途中に案内板が出ているので迷うことはない。到着すると既に船に照明が入り、準備の真っ最中。早速、座席表で右舷ミヨシ(船首)の釣り座を確保した。

係留場所にある看板
照明が入って準備中
“番号札”を取って座席確保

港前は不発、館山沖に移動

雨具で完全防備
霧雨の中、雨具で完全防備した釣り人が次々と船に乗り込む。空が明るくなると、雲が低く立ち込めているのがはっきりと分かる。6時丁度、9人の釣り人を乗せた「宝生丸」は、高橋賢一船長の操船で出港した。港を出ると、思っていた以上に北風が強い。「港の前から始めます」と船長のアナウンス。船長は風下になる浮島の南側で反応を探す。しかし中々投入の合図が出ない。30分程旋回して第1投OKの合図が出た。しかし、直ぐに仕掛け回収の指示が出た。船長は早々と見切りを付けて館山沖を目指した。

出港時には明るくなる
暖かくなれば浮島周りでも釣れ始める筈
仕掛け図

船内でも入手できる市販品
全員が自作仕掛けを持参
繊細な穂先を保護するカバーは必携アイテム

風・雨・寒さのトリプルパンチに嘆き節も

船は南に30分程走って館山沖に到着。ここでも最初の投入までは長かった。おまけに雨が大粒になり、全員がフードを被り風に背を向けて耐え忍ぶ。2投目でやっとマルイカが顔を見せた。しかし、ひと流し1杯がやっと。全く顔を見せない流しも数度あって、釣果は伸びない。船長も懸命に群れを探すが良い反応に当たらない。時計は11時を回った。全員の桶を見て回ると、トップで3杯、オデコ(釣果0)も3人いて船中9杯の大苦戦だ。「今日はダメだ。早く帰ろう」。風・雨・寒さのトリプルパンチを受けて「嘆き節」も聞こえる。しかし、船長は最後まで諦めなかった。

そして“その時”を迎えた!

カワハギ名人はマルイカも名人 茅野さん
11時30分を回って“その時”を迎えた。突然、右舷も左舷でもイカが乗り始めた。全員がオデコから脱出した。反応が途絶えても少し移動すれば次の投入合図が出る。ひと流し2往復、3往復する人も出て釣果が伸びる。圧巻は、左舷胴の間(中央)に座った茅野俊也さん(君津市)。次々に取り込むから桶の海水が真っ黒になって底が見えなくなった。私も急いで自席に戻って投入した。着底後シャクリ上げるとズシンと重みが伝わる。しかし船首側はジェットコースターのような上下動。取り込めるか自信が無い。それでも何とか貴重な1杯を手にできた。

苦労した分、喜び倍加
ヤリイカも交る
小型も交る

2杯目までが長かった
最後の30分で9杯追加 茅野さんの釣果
私も何とか1杯を手に

胴調子竿による釣り方を教わる

真尾さんの胴調子竿
今回、右舷大ドモ(船尾)に座った真尾(さなお)俊一さん(八王子市)からユニークな釣り方を教わった。現在、マルイカ竿は感度の良い短めの先調子竿が主流だ。しかし、真尾さんのは胴調子竿。しかも置き竿釣方だ。「タタキ釣りは腱鞘炎になりそうで」と笑う。竿の長さは2m、エダス20cmのブランコ仕掛け、ツノは市販の5cmのもの。1杯付いたら追い乗りを待つ。これで竿頭を取ったことが何回もあるとのこと。軟らかい分竿が絞り込まれる面白さは格別だとも。次回、試してみたい。

潮温が安定すれば港前の浅場でも

お疲れ様でした 高橋賢一船長
正午を回って風が一段と強くなり、船長は無念の早上がりを告げた。せっかく快調なペースに突入したが…安全には代えられない。最終結果はトップ11杯、スソは私の1杯。今季の「最低記録」となってしまった。しかし、釣果の多寡は“潮の運”。マルイカ釣りの楽しさを味わったことのある釣り人は、1度や2度苦杯を味わっても諦めない。例年、桜の季節を迎えると潮温も安定して港前の浅場で楽しめるようになる。桜の蕾とともにマニアの期待は膨らむ。

(釣りビジョンAPC・谷口 晴治)

今回利用した釣り船
千葉県勝山港『宝生丸』
TEL:0470-55-2777
詳細情報(釣りビジョン)
宝生丸ホームページ
宝生丸ブログ
出船データ
マルイカ予約乗合
基本料金=10,000円(氷付、HPに割引券あり)
(6時出船、13時沖上がり)季節により変動
貸し道具無料(予約時に申し込む)
※別船でマダイ出船中
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。
プレミアムメンバー